南西諸島「防衛」問題

南西諸島「防衛」という軍拡問題について小西誠さんの講演記録抄と動画の紹介を載せたところ ココ、この講演記録の全文はないですかというお尋ねを頂きました。
7月21日の明け方探したのですが見つからず、いまのところ講演記録全部は発見できていません。(「小西誠 大阪講演会}などで検索)。

ただこの講演会に参加したらしい方の記録があったので以下にメモしておきます。

小西誠氏講演会: たたかうあるみさんのブログ(なお僕はこの方がどういう方なのか知りません。アチコチ少し拝読させていただき、マア云ってることは「分かる」「マア共感する処もある」かな。。。(念の為))

 
以下「南西諸島防衛」メモです。


【1】南西諸島「防衛問題」は中国の(海洋=太平洋)「進出」に対抗する日本、米国、さらに英国(オーストラリアも含む)などの軍事的政治的な戦略的対応の一環です。
ぼくの理解によれば、帝国主義的支配構造(資本の維持)の維持拡大のため、また個別の軍産学の利益のために「南西諸島防衛問題」は作りだされていると思っています。

このことは何回もこのブログで触れています。


【2】南西諸島防衛問題と関連して『信頼醸成措置』について書いておきます。
日本政府は中国(政府)との間で所謂「信頼関係醸成」措置をとるということを、最近合意しました。
その内容は、まず、日中間での不測の軍事的衝突を防止するために、日中の軍隊間の連絡網を作り、ある軍事行動(例えば戦闘機の飛行、軍艦の航行、陸上部隊の移動)が何を意図しているのか、相手国の誤解を生じさせ、軍事的衝突につながらないようにするものです。

1976年9月、旧ソ連のミグ戦闘機の乗員が「亡命のため」、函館空港にミグ戦闘機が飛来着陸したことがありました。
この様な「事態」が起きた時にその戦闘機を迎撃すべきかどうかという判断を空自(当然、自衛隊に「連動」というより指揮命令している米軍)が行い「適切に」行動するためには「現場」レベルの情報網が必要になります。さもないと相手方の誤解が直ちに戦闘、戦争の端緒になるからです。


この様な不測の軍事的衝突防止の措置をとることは、不測の戦争を防ぐために意味があることだと(僕は)考えます。僕は前々からこのブログの中で防衛省自衛隊に対して「信頼醸成措置」をとれと云っています。なぜならフツウの勤労人民にとってこれは有利なことで戦争防止、帝国主義戦争を防止することは重要だと考えるからです。
ただこの様な現実的な提案でさえも、自衛隊防衛省讀賣新聞は嫌がっています。最近の彼らサボタージュ、嫌がりっぷりは讀賣新聞に書いてあります。

僕は未来の為には、現実の力関係を考慮して「平和共存」が当面の目標だと思います。

(おそらく総資本もそう考えているでしょう。伊藤忠商事社長会長・中国大使だった丹羽宇一郎などはその代表格で、今のところ日本労働者階級も止む無しか。)


【2の付記】

なおミグ戦闘機「飛来着陸」事件当時の自衛隊自民党筋のあわってぷりは大変でした。さらに日本右派勢力、反ソ反共勢力が大騒ぎしました。
僕も個人的にも記憶してますが、『自衛隊のリアル』という本の中に書いてあります。(なお同書は防衛大学校を卒業した毎日新聞の記者が、「自衛隊のリアル」を描いており、本人は「右翼」というわけでもなく「知識」を得るには一応評価できますし「役」に立ちます。僕はちょっと御本人の方向性が気に入りませんし本当に「リアル」が描かれているのか疑問が残りますし下手すりゃコリャ新手のキャンペーンだよなぁと思いますが、こういう本を「活用」するしか仕方ありません。)

http://pikoameds.hatenablog.com/entry/2016/03/23/041727
 

 

小西誠「反戦自衛官」の講演から…「南西諸島への自衛隊配備反対 …再び沖縄を捨て石にするな」

反戦自衛官、軍事ジャーナリスト小西誠さんの講演会が大阪であった(ようだ)。「ようだ」と言うのは、この講演会は6月29日に開催されたようだが開催の情報・内容を知らず、数日前にこれらを知り講演記録を読んだからだ。

この講演の内容はとても重要だ。南西諸島への自衛隊展開について危機感を感じている。

しかし広く問題にされていない。この講演記録にあるように右サイド、自衛隊関連のサイト雑誌などでは大きく取り上げられている。とてもその状況は危険だ。だからこの講演の記録をupしておく。

また、この南西諸島での軍事力増強問題については私のブログで触れている。

参照頂ければ幸いだ。

私の「離島防衛」記事については「南西諸島」というキーワードを入れて検索すれば、ずっとこの問題を追っていることが分かると思う。

f:id:pikoameds:20180718202815j:image

小西誠『西南諸島への自衛隊配備 反対 再び沖縄を捨石にするな』講演記録

🌌🌌              🌉🌉

【南西諸島への自衛隊配備強化】(現状)
与那国島には、二〇一六年沿岸監視隊が一六〇人、それと三カ所に基地が出来ており、航空自衛隊移動警戒隊五〇人が配備されている。ミサイル攻撃を防ぐために移動式になっているという。


石垣島には、一九年度以降約六〇〇人規模の警備部隊とミサイル部隊を配備することになっている。二〇一七年平得大俣地区に通知されたという。市長が今まで避けてきた住民説明会が開かれたが、低調だった。 


宮古島には、一九年度以降に八〇〇人規模の警備部隊とミサイル部隊を配備、さらにミサイル指揮統制部隊約二〇〇人を配備する。千代田カントリー地区のレーダーは居住地を向いていて、強烈な電波障害をもたらすことが心配されている。巨大な弾薬庫がある。


奄美大島には、二〇一八年度末までに警備部隊とミサイル(対空・対艦)部隊二カ所五五〇人規模で配備。また、航空自衛隊移動警戒隊を五〇人配備する。さらに、奄美大島は事前集積拠点となっており、南西諸島での戦闘のために必要とされる全ての物資を集積する計画だ。いわゆる兵站基地である。瀬戸内町節子地区などでは、市街地で訓練が行われている。


また、離島間を飛ばす超高速滑空弾が開発されている。


沖縄本島では、陸上自衛隊第一五混成団が旅団に昇格(二〇一〇年)して、現在二二〇〇人に増強。航空自衛隊は第九航空団に昇格。F15を四〇機、早期警戒機E2Cを四機体制に。南西航空混成団は南西航空方面隊に昇格し、一〇〇〇人増強。海上自衛隊は潜水艦部隊の増強(一六隻から二二隻に)。護衛艦四七隻から五四隻に、一個護衛隊の増強。イージス艦六隻から八隻体制へ。
沖縄本島自衛隊は、六三〇〇人(二〇一〇年)から、八〇五〇人(二〇一六年)に増強し、中でも航空自衛隊が大きく増強されている。

 

【九州・佐世保に日本型海兵隊が配備】
陸上自衛隊相浦駐屯地の西部方面普通科連隊(現在六六〇人)に、三〇〇〇人の水陸機動団の編成と旅団への昇格。オスプレイ一七機の導入、水陸両用車五二両の配備。


三個連隊の編成のうち一個連隊は今年度中に相浦に配備、三個連隊はキャンプハンセン、一個中隊がキャンプシュワブにという計画だ(統幕「日米の『動的防衛協力』について」)。


整理をすると
米軍基地訓練場全ての日米共同使用による露骨な「対中戦略」の打ち出しとそのための最初の南西シフト体制が策定されたということだ。

 

【「島しょ防衛」と対中国軍事作戦】
二〇一〇年のQDR(米国の四年ごとの国防計画の見直し)で、導入された対中国封じ込め戦略で、日本の『動的防衛協力』に反映され、南西シフトが策定された。


島嶼防衛戦は限定海洋戦で、日米ガイドラインにある。在日・在沖米軍はグアム以西に撤退し、限定戦の主体は自衛隊だ。琉球弧で中国を東シナ海に封じ込める。冷戦後日本は北方重視から南西重視に全面的に転換した。言葉を変えれば、新冷戦ということになる。安倍首相は、英文の「インド太平洋戦略」を発表した。これは、米国のシンクタンクにつくらせて発表したもので、中国封じ込め戦略だが、あまり注目されなかった。


中国の軍事的優位はなんと言ってもミサイル網だ。だから、米軍も一旦撤退し、初めは日本に戦闘させて、様子を見て後で出て行くという戦略だ。島嶼防衛戦は、沖縄戦がそうであったように住民混在の防衛戦であり、自衛隊の研究文書のすべてが住民避難は困難だと分析している。


この限定海洋戦争は、限定的局地戦争だが、繰り返されるたびに本土を巻き込む戦争に拡大する。つまり、沖縄戦がそうであったように、限定海洋戦争は周辺地域沖縄を捨て石にする戦争だ。もともと琉球弧全体は、沖縄戦以前は非武装地帯であった。ものすごい変わり様だ。

 

別の視点から見ると、

中国の東沿岸、韓国、日本には一〇〇発を超える原発があるから、そもそも戦争など無理なのだ。

撃てば何発かは原発に必ず命中する。攻撃するのに核は必要ではない。

先進国間の戦争はやろうとしても無理だ。だから、戦場は発展途上地域にならざるを得ない。

産軍共同体のための軍拡には、対北朝鮮では規模が小さい。対中国でなくてはダメだ。

そのようにして南西戦争が構想されている。

(しかし)米中は本格的な戦争はしない。戦争を輸出していく。この戦略に日本が繰り込まれていく。

 

でも、今だったらまだ止められる。

メディアは南西諸島の状況を取り上げない。安倍政権もメディアを挑発しないように、中国を刺激しないように、基地建設を粛々と進めている。

日本の右翼はよく知っている。彼らの関係の軍事雑誌を見ているから。

毎日・朝日はほとんど取り上げないから、左翼・革新系は知らないということで、ねじれ現象が起きている。          (T・T)

(太字はかえる。)

出典:週刊「かけはし」2018年7月16日号(T・T)氏のまとめを拝借した。

 

 

iwj.co.jp

以下参照下さい。

ここも。

「働き方」改革または働かせ方革命…

 

生産性向上。

公益財団法人日本生産性本部 生産性運動

f:id:pikoameds:20180717124428j:image

革命だ、革命だ。。。。びよ〜ん。

但し、働かせ方の。革命。

トランプの対中貿易「戦争」

トランプは米国NY相場が終わってから動く!
アジア(上海、日本)相場が始まる前、彼らの夕方、日本の明け方に動く。
日本の先物市場が5時半に閉ったその後攻撃を仕掛けてくる。米国大衆に自分の強さ、米国の影響力も大きさ偉大さを見せつけようとする。
米国大衆に米国お茶の間に見せる。中間選挙に向けて彼ら支配層は動く。
同時に、世界資本主義の再編が主要目的だ。アメリカ第一主義


日本財界日銀政府は大雨被害が出て死者が多くでて、インフラや市場ネットワークが壊れそうでも、日経インデックスをムリ上げする。そう、安倍のヨーロッパ外遊も予定されていたしな。
ヤツらはそういう奴らだ。日本独占資本は帝国主義競争と従属の間にある。

20180711 0850日本市場が始まる前に書く。

憲法9条・13条に違反する日本の軍事・治安政策

この前万歳岬さんというが私のブログに新規に読者登録してくれた。

齋藤直子・岸政彦・上杉聰・俵義文 - banzaicの日記

最近新規に私のブログに読者登録して下さる方はいません。私も最近では他の人のブログに読者登録をしません。「ブログでの互報性」が嫌になったからです。あなたが僕のブログに関心を持ってくださった様なのでので、興味を持たれた理由をお尋ねしたら、こうお返事をくださいました。(以下🐸は私。)

…………………………

(🐸)なぜ僕のブログに興味を持たれたのかわからないですが

(万歳岬さん)自衛隊、公安の組織について知りたい事しらなかった事が書いてあるからです。
大変な事が自衛隊に起きていますね。憲法違反ですね。
(一行略)

…………………………
(🐸)正直あなたの立場ご意見の全貌はわかりません。ひょっとすると私と大きく違うかもしれません。
(万歳岬さん)異なる意見が聞きたいです。

…………………………

🌉     🌃
私のブログで「軍事・公安」関係の情報を収集できたと言ってくださる方は滅多にいらっしゃいません。以前ある方が「かえるさんのブログは『軍事ブログだから』」云々と一度だけ言ってくださり嬉しかったです。
先日あなたのコメントを読ませていただきお世辞にのりやすい(のせられやすい)「かえる」としては、とても嬉しかったし、あなたのブログもあちこち丁寧に読ませて頂きました。学び考えさせられることが多くありました。ありがとうございました。

 


僕が30年来付き合っている人は僕を「左翼軍事オタク」と呼んでいます(笑)。その人によれば、僕が何かを考えて書いて怒っていると頬に赤いぼつぼつ(湿疹)ができ赤くなっているのですぐわかる、もうやめたら、とタオルを投げられます。湿疹が出来るのはブログを書くからでなく、ブログを書き始めるずっと前多分40年以上こういう状態だったのですから、仕方ありません。日本支配層、独占資本、官僚ども、新聞テレビ雑誌などのイデオロギー宣伝機関の(狡猾巧妙な)やり口に何時も腹を立てウンザリしこちらの力のなさにがっかりし、そしてもう止めてしまおうかな、と思うことが屡々です。このブログもそうです。とてもストレスが溜まります。でも「役に立つこと」があるならよし、たとえ役に立たなくともよし、です。「意味」があろうと無かろうと書いておこうと思いなおすことが毎度のことです。
考えてみると僕は「軍事オタク」にしては兵器、軍事戦略、に詳しいわけではありません。正直本物の軍事オタクから見れば全くの「無知」「無関心」でしょう。しかし僕には彼らの「腹」は分かります(「わかる」つもりです。)。ですからいつもイライラして腹が立ち顔にボツボツ(湿疹)ができてしまいます。

f:id:pikoameds:20180704080724j:image

写真は

週刊・矢臼別通信

(こんな野うさぎが住む場所に軍事演習場があります)。上記サイトの「演習場から」という項目を参照されたい。

☃️北海道・矢臼別(やうすべつ)は雪です☃️。矢臼別での日米両国軍隊の演習について。 - かえる日記

🌉             🌃      🌉                      🌃
元々このブログは日本の右派勢力を孤立させ、日帝支配層に反撃打撃を加え、自己そしてみんなが解放される様にという趣旨です。


以下のことはご承知かもしれません。僕は偉そうに講釈垂れる気はありません。以下は僕自身のまとめのつもりで書いています。


僕の認識では、日本の戦後の路線は60年安保前後に方向性が出されており今もその延長上変化形で日本は動いていると思います。当時戦後世界にはソ連を先頭とする「社会主義」が存在していました。それに対抗する資本主義世界が存在していました。日本社会の内部の支配層の路線対立は一方で旧来の復古主義天皇賛美、大日本帝国復古路線が存在し、他方で世界資本主義の一環として近代主義(「近代化」)路線が存在し、後者の路線、つまり資本主義を徹底し世界帝国主義に組み入れられる路線を選択した。日本支配層はそのような路線選択をし日本民衆の内部の分岐を支配層が「統一」・融和していったとみています。その背後には当然、いわゆるエネルギー革命(石炭から石油に)という産業構造の変化もあると思います。そしてソ連崩壊。さらに21世紀。今2018年。


この様な路線転換変更を彼ら支配層は民衆の間にどの様に持ち込むか?
形式的な対立を創り出しあたかも本当に対立議論が行われている様に見せかけることです。彼ら支配層は支配層だけでは存在出来ません。被支配層民衆がいてはじめて自己の存在があります。ですから被支配層を「納得」させる必要があります。
例えばあなたが取り上げておられた「しばき隊訴訟」問題で見てみましょう。これは一種の治安公安問題ですし、一種の出来レースでしょう。

しばき隊訴訟判決について - banzaicの日記

大衆運動について - banzaicの日記

まず結論的に言って「在特会」と「しばき隊」の「対立紛争」「街頭闘争」もその一例に過ぎないと評価しています。双方とも日本右派(極右勢力)が作り出した見せかけの紛争で支配層内部の路線対立の一つだ。この様な光景を今まで何回何十回何百回見せられてきたことか?民衆(「ネット民」も含め)に関心を持たせ民族主義イデオロギーを注入する好機とする。他方で彼らは常に資本主義的拡大搾取資本の内部留保拡大、資本(企業)の安定を求めています。直近では「女性活用」「働き方改革」という「政策」が背後で進行し資本主義の「安定」「強化」。また例えばトヨタ内部留保リーマンショック後税金免除を長期に受けていた事実、今も優遇されている。まあこれらも広い意味で「民衆の利益」にもなっているんでしょうけどね。
僕はこの状況をトータルで変更させたい、それに協力したいと願っています。それが僕のブログの趣旨です。

🌃🌃⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
本題。
軍事サイトとして観察偵察すべきサイトは沢山あります。それらを観れば、例えば日本の三自衛隊(陸海空)の中で「今」(それぞれの「各」時点で)どういう内分岐が起こっているか分かります。その内分岐を米帝=米国資本主義の支配層(≒米軍)の戦略とどう調整し日本独占資本が考える資本主義の命運を維持強化する一環としての軍事外交戦略戦術がいかなるものか、観察するのに適したサイトは沢山あります。具体的にはいくつか下に引いておきますが、もっと『面白い』モノは沢山あります。ただ注視していることを彼らに知らせたくないのでここでは書きませんが。
私は「有名人」でないので信頼性が薄いので「インテリジェンス専門家・有名人」佐藤優氏の言葉を借りますが、佐藤氏は「公開情報で(世界の)98%が分かる」と言われていますが、私も全く同感です。
なお現代日本自衛隊防大で研究している心理戦の講座なども気にしています。どの様に情報操作するかが彼らの課題です。軍事行動、地震などの災害、平時などに分けて研究していますし、日々更新されています。ご留意を。

自衛隊関連の新聞】

朝雲新聞社ホームページ

経団連

経団連:新たな防衛計画の大綱・次期中期防衛力整備計画に向けて (2018-06-19)

 

【治安政策について】

例えば今こういう本を読んでおります。

f:id:pikoameds:20180704081116j:image

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
因みに🐸は蛙でなく、変える、です。笑笑。まあ爺いがわざわざ気張って言うまでもないですね。
私はただ観察しているだけではありません。実践者として生きたいと思っておりました。日本での軍事組織を破砕し日本平和隊にする、というのが最低の目標です。当面は防衛省自衛隊の内部にケルン(塹壕)を作ることです。まあ、(反乱組織)を内部に構築することが「夢」かなぁ。それが平和憲法を具現化することだと僕は考えています。
ではまた。お変わりなく。

和解。について。現実、現実主義、そして未来への航海図(メモ)。

お別れしましょう。いいえ、和解しましょう。

こら、🐸フザケテル場合じゃないでしょう。

とてもいい記事でした。(いつも、ですが。)感謝。

 

sohujojo.hatenablog.com

こちら👇は全ページがアイヌ民族との【「和解」問題】

和解の前にアイヌ民族へ謝罪を。「正しく」知ることを求めるものです。

もし興味あれば、下のブログの検索窓から「和解」というキーワードを入れて検索してみてください。

don-xuixote.hatenablog.com

……………🌃  🌉

現実、現実主義、未来への航海図

現実は独占資本による全一的コントロール

現実主義的には、「平和共存」(この言葉自体ある意味歴史的用語だけど)

そして未来。

 

なお、中国政府と信頼醸成措置を講ずることは支持する。たとえ安倍ファシスト政権であっても。

 …………………………………………………………………

hajimetenoblogid.hatenablog.com

 

米村明夫氏の現時点での意見に基本的に賛成する。(北東アジアの情勢認識、方向性について)

この間のブログ上の論稿(例えばマスコミ(東京新聞なども含め)批判も的確。

ただ願わくば、「主体の欠如」の状況で「反安倍ファシズムのすべての人々へ」反ファッショ統一戦線の要に!

なお、http://pikoameds.hatenablog.com/entry/2018/06/25/074721

…………………………🌌🌉   ✳️     ✳️

4日、米国独立記念日ニューヨーク市場はお休み。メキシコ新大統領誕生のネタで日経先物(現物も)爆下げ(笑)

ある市場解説曰く、

「ただ、メキシコ大統領選で新興左派政党の候補が当確となったことから、時間外取引で米国株価指数先物が大幅に下落したほか、中国株などアジア市場安もあり、午後に入ると225先物にもリスク回避の売りが広がった。週半ばの4日が米国独立記念日とあって、今週前半は休暇を取る海外投資家が多く、「きょうの下げも市場参加者が少ない中での、海外ヘッジファンドによる売り仕掛けが主体ではないか」との指摘も聞かれた。もっとも、米国による中国に対する追加関税発動期限を6日に控えており、様子見ムードの強い展開は明日も続きそうで、目先は下値を探る展開になりそうだ。」

だと。(笑)

鞘取るな〜、コイツら。

㏚会社(業者)によって形成される「世論」…「なぜ津田大介は炎上するのか?」

㏚会社(PRfirm)、ネット上では「業者」と呼ばれるのですが、「世論」をコントロールする企業(「仕事」)があります。大量に一定の意見感想をネット上にupし「世論」を誘導する作業がされています。


またテレビのワイドショーでも「ネットでこういっているけど…」という形で主張反論が繰り返され「世論」が「作られ」一定の方向の「雰囲気」が作られます。そしてその「雰囲気」に反対の感想意見は(何気に、なんとなく)排除せれます。


例えば直近のワールドカップ・ロシア大会での日本代表の戦いぶり戦術についても、多くの人が疑問に思いました。その疑問に対してネット上の掲示板(例えば2ch)やテレビのワイドショウで「業者」がでて総攻撃されています。


もちろん安倍政権の「集団自衛権」を含む軍事関連法規の改悪、共謀罪を含む国内の治安政策の強化、あるいは2020五輪でもエンブレム問題での「火消し」といった一連の「工作」(情報イデオロギー宣伝)は「業者」を通じて組織的にされています。


ある意見があり、それに対する「カウンター」(反論)が意識的に作りだされ、しかもどちらもそれが支配的勢力の意向、あるいは支配的勢力の内部分岐を意識的に外に持ち出しあたかも世論がわかれ、活発な議論がなされているような様相を作りだしておく。それでいて、実は支配的勢力の「落としどころ」に収斂させられていく。【われわれ】はそういう光景だけを日々見せられています。無力感と虚無感を抱かるを得ません。しかしそれでも言い続けざるを得ません。

わたしは、しばらくPR会社や情報戦について考えていきます。

f:id:pikoameds:20180702065835j:image

ボクもあなたも火の用心(笑)
今夜はたまたま津田大介氏の文章に接しました。津田大介氏の意見が「業者」=ネット上の情報操作を考えるにあたり有益だと思いますのでリンク先を載せておきます。

私の文章よりもズット有益ですので、是非お読みください。消えてしまうと資料として意味がないので、要旨ポイントをつけます

……………🌃🌃

【ポイント】

日常的にネット上で「炎上」を演出する勢力は主に、以下の3つ。

(1)権力による世論工作を「仕事」として請け負う業者、

(2)情報を歪めて発信することでアクセスと広告費を稼ぐ業者・個人、

(3)それらの誤情報や炎上を真に受けて信じた善意の拡散者

 

ネット世論の形成や炎上に「業者」が深く関係している可能性については、以前より識者から指摘されてきたことだが、ここにきて日本でもそれを裏付ける報道や研究結果が次々と公開されている。

 

ドイツのエアランゲン=ニュルンベルク大学のファビアン・シェーファー博士が2017年12月に発表した論文によれば、2014年の衆議院選期間中における日本のツイートを統計分析した結果、83.2%のツイートがコピーであり、botを利用した拡散も確認されたという。シェーファー博士は、2014年の衆議院選の安倍政権には「ナショナリズム」という隠れたキーワードがあったと推測。2016年の米大統領選のような世論工作活動が日本でも行われていた事実を示した。

 

2017年11月13日にNHKで放送された「クローズアップ現代+」では、日本の上位まとめサイトの管理人が出演し、月間広告収入が700万円に及ぶことが明かされた。この収入で彼は11人のスタッフを雇い、日々サイトを更新しているという。マケドニアフェイクニュース運営者と手にする収入がほぼ同じなのも偶然ではないだろう。情報を歪めてアクセスを稼ぎ、広告収入を得ることを「業務」にしている人間は日本にも存在するということだ。むしろ、大手のまとめサイトは、ほとんどがそうした「業者」である可能性が高い。

 

headlines.yahoo.co.jp