読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノース38 《North 38》という北朝鮮観察サイト

ノース38《North 38》(38North)というサイトがあります。
北朝鮮の観察監視サイトで有名です。以前にも何回か紹介しています。

アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の研究所として運営されています。

当然、アメリカ政府の息が(そのもの)…掛かっています。

しかしそれでも、政府・自衛隊、米軍情報に頼るのでなく、少しでも「事実らしいもの」に近い所で現場を観察して自分の見方を作り上げたい。このサイトを見たからと言って、冷静な人なら、単純な反北朝鮮にならないだろうし、北朝鮮に向けられている核ミサイルのことも想起するだろう。ですから、ご紹介しておきます。

 

Search | Johns Hopkins University

 

f:id:pikoameds:20170425050052j:image

f:id:pikoameds:20170425050059j:image

 

f:id:pikoameds:20170425050541j:image

 


去年の私の記事です。

4/25/0505

「海自、米空母と共同訓練 護衛艦2隻、北朝鮮への抑止効果は望み薄」(日経電子版2017/4/24)

【煽るなよ〜】これが今日の私のテーマです(╹◡╹)

お疲れ様です。こんばんは。私にとっては「おはようございます」でもあります。夕方近くに起きたばかりでして、一用事をした後こうしてPCに向かっています。

⭐️⭐️⭐️

そんなに煽るなよ〜笑》…これが私の今日のテーマ。《社会の軍事化大好き😘》な奴らに煽られたくないや。でも今日も北朝鮮核開発・ミサイル「問題」を利用した、日本支配層・アメリカ支配層の「躍動」・プロレスを見せられるのでしょうか?勿論、北・支配層もたいがいですが。〈北朝鮮ミサイル問題〉38NORTHというサイトを見るのが早い!(2/6記) - かえる、去年の記事です(╹◡╹)

----✳︎(╹◡╹)----
昨日「第二次朝鮮戦争を起こさせないにはどうしたらよいか」という文章を書きました。(第二次朝鮮戦争を起こさせないにはどうしたらよいか。 )

ツマラン文章にも拘らず、上の文章のコメント欄に丁寧なお手紙を頂きました。本当にありがとうございます。公開コメントですし、これはとても貴重なお手紙だと思いますので、下に再掲させていただきますね。

----✳︎----✳︎----✳︎----✳︎----✳︎

(推理小説・探偵小説)覚書

 韓国人の友人がいますが、彼によると韓国での報道は、日本の報道が危機を煽るのに比べて、随分トーンが低めの様です。その根拠としては、引用記事で指摘されている様に、数十か所を同時に攻撃して北朝鮮の軍事能力を麻痺させるしか全面戦争突入を避ける方法は無いと考えられる為、米国といえども、全面開戦に繋がる事態は避けるだろうという読みです。
 彼らにとっては日本よりも喫緊の問題ですから、政府的には不安を掻き立てたく無いでしょうし、報道に多少バイアスが掛かっているのかもしれませんが、友人は開戦を余り現実的な危機としてとらえていません。
 勿論、これは1個人から聞いた話なので、彼の個人的バイアスが掛かっているという事も間違いないでしょうが。韓国での情勢予想が正しいとすれば、何故、日本でこれほどまでに危機が煽られているのか?に興味はあります。近日中に戦争が現実に起きれば、逆に、韓国での報道の自由に疑いが生じることになると思います。(終わり。全文)

----✳︎----✳︎----✳︎----✳︎----✳︎----✳︎----

実はこのお手紙を拝見して反省することがありました。私は政府・自衛隊(当然アメリカの世界戦略)に対して批判的ですが、私の書いていることは、結果的に彼らのアオリを後押し彼らの思惑(たとえば「社会の軍事化」「彼らの自由」)に協力しているのではないか?ということです。私が「危険だ」「深刻に考えている」と書けば書くほど、彼らに、庶民の中に危機意識が生まれいい具合だと観察されている。彼らの思惑にノリタクナイ、しかし、批判・批評の前提として彼らが考えていること・狙いについてバクロしておく必要がある、こんなジレンマを感じます。

 

⭐️⭐️⭐️

さて如何したものか?ジレンマを感じつつ書きます。

まず昨日の私の言いたかったことのマトメです。
結論から言えば、身もフタもないのですが、【損得勘定】でお考えなさい、そしてあんたら為政者も得にならないからお止めなさい、というのが私の言いたいことです。
彼らにはとりあえずこういっておきましょう。言葉が通じないのですから。というより計算ずくで煽り立てているのですから、まともに付き合いたくはありません。


まあ、こう書けば、戦争屋にとって戦争騒ぎを起こすことこそが計算に合うという反論が返ってくるのは必定。(なお、反論してくるのは(推理小説・探偵小説)覚書さんではありません、念のため)

それでも言っときます(╹◡╹)‼︎

為政者(財界・官僚・政治家さんw)にとっても、割合わんよ。おやめなさい。煽るのもおやめなさい。

 

この本と日経新聞の記事をプレゼントしますね🎁

f:id:pikoameds:20170424200552j:image
日経新聞電子版に面白い記事が載っておりました。
「海自、米空母と共同訓練 護衛艦2隻、北朝鮮への抑止効果は望み薄」(2017/4/24)

海自、米空母と共同訓練 護衛艦2隻、北朝鮮の抑止狙う :日本経済新聞

 

----✳︎----✳︎-----(╹◡╹)----✳︎(╹◡╹)

 そしてアオリはおやめなさい(╹◡╹)

 

 第14旅団[ホームページ]

第14旅団 (陸上自衛隊) - Wikipedia

f:id:pikoameds:20170424200628j:image

(横向きにしておきます。)

【ご参考】


第二次朝鮮戦争を起こさせないにはどうしたらよいか。

第二次朝鮮戦争が起こるのではないか、と私は深刻に考えています。
朝鮮戦争は昭和25年(1950年)6月25日に開始され、昭和28年(1953年)7月27日休戦となりました。現在も朝鮮戦争休戦協定が効力を持ち朝鮮半島は「休戦」状態にあります。
その休戦状態にあっても、実際には常に「軍事行動」は起こされているし、「抑止力」行使という名の軍事的な睨みあいはつづいていたし、韓国と北朝鮮との間には常に緊張関係がありました。北朝鮮の論理からすれば自国の方に核兵器が向けられている以上、北朝鮮側も核武装して米韓軍事同盟に対抗する、日本にある岩国基地など核兵器持ち込み疑惑がある米軍基地に対して核兵器を使うという恫喝をするのは支配者の論理として当然でしょう。彼らからすれば、「日米軍事同盟・米韓軍事同盟によって、北朝鮮は狙われている」のですから彼らは、彼らなりに「防衛する」というのが彼らの理屈であり、「政治の延長線上にある軍事」というクラウゼヴィッツの示した考え方の当然の結末です。当然日本(庶民)にとってもこれは重要な事態です。しかし多くの日本人は素知らぬ顔をしながらやり過ごし通り過ぎ、日々を送ってきたのが現状でしょう。私もしたり顔で何かを云う気にはなりません。

 

率直に云って、現状は非常に危険だと思っている日本人はどれほどいるのでしょうか。自分の住んでいる地域に迷惑が掛からなければまあ、いいやと思っている人がかなり多いのでしょうね。地震と比較するのは気がひけますが、地震の時もそうでした。私の知人は中部地方でトレーダーをしておりますが、津波福島第一原発の被害を出した東北大震災の直後も、翌週から動きがよくなった相場のトレードで大きな利益を出しておりました。勿論、買い方に回ってポジションを取っていた人は散々だったようですが、それも随分経ちますから回収したのでしょう。その時と同じことです。


また先週、私が属している職業上の団体で会合があり朝鮮半島の問題が話題に上りました。「うちの県では自衛隊の基地があるから危ないのかな」ということを云われている方がおりました。また先日横須賀海軍基地を遊覧船上から見てきたという人もいました。それなりに危機感を持たれているようですが、結局、自分たち庶民にはなんともしようがないというのが実感のようです。多くは日々のことが忙しく考えない。別に私も偉そうに云える立場にないですし、私自身、為政者にはなれないし、そもそもなりたくもないのですが、最終的な主権者という「国民」という地位にある以上、政治責任は国民に課されます。戦前の明治憲法の下と異なり自分たちの方に返ってきます。
日本国憲法1条・ちなみに云っておきますがこの条文は「天皇」について規定したものですが、天皇は所詮、国民の支持(指示!)に従うべしという条文にすぎません。言葉のマジックに騙されないでくださいね)

 

第二次朝鮮戦争をさせないためにはどうするのが有効か。有体に申せば身も蓋もありません。
《損するからお止めなさい》誰も得しない。為政者も資本も。民衆は当然です。
資本主義の論理あるいは独裁者(単なる個人の問題でなく独裁システム)の論理からすれば、現段階で、戦争を止めさせるのは最早、この「損得勘定の原理」しかありません。戦争をしても結局、儲かりません。おやめなさい。淋しい話ですがこれ以外の理屈は私には考えられません。〈取り敢えずは〉彼らの内在的論理に従うだけです。(この項、つづく)

----✳︎----✳︎----✳︎----✳︎----✳︎----✳︎

 対北朝鮮武力行使なら全面戦争」=米専門家にインタビュー

【ポイント】

 【ワシントン時事】核開発やミサイル発射など挑発を続ける北朝鮮に対し、トランプ米政権は外交と経済で圧力をかけつつ、軍事的選択肢も排除しない姿勢を示している。

 ―米国が武力行使を決断したとして、考えられるシナリオは。

 軍事的見地から、ピンポイント攻撃はない。北朝鮮の核とミサイル両方の計画を阻止するには、数十カ所を攻撃しなければならない。うち1カ所に米国が攻撃を加えただけで、北朝鮮はソウルに向けて反撃するのではないか。米国が踏み込んでいって(核・ミサイル)計画をつぶそうとすれば、朝鮮半島で大規模な戦争が起きる。それ以外の結末は考えづらい。

 ―イラクフセイン元大統領のように、米国が金正恩朝鮮労働党委員長を追い落とすことは、軍事的に可能か。

 金正恩氏は核実験などの際、狙われるのを恐れてか、数日間から数週間にわたり姿をくらませる。見つけ出すのがまず難題だ。さらに、彼ら(北朝鮮指導部)は砂漠ではなく地下施設に逃げ込む。北朝鮮にはおよそ1万カ所の地下施設があり、一部は武器庫だが、指揮統制用の施設もかなりある。それらを全て破壊するのは、不可能ではないが難しいだろう。

 ―全面戦争に突入した場合、終結にはどれぐらいの期間が必要か。

 米国が大規模な地上部隊を派遣するのに1カ月程度。(終結までの)プロセスは数カ月かかるだろう。イラクと同様、戦後も激しい抵抗が考えられ、対応が極めて難しくなる可能性がある。フセイン政権の兵力は約40万人。北朝鮮はその3倍で、秘密警察や予備役を含めれば約10倍に上る。イラクは実際に大量破壊兵器を持つには至らなかったが、北朝鮮は持っている。

 ―トランプ大統領が北朝鮮攻撃を決断すると考えるか。

 実際のところ分からないが、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)は有能な人物だ。シリアは米軍が飛行場にミサイルを撃ち込んでも反撃の手段を持っていなかったが、北朝鮮は違う。彼らには、ソウルを攻撃できる迫撃砲が3000門はあるとみられ、その10分の1を使って砲撃を1時間加えるだけで、何千人もの犠牲者を出しかねない。そうした事態をもたらすことを、米国の大統領が望むとは思わない。 

 f:id:pikoameds:20170423051707j:image

 

f:id:pikoameds:20170423051722j:image

 

f:id:pikoameds:20170423051733j:image

上の写真は下記youtubeから。(ある方がこれを使われていたので私も使わせて頂きますね)

 

 ✳︎----⭐️----✳︎----⭐️----✳︎

北朝鮮ミサイル発射問題 カテゴリーの記事一覧 - かえる日記

〈共謀罪〉制定、反対❗️……申立てる異議一つ われ君と共に生きん

まず、ご紹介させてください。


「主権者じゃない」と蔑まれている「国民」が、見守る【重要法案の国会審議】、来週もあります。また25日頃にはもう一つ【重要イベント】!があります。

これらを政府財界は見つめているでしょう。ついでに策動しているでしょう。

しかし、われら個人はそれらについて考えるでしょう。たたかうでしょう。僕はそう信じています。いつでも。

----✳︎----✳︎ 

上のブログは僕の友だちのものです。(「友だち」=ブログ上の片思い友だち笑…。コドモの様な甘っちょろい想いだし、「友だち」なんて言いっぷり、自分で笑っていますが)

僕の方は元々【偏った】ブログだから何を書いてもいいんですが笑笑、彼にとってはあれを書くのは《勇気》が要ったかも。ですから彼のこと、応援してください。お願いします。(まあ、とは言え彼の処にはスターマークは深夜2時時点で、97ついています笑。だから余計なお世話だね。)

 

なお以下は、僕の意思表示❗️


 

申立てる異議一つ われ君と共に生きん (かえる) 

ではよい週末を(^.^)/  2017/4/22/0120記 

 

おまけ--------⭐️----⭐️----⭐️----⭐️----⭐️----

 

おまけ2  稲田朋美氏は個人的には終わった人ですから、今更「旧悪」を載せる必要もないのでありますが、一応、僕のかつての意思表示でしたので、ご笑覧くださいませ。


 


 さらにおまけ(失礼します)。

blogos.com

渡部昇一が死んだ…。併せて稲田朋美防衛大臣について確認しておこう。

 まず渡部昇一稲田朋美のコラボを確認しておきましょう。

これは、稲田朋美渡部昇一との共著本だ。渡部昇一稲田朋美の指導者でもある。この本の中で稲田朋美渡部昇一の言説にヘイコラしてご意見拝聴している。稲田朋美は所詮、追随して独自の見解はない。偶々同時期に司法試験を受けていて一緒に弁護士になった夫が右翼民族派思想を持ち父親が教員で右翼だっただけで、独自の世界観は持っていない。ただいわゆる百人斬り訴訟を担当して右翼もどきに目覚めただけだった。まあ、それに儲かったんだろう。その趣旨の記述がある。


----✴︎✴︎--------

では、渡部昇一の【思想】とは何か。

まず渡部昇一、死亡に関連する記事から。

 

この産経新聞記事から引用……

「もっとも有名な“事件”は「神聖喜劇」で知られる作家、大西巨人さんとの論争だろう。週刊誌で、自分の遺伝子が原因で遺伝子疾患を持った子供が生まれる可能性のあることを知る者は、子供をつくるのをあきらめるべきではないか、という趣旨のコラムを書いた渡部さんは「ナチスの優生思想」の持ち主という侮辱的な罵声を浴びた。」

この産経新聞記事中、こういう記述がある。産経新聞記事筆者がこれを大きく取り上げているので、まず、渡部昇一が優生主義だったことを確認しておきましょう。

渡部昇一とその追随者たちの常識人ぶったナチス思想は呆れるばかりだ。偶々、大西巨人の本を最近まとめて読んでいるので、この問題については、今後きちんと書く。

----✴︎----✴︎✴︎--------

天皇靖国神社、に関し述べる。

www.sankei.com

 

何が「保守派の論客」だ。「保守派」だと。この方は英語教師・英語学者だった筈だが、いつの間にか、痴的生活を開始し、右翼気取りの言説で煽り立て、靖国神社についても語り国粋主義を述べたてていた。

✴︎--------✴︎

朝日新聞、曰く「保守論客」。何が「保守派」か。


日経新聞は英語教師だったことを書いている。

www.nikkei.com

----✴︎✴︎----✴︎✴︎--------✴︎✴︎✴︎

以下、稲田朋美防衛大臣についても確認しておきます。

稲田朋美渡部昇一には共著、対談本が多数あります。


《桜を見る会》陸上自衛隊の武器も見る会 (=リクルートの会)

こんな桜を見る会をやっている自衛隊に危機感¿¿を感じます笑笑。

【面白そうです】から、取り敢えずお知らせです。

これをどう評価するかは…………?お好きに。

僕の感想は右上のタグからご賢察下さいませ〜^_^/笑笑。ありゃリャ。北朝鮮が攻めて来るって騒いでる諸君、どうするの〜⁉️コラ、北岡…北岡伸一、どうする、こんな娯楽も要るんかナ。《南スーダン、自衛隊撤収》北岡伸一国際協力機構理事長の見解への批判 - かえる日記

----✴︎✴︎----✴︎✴︎----✴︎✴︎

日刊ゲンダイ』にこんな記事がありました。

アイドルグループの紹介記事です。

----✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

自衛隊学校の大使も 「フラップガールズスクール」の実力

「彼女たちの活躍の場はスタジオにとどまらず、昨年11月には自衛隊土浦駐屯地武器学校の初代アンバサダー(広報大使)に就任。3月には駐屯地での厳し~い訓練に参加した様子を追ったファースト写真集「GROW~成長する翼~陸上自衛隊武器学校体験入隊記~」も発売して話題に。18日には6枚目となるシングル「君を守りきる」がリリースとなる。」

----✴︎✴︎

そこで自衛隊武器学校のサイトに行ってみた。


f:id:pikoameds:20170417163536j:image

f:id:pikoameds:20170417163530j:image

《南スーダン、自衛隊撤収》北岡伸一国際協力機構理事長の見解への批判

「《南スーダンPKO》 積極的平和主義 更に前へ」というJICA(国際協力機構)理事長・北岡伸一の論稿が「讀賣新聞」一面・二面(4月16日(日))に掲載されています(字数2770字)。今日は上記北岡の論稿を検討します。

 
まず北岡伸一の主張を確認しておきたい。
北岡は次のような感想を冒頭で述べている。
国連南スーダン派遣団(UNMISS)から自衛隊が撤収することになった。ちょっと残念ではあるが、しかし、これで良かったような気もする。」
北岡が「ちょっと残念だ」というのは「日本の平和貢献は大きくないから平和主義という仮面をかぶったエゴイズムだと、他国には映」ってしまう点だそうだ。

他方「しかしこれでよかったような気もする」と北岡が言うのは「事故でもあれば、今後のPKOは難しくなるから、今のうちに引き揚げる判断は悪くない。」というものだ。

結論として、

【積極的平和主義、更に一歩前へ!】

と言う。

----✴︎✴︎----✴︎✴︎--------✴︎✴︎--------✴︎✴︎----
北岡伸一は一方で、彼の考える「国際社会」にどう映るかという不安を抱き、他方国内で「国民・有権者」の「眼」を気にする「常識的」支配者層の判断がある。何という鵺だろうか。そして「常識人」だ。国民アジアの諸人民の眼を気にする。

 北岡伸一は1948年生まれ。東京大学教授・国連大使などを経て第1次安倍内閣から外務省主流など日本支配層の外交ブレーンである。北岡伸一は2013年12月、「安保・防衛力に関する政府懇談会」において「積極的平和主義」なるレトリックを使って「日本外交」の在り方の変更を積極的に推進してきた。

日本は1945年8月、第2次世界戦争において、アジア諸民族の抵抗を受けソ連邦を含む勢力に負け、敗戦帝国主義となった。その結果、日本支配層は、国内の支配の在り方の変更を迫られ、天皇天皇制官僚、地主、資本家中心の支配体制の変更を余儀なくされた。戦後、敗戦帝国主義日本の《民主・平和》は、米国中心の世界秩序、戦後資本家階級の秩序ではあっても、民衆・人民サイドにとって大きなメリットをもたらしたと私は考えている。このようなあり方に対して日本財界・外務省など日本支配層の主流派は不満を抱きながらも、自分たちの陣地=経済的利益の拡大、アジアでの支配の拡大を目指し外交的=軍事的拡大を目指してきたし、彼らからするなら一定程度以上の大きな「成果」が上がっていると思われる。

そのような戦後の流れの中において北岡伸一の役割は重要だろう。一方で自立帝国主義路線を目論んだ中曽根内閣や第一次安倍内閣のような轍を踏まず、ソ連なきあとも、対米従属を利用しつつ日本の「権益」を維持しようという財界中枢・外務省主流派やさらに讀賣新聞などの意向を反映した北岡伸一の論稿は興味深いものがある。

私の中では北岡伸一はこの様な位置づけにある。このような北岡的なものの後継者はそれなりに多くいる。今後も検討し実践的にも、その後継者の路線の反人民的、反労働者的な側面を明らかにしていきたい。

f:id:pikoameds:20170417033512j:image

《茂みを別けて行こう》

f:id:pikoameds:20170417033547j:image

f:id:pikoameds:20170417033555j:image