読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〈共謀罪法案‼︎ 反対〉監視社会の深化に社会の未来はない。

監視社会の到来・再来・深化・一段深化・絶望・絶滅について。

壊滅から恢復・新規の道はあるか。

5月19日、「共謀罪策動、反対!」は前に何回も書いたから、もういいかと思っていた。しかし思い直して明け方「共謀罪強行採決【監視社会の到来】」という記事を書いてupした。

pikoameds.hatenablog.com

ただその時この内容・タイトルでいいのかと自分で疑問を持っていた。
そうしたらその日(19日)の昼、わたしの気持ちを見透かしたように××さんからコメントを頂いた。丁寧な口調で直接私に対する批判がましいことは一切なにもお書きになられていませんでした。厳しい口調でない分余分参ったなぁという気持ちがした。ただホントはそういうコメント頂き嬉しかった。お為ごかしのコメは嫌だから。

共謀罪法案反対…‼️

テロ防止名目で思想・行動を犯罪化する法案に反対‼️

 

記事には、現時点でどういう内容・タイトルをつけるべきか。

監視(管理)社会の到来/再来/進化/深化/一段深化/絶望・破滅への道。/自己崩壊のみち。

どのタイトルにするかによってその人の現実認識と行動が想定される。

到来派〉は現状をまあまあと評価しているのでしょうか。受容できる。
再来派〉は、いまはまだマシ。しかし今後、戦前の治安維持法のようになるという感覚なのでしょうか。
深化派〉は現状は既に強固な監視・管理・搾取が強化され、それが今後深まっていくという認識に基づいている筈です。

私は【一段深化派】として、最後のタイトルにすべきだった。

なぜなら現状は既に強固な監視・管理・搾取が強化されているから。しかしわたくしの前の記事で【到来】とした。
なぜ「到来」にしたか。
その意図はあの文章の中ににありました。あの文章がまだるっこしいのでお気づきになられなかったと思いますが、(わかりませんが)、あの文章の名宛人は創価学会の一般会員さん宛てでした。{現実的に}(曲者の言葉ですが)改憲阻止・共謀罪攻撃阻止をするためには彼らのちから意思、伝統、日本の民衆の意思が必要だと思っております。確かにこの思考は戦術論のところもあります。しかしこれから500年のみちからするなら人々の意思ちからが必要だというのが一つの道筋だろう。(これは私の頭の中の単なる希望的妄想にすぎませんが)(その前に破滅するかも知れんし、マアそれも仕方ないかなぁ)…。かれらの未来にとってもよくないものが到来するという気持ちでしす。現実の彼らを(も)放置できない。支配勢力から引っぺがしたい。おそらくは通じまいが。

 

(なお再来派の様に治安維持法のようだと安直に云うのは仲間内で云うのは、イイけどその人たちだって治安維持法を何も体験していない。私自身の自己批判・自戒を込めて言いますが。皮肉過ぎますかね)

 

バック・トゥー・ザ・フューチャーという映画があったが、そのシリーズ2で、未来にタイムスリップしたらとんでもない大統領が選出されて世の中が暗黒になるのが分かったので現在に戻って来てその人物が大統領になるのを阻止するという内容だった。

 

(三井三池、北見、夕張などの)ガス爆発の坑道においてカナリアを先頭に歩く救助隊のことを考えます。カナリアは坑道の奥に充満しているガスの匂いを先に感知し先に死ぬ運命にあるということも思い出されます。自分はカナリアになることもなく(出来ず)、妄想の中で死んでいくかなと思いながらおります。××さんは時にカナリアの声を伝える伝令として、時に…カナリア
さてオレはこれからどうしようか

「わらわれ」と言うが果たしてこの認識・言葉の用法は正しいのか。これは支配=被支配の構造の中の被支配の中に支配=被支配の構造を作る発想だし、人をダシにするものだし、人に依存・倚りかかるものだ。ひとりで立つ。(0520/1600初稿)(0530/0212)

まだ「この」社会に未来は有るのだろうか。

 f:id:pikoameds:20170530042735j:image

【安倍政権・スグ退陣させよう】一人ひとりで立とう。そして協働しよう!

Bマークでご連絡できないし、フェイスブックないのでご連絡できません。

 

hiroponkun.hatenablog.com

あなたの読者です。以下の書き込みをいたしました。

イダさん、拝読しております。主流秩序論興味深く考えております。わたくしも一市民・個人として協働と連帯したいと思います。そういうことを考えておりました。例えばブログ上で一斉に意思表示するとか?もありでしょう。

 

🌠🌠🌠🌠🌠🌠🌠⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

 

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️🌠🌠🌠🌠🌠🌠🌠

 

pikoameds.hatenablog.com

この有様だ‼︎ 

headlines.yahoo.co.jp

#1800

vergil.hateblo.jp

 

国家の機能と国家の暴力装置の強化

【1】国家の機能・意味 について。

『国家』については、以下の二つの機能・意味から捉えると便宜であり本質に迫る切っ掛けになるでしょう。
⑴ 【暴力装置
❶ 対外的機能  外交=軍事装置

  特に抑止力論がまかり通る。パワーバランスの観点と「国民経済」(支配)の観点
❷ 対内的機能  治安維持対策  捜査機関・公訴=検察・裁判所国家刑罰権とは何か? 
❸ 徴税装置機能 (財政的担保)  税務課税当局

⑵【現代的調整装置
❶ 経済調整機能  日銀
福祉国家機能  組合巻き込み機能御用組合。社会政策と福祉。労働政策機能。

                        勤労者を一面で消費に巻き込む(国民経済)

❸ 情報操作欺瞞装置(イデオロギー装置)

 

【2】支配層(資本、官僚、政党自民党公明党・維新)にとっての国家とは?

〈主体分類〉

・官僚(警察官僚(*公安官僚)、司法官僚、小役人刑務官僚)軍事官僚)

・政党  イデオロギー、票、社会動向吸収と勢力拡散機能

・本丸 資本 (総資本)

・個別企業

----★----★----

【3】共謀罪攻撃の損得

資本主義社会 国家で一番重要な基準
〜〜損得勘定儲かるか損するか。帳簿の発想〜貸借対照表
では治安対策はどういう損得か。

総資本、個別企業

イデオロギー装置。宣伝戦。ベッキー事件、乙武事件、エンブレム問題の教訓

イングランドマンチェスター自爆テロ〜(これは偶然…しかし彼らからすれば「使える」)

・中核 渋谷1971事件の容疑者の逮捕。意図的。前から準備してあって時期的にもぶつけた。

共謀罪テロ準備防止法の審議にぶつけたもの。既に逮捕準備は完了していた。こういう実例ありという世論を驚怖を与える。口実。公安、内閣府、警視庁・大阪・広島(地方警察と国家機能警察)。ナワバリと連携。

 

★新しい攻撃★イデオロギーと利益と規制

テロ等準備罪と著作権法 - kemoxxxxxの日記

著作権を理由にした再編成〜hullもです。テレビ業界(日テレ)買収。

----★----★----★----★----★

--------★----★----★
「未完の」問いと「未完の」答え(その1) 〜到来・再来・深化・一段深化

テロ防止名目の法律において共謀罪が規定される。

捜査機関がテロ準備防止の名目で、捜査密行の原則の下秘密裏に情報を集め思想行動の調査捜査を一段と強化することになる。今日までずっと思想行動に対して暴力的監視管理は公安調査庁や各都道府県警察公安部が実行しておりシステム上も物理的にも(例えば機動隊など)で押しつぶす体勢を整え裁判所が合法的に令状を出す。裁判所は国家刑罰権の発動を命ずる。刑務所が拘禁する。このシステムが一層明確化され深化される。他方莫大な欺瞞的情報が流される。

支配層は法「改正」制定を前進だという。陰謀を企て外国勢力(中国・北朝鮮・以前ならソ連)と連携し内乱外患を企図しようとする勢力を取り締まれるからだと云う。何も企んでいなければ怖い筈がない。怖がるのは外国人と共にこの「国」を崩壊させようとするからだと言う。

しかし思想行動を監視管理し誘導された枠内に収める。これは監視(管理)社会の【深化】/【一段深化】だ。これは自分たちの社会の壊滅の道だ。人間の生活か。人間か。欺瞞と欺もうの生活か。この壊滅から恢復し新らしい道はあるか。

 

#初稿0525夜 #再構成0527

私信(かえる通信)

《かえる通信》

昨日はご丁寧なお返事ありがとうございました。
拝読後深夜ご教示頂いた当該HPや関連資料をあたってみました。また当該主任弁護人がお書きになられている文章を自由法曹団ニュースなどで読み考えてみました。やはり(=私の想定した通り)信教の自由(憲法20条)の問題として捉えるということを云われておりました(これは以前にも確認したような気もしますが)。確かに現時点でこの考え方が悪いという訳でないのですが、もっと現代的なエッジの効いた捉え方がないかなと思います。また準備書面では権利主体、権利内容、義務者について被告サイド主張に反論するという形で述べられていますが(特に権利主体について)、その際論理が民法の総有論(入会権論)に寄りかかりすぎるきらいがあると感じました。これはもうずいぶん昔、戒能通孝先生、川島武宜教授、さらに渡辺洋三さんらの論理なのでしょうが、~とても尊敬しておりますが、いまもう一歩前に出ることができないのか、出るべし、と取あえずの感想をここに書いておきます。もう一つ感想を云えば自由法曹団の伝統は「主戦場は裁判所の外」にある筈です(岡林辰雄上田誠吉)。とても健闘されていた(いる)ので私のような部外者かつド素人が何かを云うのははばかられます。ただのかえるとしてはプロ集団の健闘を…祈る、と。以上ただの感想です。

 


与謝野晶子の短歌に
  劫初より造りしいとなむ殿堂に
       われも黄金の釘一つうつ
という一首があります。
わたしがこの歌を知ったのは岡林辰雄さんというもう随分前に亡くなった弁護士の著書『われも黄金の釘一つ打つ』(大月書店)という本からでした。
大袈裟なことを云うようですが、
なんにものこすことができないちいさないのちであっても、せめて黄金の釘を打ちたいと思っておりました。

 

それからエピクロスについては、若いマルクスの学位論文がありました。これは『ユダヤ人問題に寄せて』という文章と共に一冊の本に収録されているのですが、若いマルクスが苦闘しながら自らのみちを切り開こうとした最初の論文でとても興味が持てます。また彼はライン新聞で森林窃盗事件について、入会権との関連で苦闘しておりました。ご承知のことでしょうが、偉そうに失礼致しました。
5/18/2140  05222359

以上再掲です。部分修正あります。

 

あなたさまがその理論と実践で対抗されているのは承知しております。ですから余計な・無用な記述です。

憲法民法を活かし克服する長い道のりを考え実現することを楽しみにしております。(追記)

 

追記 0523/0225

【札幌医大側の論理】

 所有権は教育委員会にあり札幌医大教育委員会から委託を受け預かる、つまり民法の寄託契約(民665以下)に基づき保管しており、札幌医大側は教委にのみ善管注意義務保管義務を負い第三者のアイヌ(遺族にも)責任はないというのだ。

 

⑵もう少し民法の論理を敷衍する。

「第三者である遺族(アイヌ民族)は所有者教育委員会と札幌医大の寄託契約について口出しする立場にないから、何も言う権利はない、という論理になる。ただ民法709条以下の不法行為に該当しない様に言葉態度その他には充分注意を払って、かつ、もし問題が起こればそれは教委=行政、延いては政府、立法の問題だと言い逃れ裁判所などで原告(アイヌ民族)の追及をかわす。これが札幌医大側の論理と行動」

これが通用するのが現代の私法(民法)・憲法体系。この部分0523/2112

 このサイト、笑。この先に百々氏の論文もあります。

札幌医科大学医学部 解剖学第二講座>教室の沿革

 

#整理していたらコメントを頂きました。

#時間限定再掲の予定でしたが、言及頂いたので、このままにしておきます。ありがとうございます。0523/0544

--------

確かに最初形式的には別の方を名宛て人にしておりました。ご承知の通りです。ふふふ。しかし自分の、お世辞根性が嫌で取下げました。マルクスの『ユダヤ人問題に寄せて』を意識して頂けるのは、Donさんでしょ笑。これ自体に関心あるかどうかは別として。始めからこころの中での名宛て人はそちらでしたが。何時も一人でブツブツ名宛て人話しておりますので。

自由法曹団は私は一定の評価をしておりました。今もかなり多くの弁護士が加入しております。しかしアイヌ民族の権利は殆ど省みたれていなかったでしょう。集団・民族の権利には〈弱い〉んですよ。労働者の権利にも何処まで強いか¿。まあ、今度書くかなぁ。でも分断に乗るのもどうかと思うし。今度、何処かで、多分、夢の中で、お会いしたら、語りたいですね0524/0453

----★----★----★----

 

読者が減るのは一向に構いません笑。へそ曲がり(あ、カエルにはヘソが無いんだ)で爺行為=(自己愛行為=ブログ行為)をしてるだけですので、ご心配頂き有難いですが、へえきの屁えです^_^

誰に宛てたものでもないですからお気遣いなく。

----★----★----★----

0525/0229

【引用・出典明示せず。失礼します】

「 どこかで聞いたセリフ⇒「多数派が反発している間は実現しない」

(00:55:14)。」

面白い表現です。例えば、多数派の中で意見が割れる天皇の〈処遇〉問題。その他多数の例あり。

【以下、引用】(引用元はお尋ねがあればお返事いたします。) *0525/0438

★「多数派が反発している間は実現しない」。「多数派の支持が必須となることです」///
★「善悪を決めるのは多数派ではなく、人の良心です」「私たちは決して負けてはなりません、多数派という暴君の前に」。「正義なき法は法にあらず」

 

--------★----★----★----★----★----★----★----★----★ 

0525/1130 

【メモ】共謀罪制定攻撃と治安政
共謀罪制定を日本の治安政策全般の動向の中で考えるべきだ。
⑵これはいわゆる「市民の生活の安全」を守るものなのか?
最早表向きのタテマエも放棄しているのでは?
国民主権・国民利益享受というタテマエも後退、むしろ敵対が明白化?
⑶日本の治安政策と実現の現状=特に暴力装置機能弾圧

cf彼らの国の支配層の対外政策 南スーダン 対比 …国内治安対策

⑷治安対策とコスト(治安対策のコスト)
①彼らには何故治安維持政策が必要か。



ⅰ)国家は予算支出---結果的に個別企業の儲け、個別企業(資本)自体も儲け(ex総合警備)
Ⅱ)官僚 警察官僚(旧内務省自治省)+司法官僚(検察、公安調査庁、警察(警視・警部以上)
ⅲ)自民党 イデオロギー…地域
ⅳ)資本全体
ⅴ)個別企業 持ち出し、儲かる会社
プロモーター電通


これは市民の安全生活を守るものなのか?

・自治体警察と国との分配上の争い。予算分捕り合い
ex警視庁大阪府警広島県警 vs 警察庁

法務省 警察庁の縄張り争い
・公安当局
内閣官房

 

何の文献もなく作ったメモだから全く不十分。

しかし今の自分の力量の中では充分のレジュメ。

彼らの攻撃を防ぐ為の準備資料。

新しい未来を作ろう。国・国家/支配・被支配関係の終焉=国家の死滅とフラットな世界。

「善悪を決めるのは人の良心」であり、帝国主義的暴力的資本官僚政党ではない。

 

かえる通信2 (5/25/2015~ -🔜続く

🌠🌠🌠🌠🌠

0527/0855
Dさん。
⑴ Tribal Council votes to impeach Cherokee chief
http://www.citizen-times.com/story/news/local/2017/05/25/tribal-council-votes-impeach-cherokee-chief/345085001/
⑵ ダシ昆布:1/14-15 X 1.0 + 1/14-15 X 0.5=How much。
これをググるとd氏のブログに行く。but??
遊ばれたwかなぁ。
http://www.matumaeya.jp/aboutus/know/

----★----★
ロロ・メイ ←加藤←https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ロロ・メイ

🌠🌠🌠🌠

dさん、お身体だけはお大事に。

個人的事情か、昨日お書きになられていた状況の所為か、分かりませんが、暫くね。

0529/0046

 

以下転記
0529/2300と0530/0115確認転記
 はてなへのログイン画面になっていたために「登録しないといけませんか?」という問い合わせがありました。申し訳ありません、ブログは完全非公開(休止)としました。はてなに登録しても、読むことはできません。

 現在「なぞなぞ画面」でこのことをお伝えしていますが、「答え」はありません。何を試みてもダメです(念のため)。

0530/0317
はてなへのログイン画面になっていたために「登録しないといけませんか?」という問い合わせがありました。申し訳ありません、ブログは完全非公開(休止)にしました。はてなに登録しても、読むことはできません。(転記終わり)

 

0321

Dさんが最後の日にお書きになられていた文章の中にアイヌの青年の言葉がありました。今(5/29/2330)、その言葉を参照する術はありません。なぜならDさんはブログを昨日から閉じてしまっているからです。記憶だけで書くので正確ではありませんが、大要次の通りです。
「政策の客体にされる。民族自決の権利、意志は何処にもあるのか。自分で決めることがなぜ許されないのか。」

政策の客体…自分たち!のこと!、自分!のこと!なのに、自分でなく他人しかも自分たちを辱め悔しがらせ、自分たち、そして父・母、祖母、祖父、その前の人たち、彼らすなわちわれらを苛め蔑ろにし、喰い物にし殺した奴ら。そしてオレらを隷属させ奴隷のようににしたヤツら、そのヤツらが俺たちの生き方、喰い方、死に方、墓の骨まで、そう、そうだ、当に骨の髄まで絞り取り挙げ句のはて、DNAとやらまで「タダで」「医学」と「人類の叡智」とやらの為に絞り取り、そのご立派な「講演」迄も聞かされる。そんな「事態」。和人は何をしてくれたのか。そう、こういうことをしてくれたのだ。
こういうことを云っているのだ。人骨「問題」はこういう「問題」…。植民=殖民。ウチなる植民と言うがこの言い草自身、植民地主義の言葉。外だろ!。北海道は外だろ!蝦夷だろ!松前は。ウチか。じゃ、その外は外か。

こういうことを感じさせられた。(5/29/1147)

 

この国のひとびとのこころの中には、支配=被支配という感覚、統治されているという感覚はありません。自分が〈「政策」の対象〉にされているということに対するアセり怒り悲しみなどの感情 感覚さえ有りません。自分がおもちゃ、勝手にいじられ、使われ使い捨てにされ名無しとして生かされ「奴隷」として買われ売られ動かされ働かされ、それだけの為に飲み食いさせられている。それでもいい、というかそれでもいいとさえ感じない、あきらめ、なんてきれいなものでなくあきらめる前にあきらめの感覚さえ持てない持たされない、性行為ももうやる気なく自分で済ますことさえない。体力も気力もない。子孫も不要だ。叛逆し次の世代に受け継がせる怨みさえない。持てない・持たされない。
政策の対象にされ客体で主体になりたいなろうという気はさらさらない民族「自決」なんて自決の気持ちそのものがないひとびと。そこに何を投げかけても何を言ってももう無駄というくらい心はない。感覚器官は壊され壊れそれでもいいと感じてる余裕もない。ひとびとは「支配」されているわけでないから「被支配」もない。そういう状況(こころの存在…僕に云わせればこころがないという存在)を見せつけられる。自分も生きていても意味ない。それでもDさんの感覚気持ちが世界の今にあるということを知り感じることでこの間生きて来た。書いて来た。しかし徒労だ。そもそも考えたくない感じたくない奴隷らに何を言っても無駄だ。
自分が南スーダンに行くわけでない、天皇と関係するわけでない。統治と関係ない。北朝鮮は実は攻めてくるわけでない、プロレスだ、抑止力で適当にやっててくれれば(守ってくれれば)いい。お金は出してる(税金でな)。現状のママでいい。いじらないで、このまま、不満だらけ、でも幸せと教えられ生活できる高望みしないならこんないいことはない。支配被支配に関与したくない。そういう言葉=理性も最早何処にもなくただ自分の生存だけだ。それだけ支配抑圧が身の中に貫き通されて奴隷が息をし喰らておる。女性は活用され、あちこちで喰われる。オトコももう同じ。若いヤツらも。
これは抵抗の前触れになるか。こころ・思想が無ければ抵抗は無い。

 

 

--------🌉----🌃----🌃

in-depth 深層/底流で起きていること〜5/29月/0400記追加5030/0149書く

あゝ、また騙される民。
⑴ 文部省、官邸 をめぐるわたくしの情勢認識
(ポイント:共謀罪法案を政局に持ち込み、日米軍事行動を隠し、天皇退位を2020の国家社会再編と関連づける一連の流れの中での
アイヌ民族「問題」=日本の先住民族「問題」〜象徴空間 人権もどき (当局)が外国に対する言い訳抗弁…アメリカ(の一部勢力)に対する言い訳?
何の「象徴」か? 人権もどきを守っているフリの「象徴」として示す為。外国勢力に対して。

❷教科書「問題」 道徳教科書「問題」
去年から続き
教科書会社、校長、管理職に対するコントロール
賄賂もどきで粛清。

事務次官 (いろんなことに)全部関与している 葬った? 民衆サイドではないが官の中の抵抗勢力

事務次官、(仮に超善解するとして)女性活用w 女性の貧困「問題」は深刻深刻! 彼女らを巻き込み新勢力に構成し直す。売春買春は見逃せない貧困問題!流石にこれは治安対策労働対策でなく文部省の任務。道徳教科書問題、道徳そのもの問題。

❺一般的評価
イデオロギー攻撃攻勢対応
実利 お金象徴空間の建設を見ろ。
人権もどきを使った、改憲策動の一部。

⑵ 対応

・そんな甘くない。浪花節だよ、おっかさんが通じる訳じゃない。
何方も食わせ物だ。
あのアイヌ民族「政策」を作って実行犯の連中だよ。
昔、明治の頃、椎の葉の芽が出たら、お金を払いにくると言って、帰る。その季節が過ぎ夏も過ぎ秋になって、やっと来て葉は黄色いじゃないか、と言いくるめるヤカラの子孫だよ。騙されるな。
・安易に乗るな。いい人ぶりに騙されるな。アイヌ民族政策、審議会のザマで分かる筈だ。
・バクロが一番。と言うより、ヤツらがやってることに手出しは出来ない。
・自律、自立。自己決定。自決(←スゴイことば)。
・介入。〜困難、取り込まれる、but これ以外にない(かも)。介入!

・教科書「問題」〜この間も今年、去年と系統だってヤラレてきた。思想検閲(家永三郎時代)→管理→積極思想形成(今学校で何がされてるか、校内放送とかどんな調教されてるか、知ってるか?)校長の管理、連中の話・訓話。そして教科書、連中で指導書手引きなしで授業やってる連中が何人いる‼︎?
・その中で、讀賣が先頭を切って教科書キャンペーンだ。今年の新年からやってた。去年もそうだ。系統的なんだ‼︎
こんな処の事務次官がマトモなわけないだろう。こんなモン、こんな争い、保身と官邸の争いが政局で使えるわけねえだろう。お涙頂戴的アホ。それなのに政局で使おうなんて。阿呆らし。前田某。

何年何十年500年、人の気持ちが支配=被支配関係が破られるまで、人類が進化、深化するまで。夢


・当面の状況を少しでも良くすること
・長い未来について

 

0530/0324

明日資料をつける。

 

共謀罪、強行採決! 【監視社会の到来】

  f:id:pikoameds:20170519044852j:image

✳︎写真は以下の「自治労機関紙」から

 

《監視社会》の到来です。

捜査機関が「自由に」「合法的に」「捜査」できます。裁判所も令状を出して協力。合法です。一般人は対象外と言われますが、すぐ「嫌疑あり」で捜査対象になります。(刑訴法捜査 - Wikipedia)

創価学会の皆様も、調査・捜査されます。秘密裏に(捜査密行の原則)です。何も表には出てきません。

創価学会員のみなさん、それで良いのですか?

 ----★----★----★----★

🌠《自治労の機関紙記事》

共謀罪は監視社会をもたらす - 自治労

 

www.ntt-west.co.jp

🌠👇【 スノーデンの映画  】

youtu.be

 

🌠👇【正面から批判されてます】

ishikawakz.hatenablog.com

🌠 👇【海外ドラマから見た監視社会】

www.oricon.co.jp

🌠以下は私の記事です。-----✳︎----✳︎----✳︎----✳︎----✳︎----✳︎----✳︎----✳︎---- 

安政策について13の記事があります。

 🌠

🌠


 

パラグアイにおける眞子内親王の「外交」

わたくしは、昨年9月、本ブログにおいて以下の様に問題提起いたしました。


眞子内親王は「パラグアイ日本人移住80周年記念式典」でいかなる「あいさつ」(スピーチ)をなされるのであろうか。

 

日本の政治・外交(=軍事)の在り方は戦前戦後を通して、一貫して侵略的・拡張的、自己満足的で世界の諸民族の自律・自己決定を否定するものであった。また日本人は「臣民」として、中国大陸や南米でも天皇制支配層の政策実現の為、棄民された。満洲、南米での移民政策はその最たる証拠だと思っている。筆者はそう考えております。

その記録として以下の記事を書きました。再掲します。

pikoameds.hatenablog.com

✴️【宮内庁発表】✴️

🌌パラグアイご訪問(平成28年) - 宮内庁

 

🌌眞子内親王殿下 パラグアイご訪問を終えられてのご印象 :眞子内親王殿下 パラグアイご訪問を終えられてのご印象 - 宮内庁

以上0210

 

『北海道大学医学部アイヌ人骨収蔵経緯に関する調査報告書 (2013年)』

『北海道大学医学部アイヌ人骨収蔵経緯に関する調査報告書 (2013年)』.pdf

(2013年3月21日発行/発行国立大学法人北海道大学 佐伯浩 〒060-0808 札幌市北区8条西5丁目)を読む。幾つか抜き書きメモしておきます。

----★------------
「Ⅰ報告書作成の目的」略。

「Ⅱ調査資料」略。
「Ⅲ-1北海道帝国大学医学部・北海道医学部におけるアイヌ研究とアイヌ人骨収蔵」

「1北海道帝国大学医学部におけるアイヌ研究の始動」(1921~1933頃まで)。略。伊藤晶一教授(戦後医学部教授)発言「平取村のペンリウク大酋長(ママ筆者注)の遺骨も提供されたことはありがたい」(ママp17)。p17 [山崎春雄祝辞など]。(写真あり)//「4戦後の墓地発掘・アイヌ人骨収蔵」(p51~)、「北海道大学医学部解剖学第一講座・解剖学第二講座「1962年」「1972年7月2月16日~7月24日にアイヌ人骨を発掘した証左である」(p54)。自ら「証左」だと自画自賛している。


「Ⅲ-2アイヌ納骨堂建設以前の人骨の保管と「天覧」」66p.
この項、圧巻である。本調査報告書に意義があるとしたら、ここの記載p77以下である。この記載の為に他の報告あると云ってもいい。


2-2昭和天皇への「御進講」(1936年9月28日)

「2-3昭和天皇の「天覧」「2-3戦後の「天覧」」

昭和天皇は1954年の北海道行幸の折、8月22日に北海道大学を視察した。「児玉作左衛門は医学部…。3回目の「栄誉」である。」「これらはいずれも、北海道帝国大学北海道大学が、アイヌ人骨やアイヌ生体写真等、山崎春雄・児玉作左衛門の収集資料が、天皇・皇族に供すべき医学部を代表するにふさわしい「研究業績」だと考えていた証左である。勿論、当時の新聞報道が、アイヌ人骨等の収蔵展示を批判的に論じたことは一度もない」(ママ。強調、筆者)

「上記の他にも、1957 年8月には池田隆政・厚子(昭和天皇第4皇女)夫妻、1955年6月には横綱千代の山を医学部標本庫に案内している。

 

Ⅳ総括

ここを読むと本調査報告書の報告者らの腰の引けっぷりが明らかになる。
ここから一文だけ引き抜いておきます。
「Ⅳ-5「北海道大学医学部アイヌ人骨収蔵経緯に関する調査報告書」とアイヌ人骨管理体制の確立」)僅か7行、そのうちの1行半の最後の文。総括曰く


北海道大学と医学部は、本調査報告書と新たなアイヌ人骨管理体制に基づき、収蔵アイヌ人骨の管理を厳正に行う所存である」(ママ)(117p)

 

http://hmjk.world.coocan.jp/archives/hokudai_report2013.pdf

2017/5/15/1558

 0517/1257

 

pikoameds.hatenablog.com