「少年老い易く学成り難し」について

少年老い易く学成り難しという諺がある。

  このことわざは一般には次のように理解されている。

  若いうちはまだ先があると思って必死で勉強をしないが年月はすぐに経ち歳をとり何も学べないうちに人生は終わってしまう、だから若いうちに勉学に励むべきだ。

 f:id:pikoameds:20190625171833j:image

引用;  偶成 - 中国の漢詩 - 漢詩・詩歌紹介 - [学ぶ] - 関西吟詩文化協会

このことわざの由来は朱子の『偶成』という中にある漢詩であると言われている。

  しかしこの漢詩朱子の『偶成』の中に見つからないようだ。またこの漢詩の内容は朱子の思想と異なっているそうだ。だから朱子の作ではないのではないか、と近時解されるようになっている。

  早稲田大学教授柳瀬喜代志(故人)や岩山泰三(早稲田一文、博士)らは、「少年老い易く学成り難し」の漢詩朱子の『偶成』から取られたという従来の見解に対して、それは誤りだと実証的に主張している。

  またこの点に関して公共図書館レファレンスで調査されている記録がある。埼玉県立久喜図書館のレファレンスだ。これは浅田次郎の小説の中に「少年老い易く学成り難し」という漢詩が引かれ、それが朱子の『偶成』が出典である、という記述があるが果たして本当かという疑問から利用者が問い合わせ図書館がレファレンスサービスで答えている。その回答においても出典が朱子の作品(漢詩)だと確定できないとしている。

 

では仮に朱子漢詩でないとしたら上記の漢詩は誰の作品か、また誰がこれを朱子の『偶成』の中にある作品であると伝えたのか、さらにそのように伝えた意図は何か。

  柳瀬の説によると、題の「小人」は「年若い僧」を意味し、起句の「少年」は「寺院にあずけられた俗人の子弟、あるいは幼少にして出家し僧を目指している男児」であると共に、僧侶の性愛の対象である稚児の意をも含んでいる。それ故この詩は、年若い僧に対して「君の稚児さんは老け易いが、君の学業成就は難しい」、だから男色と学問とにその若い時を惜しんで過ごしなさいと勧める詩意を成す滑稽詩だという。

 

 柳瀬喜代志は更に次の様に推定する。以下wikipedia の記述から引用する。

「これ(少年老い易く学成り難し)が朱熹(朱子)の作品として登場するのは、明治時代の日本の漢文教科書からである。

  まず、明治34年(1901年)の宮本正貫編『中学漢文読本』(文学社)に「七絶 朱熹」、同年の国語漢文同志会編『中学漢文読本』(六盟館)には「逸題 朱熹」として収録されている。

その後の漢文教科書にも朱熹作として収録されているが、題は「詩」「少年易老」などとなっていることがある。

  明治38年(1905年)の国語漢文研究会編『新編漢文教科書』(明治書院)に「偶成 朱熹」として掲載され、以後の多くの教科書もそれを踏襲するようになった。

  この時期は明治政府によって学校教育の拡大施策が行われており、そのために適当な教材を求めていた教科書編纂者がこの詩を朱熹作の勧学詩と見立てて採択した(のではない)か」(引用につき、最後のカッコは引用者が入れた、行替えして読みやすくした。6月25日に最終閲覧した)

 

私は教育史について知らないし現時点で手元に適切な文献もないので一般的な意見しかいえない。

  ただつぎの様に考えられないか。この「少年老い易く学成り難し」がこれほどまで日本人に広がっているのは明治期のイデオロギー政策の「成果」結果ではないか、

  ⑴  明治期の日本では藩閥政府の下で富国強兵政策がとられていた。下級士族を資本主義社会の中に取り込み、農民層を労働者階級に再編成し同時に低賃金の「沈め石」(マルクス)としつつ、日本社会を再編成し、他方台湾朝鮮中国ロシアを侵略し欧米諸国の侵略に競争対抗する基盤を作るのが、当時の国家目標だったと理解される。このように国民国家を形成し帝国主義的拡大の過程で、「少年老い易く」の漢詩は、当時の文部官僚が特に中等教育で人びと特に落ちぶれ士族の子弟や地方の旧庄屋などの旧来の支配的勢力によびかけたイデオロギーだと理解出来ないか。また福澤諭吉の『学問の勧め』の路線にも合致するし初代文部大臣森有礼の方向性とも合致するのではないか。だから上記の漢詩は当時の文部官僚が内外の情勢に合致するように当時の(中等)学校教育に取り込み人口に膾炙するようになったと言えないだろうか。

  ⑵ 私自身この分野の「俄か」だし、私自身の研究でない。意見は実証的根拠を欠いている。よって私の主張の当否はなんとも言えない。ただ上記の明治期のイデオロギー(文教)政策の文脈の中で考えることはできるだろうしそれが重要だと思う。実証研究の進展を心から期待している。

(追記)

  この「少年老い易く学成り難し」の由来についてはネット上で検索すると出てくる。上述の様に争いがある。論文資料も付けられるが、著作権上の問題もだが興味ある人はいないだろう。故に出典の明記など細かい検討報告はしない。まあ学部生の期末テスト代わりのレポート程度の出来だろう(笑)。2105文字 。0626/1330

 

 

 

遅れて来たエープリルフールの嘘は何処から何処へ

トランプ大統領日米安保条約を破棄したいそうだ。なぜなら日本が良い思いしすぎだからだという。

★日本政府はその報道を否定するのに躍起になっている。

 

www.bloomberg.co.jp

jp.reuters.com

『安保破棄発言の報道、米大統領から相いれない立場と確認=菅官房長官

 

★あのオトコは昨日もFRBを攻撃したりイランなどの中東、あちこち戦闘行動に出ている。日米の帝国主義者を孤立させ民衆の世界を作る -j。上記言動もその一環だ。国際的な紛争国内的な紛争闘争をツイッターで片付けようとして政治天才になろうとしている!(笑)。日経平均なんか、先物で平気で動かせる。選挙前に色々動かしている。脅しが得意だ。さて日本政府独占資本のお手並み拝見。

 

 ★この本は《面白い》🤣。紹介感謝。

『軍事力と現代外交』ゴードン、クレイグ その2 - うちゅうてきなとりで

『軍事力と現代外交』ゴードン、クレイグ その3 - うちゅうてきなとりで

 

《即位・礼正殿の儀 》「陛下、高御座からお言葉、首相が万歳三唱」

浩宮お天チャン関係で面白い¿記事が載っていた。こりゃ隅から隅まで【面白い🤣]!

時事通信6/20配信の記事だ。ひとまず採録し後でコメントをつけよう。

論点は多い。憲法論から切るのが穏当なんだろうが、それだけじゃ面白味ない。政治的に言っても詰まらん。さてさてコイツをどう料理しようか?

「政府は20日午後、皇位継承に関する式典委員会(委員長・安倍晋三首相)の第6回会合を首相官邸で開き、天皇陛下の即位を内外に宣言する10月22日の「即位礼正殿の儀」などの概要を決定した。平成の代替わりを踏襲し、皇居・宮殿「松の間」に運んだ玉座「高御座(たかみくら)」に陛下が立たれ、お言葉を述べる。これを受け、首相が祝意を示し、陛下に対して万歳を三唱する。
 即位礼正殿の儀は一連の即位関連儀式の中心で、午後1時から始まり、約30分間を予定。天皇、皇后両陛下は伝統装束に身を包み、皇后さまは高御座の隣に設置される「御帳台(みちょうだい)」に上る。皇位の証しとされる剣と璽=勾玉(まがたま)=、国璽(国の印)、御璽(天皇の印)は高御座に置かれる。内外の代表約2500人の参列者が見守り、即位を祝福する。
 宮殿の中庭には旗などの装飾品を配置し、太刀や弓などを手にした和装の職員らが並ぶ。皇宮護衛官による儀仗(ぎじょう)、万歳三唱に合わせた自衛隊礼砲も実施する。」

 

アホくさ。

切り捨てご免だ!犬よりも軽し命かな。

消費税増税前の駆け込みか。いいタイミング、奴らからはな。

以下参照されたい。

pikoameds.hatenablog.com

じゃ。

(おまけ)0622 1133

★随分可愛らしい?(笑)方言ですね。そっちの方は。

軍事史の確認をしてたら、脇に逸れて池田理代子さんのマンガ『エロイカ』(内容はフランス革命とナポレオンの物語)にハマってしまいました(笑)。ところで作者池田理代子さんは再々再婚したらしい。前の相手は日銀の偉いさんで大和総研の副理事長。嫌な奴と結婚する~よ思ってたら(こういう風にグルグル支配層は回ってるくさ)、別れて25歳下の有名な声楽家と再々再婚らしい。ナポレオンの妻ジョゼフィーヌみたいだ。スゲくさ。これでいいのですか?(笑)。くさを使うために文を捏ねくり引っ張ってみた(笑)

日記 6/19(加筆)

こんにちは。

数日前、山頭火の句、二句、贈って下さった方がいらっしゃいました。

ありがとうございます。気がついていたのですが、返歌差し上げようと思っているうちに日が経ち削除されていましたね。マアいいやと思っていたのですが、一言だけ、申しあげておくと拝読致しました。ありがとう。ただ僕はそんなに気負って独自路線行ってるわけやないんよね~(笑)。ま、面倒だから日記を書くのも、人と口きくのも。そんだけ。ではでは。お元気でお過ごし下さい。うーむ、今日は湿気っぽいね。かえるは、湿気っぽいのは苦手。でも外は静か。

そう言えばあまり出かけないので、バッテリーが上がっちゃって、困った。隣のウチの車🚗借りてバッテリーを入れたよ。ウチは車無いとコンビニにも行けないんだ。マア、行く気になりゃ、歩って30~40分かけりゃいけるけど(片道)。チョイとかなわんな。

前グルホ運営者の頃、おばあちゃんたちが車なしで、貫前への初詣の⛩話、よくしてたけどね。

それから、ついで。アホなオンナ、三浦だけどサぁ。14歳の頃の強姦被害者が自己責任論者として再生正当化するに至る物語を書いたらしい。バカ相手に突っ込み入れる時間ないけどね。先週ヤフーの本紹介のインタビューが載っていた。その記事の下のコメント欄に色々みんなが書いてあった。コイツを気にしてる人結構多いんだね。ま、奴とヤツラの思うツボかな(笑)。それにバカの思想形成について言ってもシャ−ない(笑)。  

ただね、犯罪被害者、従軍慰安婦たちや、日本のパンパンの《自発的》売春婦の物語に対して自己責任論者はどう対応するのかしらん?自己責任、自己決定という現代帝国の下での個人主義イデオロギーの亜流のお方は何を想うぞ。そのインタビューでは「社会化する」のは適切でない旨の趣旨の発言をしていた。それと夫の「責任と因果性は別だ」という趣旨の言葉に興味をひかれた。これぞ東大法学の論理=官僚法学の論理やねん!これを東大話法と言う。そう言えば、司法試験制度改正がされた。官僚システムが東大の文一の凋落や官僚の人手資質不足で焦ってる。東大法学部(文一)の入試「序列」も今年あたりから「文二」に負けてるし。この点(東大入試状況等)と今の支配勢力の官僚養成システムと合わせて誰か書いた方がいいかも。ま、俺の仕事じゃないからいいか。オレ言っても影響力ないし。仕方ないね。苦笑して自分のことをしながら観ている。じゃあね、また。今日はざっとこれでお終い。(1250)。(684文字)一部加筆しました。(896字) 6/20 1040。そう、3句。あとあのアドレス、お知らせはスクショで撮ってあります。最初のお知らせ(Hさんのお知らせを含んだヤツも)。次のも。ただご迷惑をおかけするとマズイので申し込みを躊躇しております。以前ブログでご紹介が書かれていたので一度コンタクトを取ったことがありましたが考えた挙句そのままになっております。

では(^^)/1035字。とりあえずさいなら(笑)。〈有難し〉ありがとう。1208文字。

テレビのテロップから

残ったものはスタッフが食べさせて頂きました

   テレビを見ていたらこういうテロップが流されていました。(笑)

   天皇皇后、ウ、アイツら浩宮と雅子じゃん、それとトランプ。ヤツらが食らった後にご馳走(支配層相互の日米友好とやら)が残されました、とさ。それはオレらへの残飯だがね。

  浩宮は「我が国は1854年日米和親条約以来、貴国と友好関係を結んできました」と仰ったそうです。天皇皇后両陛下のおことばなど - 宮内庁

  1854年日米和親条約不平等条約だったのをお忘れですか?

  マア、お前らに平等、不平等という概念はないかな。

  そして戦闘機でもなんでもこうて(買って)下さい。選挙終わったらまた軍事=貿易不平等条約結んで下さい。

  それと雅子(=浩宮)あげしてるバカが多い。バカウヨは🙆‍♂️いいんだよ。

  天皇さま上皇さまあげしてりゃいいよ。それ、安倍晋三自民党公明党維新アゲだよね!ネトウならいいけど、天皇エライって最近サイレント転向したお方たち、どんな気持ちですかね(笑)。

  

 トランプの警備と報道でとても忙しいから、殺傷事件(殺傷後自殺)は無視だな。

…………………………………………………………………

浩宮の「お言葉」抄

「この度、アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ閣下が、令夫人と共に、我が国を再び御訪問になりましたことを心から歓迎いたします。

特に、私が皇位を継承してから最初の国賓として、今宵、大統領御夫妻を晩餐会の席にお迎えすることができ、嬉しく思います。

我が国が、鎖国を終えて国際社会に足を踏み出したのは、今から百六十五年前の一八五四年に、貴国との間で日米和親条約を締結したことに始まります。それ以来、日米両国とその国民は、様々な困難を乗り越え、相互理解と信頼を育み、今や太平洋を隔てて接する極めて親しい隣国として、強い友情の絆で結ばれております。」

日米和親条約第9条   米国に片務的最恵国待遇を与える。

 …………………………………………………………………‥

佐藤浩市さんと『空母いぶき』

  『空母いぶき』という映画が近く公開されます。

    この映画に佐藤浩市さん(58歳)が首相役で出演しています。

    佐藤浩市さんは、その映画の中で演じた首相役についてインタビューでこうで語ったそうです。

 「最初は絶対やりたくないと思いました(笑い)。体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代にある」。だから映画化に際して、首相像を「ストレスに弱く、すぐにおなかを下す設定にしてもらった」。

    安倍晋三首相がストレスで大腸炎になり下痢していたことを指しているのだと思います。

    首相が軍国主義的に強気で反中の姿勢を見せるのに対して、不快な気持ちを表したものでしょうか。

  これに対して百田尚樹氏(63)が、「三流役者が、えらそうに!人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者」などとツイート。

  バトル発生と話題になっているそうです。

  かわぐちかいじ原作の漫画自体と映画化に私自身は言いたいことがたくさんありますし軍国主義帝国主義イデオロギーを撒き散らすという疑義があるので、百田尚樹の意見をブログで取りあげること自体、小学館百田尚樹ら「体制側」の思うツボなんですが……………。

  マアそれでもいいでしょう。現実にあるものを見なけりゃ綺麗という訳にはいかないでしょうから。

…………………………

なお、佐藤浩市さんは以下のように言っています。参考まで。

◆この映画からどのようなものを受け取ってもらいたいですか。

僕はいつも言うんだけど、日本は常に「戦後」でなければいけないんです。
戦争を起こしたという間違いは取り返しがつかない、だけど戦後であることは絶対に守っていかなきゃいけない。
それに近いニュアンスのことを劇中でも言わせてもらっていますが、そういうことだと僕は思うんです。
専守防衛とは一体どういうものなのか、日本という島国が、これから先も明確な意思を提示しながらどうやって生きていかなきゃいけないのかを、 ひとりひとりに考えていただきたいなと思います。

   とても真っ当な意見だと私は思います。この意見自体、百田らは気に入らないのでしょう。この意見表明に対して、百田らは尖閣の対立を参院選の前に煽り排外主義を増長させ大衆扇動のキッカケにしたいだけだと考えます。
………………………………

………………………………………

(参考)

「本作発表前、中華人民共和国(以下中国)の台頭にともない、特に2010年の尖閣諸島中国漁船衝突事件や、散発的に発生する尖閣諸島中国船領海侵犯事件を念頭に、日中関係の中で離島防衛および奪還作戦の可能性が現実味を帯びていた。また、2012年に政権交代により誕生した第2次安倍内閣は平和安全法制の制定を目指し、国会での議論が行われていた。そのような時代背景の中で発表された本作は、『沈黙の艦隊』『ジパング』で知られるかわぐちかいじの得意とする軍事作品であるが、彼がかつて発表した作品の中でも、より現実的かつ具体性に富んだものとなっている。」(以上wiki の紹介より)

 

 (参考)0519/16:01

vergil.hateblo.jp

上の読む・考える・書くさんのブログに投稿させて頂きましたので下記参照下さい。

f:id:pikoameds:20190520215136j:image