『三浦瑠麗』的なもの~現代帝国主義の生んだ隠れた鬼っ子、ファシスト、《政軍関係》「論」の論者

三浦瑠麗は『はてなブログ』でブログを書いている。私が『はてな』で初めて三浦のブログを見たときはそこに読者登録をしているのは約270人位だったが、今年4月ころには確か2,700人位に膨れ上がっていた。今は知らない。

最近では、彼女は今年4月から讀賣新聞で日曜日ごとに掲載される「読書」欄の評者になっている。今年の春頃、讀賣新聞の「家庭欄」にも自分の経歴について喋りまくっていた。またテレビ朝日、つまり朝日新聞系列のテレビ番組にもよく登場している。

また三浦瑠麗は、産経新聞社の出す『月刊 正論』にも論稿を寄せているし、創価学会系の雑誌『第三文明』の常連でもある。


三浦瑠麗は『シビリアンの戦争 デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店)という本を出版している。


三浦の問題意識と議論の進め方は《一貫》している。
『シビリアンの戦争』の「序」には、三浦の問題意識と、もって回った東大話法(議論の進め方)が明確に出ている。すなわち

 

「シビリアン(文民)が軍を抑えなければ、軍は暴走し、ときには戦争へと国を引きずっていくだろう。デモクラシーにおいてシビリアンが軍をしっかりコントロールしてさえいれば、攻撃的な戦争を自ら進んで始めることはないーーー 果たしてこの命題は正しいだろうか。」


三浦の問いはこういう『問い』から始まっている。


だがそもそも現代帝国主義においてこの問自体がナンセンスである。そもそも軍人(日本の防衛省統合幕僚長陸上幕僚長をはじめ自衛隊員も含む)が好戦的で、シビリアンが戦争好きでないというテーゼは一体だれが立てたのであろうか。自分で俗流の間違った前提を立てその問いを壊す、間違いだ論断するのは、さぞかし楽しいだろう。なぜならもともと誤った議論の立て方であり、そんなテーゼはどこからでも壊せるからだ。

 

因みに三浦は、前掲自著の「おわりに」で、こういう《泣き》で著書を締めくくっている。
「苦しみを乗り越えることで生み出しうるものの大きさを教えてくれた、亡き娘、珠(たま)に本書を捧げる。              二〇一二年八月 三浦瑠璃」


この三浦瑠麗は決して第二次世界大戦で失われた命、特に日本帝国主義が奪ったアジアの諸民族の人々の命を顧みることはないだろう。その人々とその子孫と人類の哀しみ苦しみ、怒り、恨みを受け止め反省し総括し理論的に実践的に克服する意思は何処にもないだろう。

 

 

私は三浦瑠麗の著書『シビリアンの戦争 デモクラシーが攻撃的になるとき』(岩波書店)を読み、三浦が挙げている文献も一定調査し検討した。その結果、三浦がファシストであり、現代帝国主義の『総力戦』のなかで生み出された、イデオローグであり、大衆扇動の一部を構成するという結論を持っている。

 

三浦瑠麗は現代日本のファシストであり、現代帝国主義の中で飼育されたイデオローグ、一種のスターシステムに乗っかった女性《研究者》もどき=《煽動者》、だとずっと考えている。


現代帝国主義のイデオローグの特徴として「反人民的」「反民衆的」、とても暴力的なのにカモフラージュ(演技)するのが巧妙だ言える。

 

私に言わせると、こんなファシスト(現代資本主義におけるブルジョア独裁の抑圧的形態を積極支持・運営・中枢にある人たち)の言説がまかり通るのは、ただただ《現代》がおかしくなっている証拠の一つに過ぎない。そしてこれらがまかり通ってしまうのは、われわれの力量不足なだけだ。

私自身、《政軍関係》を見ている。この論者とこの論者の背景にある「もの」=帝国主義ファシズムを含め、かつ抑圧的でブルジョア民主主義のシステム自体を崩壊させ、一部(独占)資本家が支配を強化、搾取・収奪の強化を図り実現している現実を具体的に暴きだす必要があると確信している。

 

なお、三浦瑠麗の「師」、「リベラル」な顔をした藤原帰一東京大学教授・東洋経済の賞受賞者は一体何モノだろうか?
また日本国家主義者、自民党のネトサポの諸君から云わせれば、テレ朝、TBSは「左翼」だそうだが、そんな「左翼」の中で宣伝戦の一翼を担わせている朝日新聞、テレ朝、現在のマスメディアもタイガイだろう。

 

 

f:id:pikoameds:20170814184319j:image

三浦瑠麗『シビリアンの戦争』「序」より

f:id:pikoameds:20170823170807j:image

f:id:pikoameds:20170823170816j:image

三浦瑠麗子『シビリアンの戦争』「おわりに」より引用

上の三浦の著書の「おわりに」からも三浦が《彼ら》のスターシステムに乗っかり「研究」をし活動し、マスコミに乗っかり、朝日新聞船橋洋一・元記者のグループからも「推挙」を受けているであろうことがわかる。勿論、松下財団も金を出している。松下政経塾の「活躍」を民主党で見せられた者としては…………(追記2017/08/23)。

 

 

 ------★------★------★------

本拙稿は昨晩下記ブログに接し、書きました。お礼と共感と連帯を込めて。

hajimetenoblogid.hatenablog.com

以下の挨拶を昨晩送りました。 今後の展開を楽しみにしております。

f:id:pikoameds:20170814184737j:image

 ------★------★------★------★------

 

【参考】にされたい。

blogs.yahoo.co.jp

 

( 2017/08/14記す)

広告を非表示にする

北朝鮮によるグアムへのミサイル発射はあるのか? 【8/13…北朝鮮は冒険主義を止めろ。米帝は核を引け】

【CNN最新記事の紹介】

グアム、日本は北朝鮮のミサイル発射に備えている…という記事だ。

Guam, Japan prepare for possible North Korea missile launch

 

edition.cnn.com

 

ミサイル防衛計画は機能するか?

f:id:pikoameds:20170813215842j:image

 

f:id:pikoameds:20170813215904j:image

 

そして【イムジン河

youtu.be

広告を非表示にする

38 NORTH (8/11の記事)/北朝鮮、ミサイル発射実験の予測記事(2017/07/20 CNN)【それでも言う、朝鮮戦争軍事的解決はない…第5弾】

当方のブログ記事は所詮、後追いでしかない。そして結果的に脅威を煽り軍事的対応を促す支配層に協力することになる。だから7月下旬私のブログは止まった。止めた。だが記録しておく。何が起きていたのか、何が起きるのか?知っておくこと、記録しておくことに意味があるからだ。

そして言っておく。

北朝鮮米帝に……。軍事的対応は止めろ。

北朝鮮は新浦での潜水艦活動を止めろ。

米帝も潜水艦航行を止めろ。

日帝支配層も直ちに米帝の支配層に協力して軍事的協力・対応するのは止めろ。もう一度朝鮮戦争の儲けが欲しいか?

日本民衆・人民は戦争阻止政策を明らかにしよう‼︎

 ------★------★

7月下旬、北朝鮮は新発射実験を準備していると米国情報機関の関係者の発表を基に、CNNが報道した。

jp.sputniknews.com

edition.cnn.com

 ------★------★

 

最新の【38 NORTH】【38ノース】を見ると状況は危険だ。

f:id:pikoameds:20170813095012j:image

最早北朝鮮は止まらないのか?

米帝支配層の動きは?どうするか?

f:id:pikoameds:20170813094941j:image

f:id:pikoameds:20170813094954j:image

www.38north.org

------★------★

Sinpo - Wikipedia

 f:id:pikoameds:20170813200329j:image

 

f:id:pikoameds:20170813095514j:image

 ------★------★

 

〈北朝鮮ミサイル問題〉38NORTHというサイトを見るのが早い!(2016/2/6記) 

「海自、米空母と共同訓練 護衛艦2隻、北朝鮮への抑止効果は望み薄」(日経電子版2017/4/24) - 

《追記おまけ》産経新聞は【38ノース】を使って戦争を煽っている。

広告を非表示にする

メルケル・ドイツ首相、「米国と北朝鮮に対して軍事的解決、反対」を表明!【 米帝、北朝鮮共に兵を引け、核を引け、第4弾】

ドイツのメルケル首相は、北朝鮮問題について「軍事的解決はありえない」と述べている。

下の「New York Times」、毎日新聞参照されたい。

当然だが、正論だ。

もともと第2次世界大戦の戦後秩序形成の中で朝鮮戦争が1950年に始まり、1953年から休戦状態が続いている。その中で、米帝が世界支配を強化することに対して、生き残りをかける北朝鮮の動きを一方的に非難できない。

 

北朝鮮米帝支配に抵抗対抗する〈一定の〉『理』(道理)はある。また、グアムの軍事基地を狙うという主張は国家主義的対応としてはひとつの見解だ。

 

しかし、今日の核時代において核兵器、核運搬ミサイルでの襲撃恫喝に未来はない。これは最早明らかになっている。

北朝鮮国際主義と自国人民・民衆の利益擁護を第一にしろ。北朝鮮民衆は立て。喰えないのは同じだ。

日本民衆は集団的自衛権の幻に巻き込まれるな。

これが『理』であり、民衆・人民の『利』だ。

 

双方とも兵引け。

特に米帝はグアム、沖縄、横田から手を引け。

f:id:pikoameds:20170812133223j:image

ドイツ・メルケル首相 

(メルケル氏は強力な対米関係確信、相違に正々堂々と意見=報道官 | ロイターから)

 

 ------★------★------★

www.nytimes.com

 

mainichi.jp

ロシア外相「より賢い方が先に危機回避の一歩」と沈静化促す
 米国と北朝鮮の間で続く軍事攻撃を示唆する威嚇の応酬を巡り、ドイツのメルケル首相は11日、「米国と北朝鮮の対立に軍事的な解決策はない」と述べた。ロイター通信が伝えた。両国の緊張の高まりを懸念して声を上げたとみられる。メルケル氏はまた、国連安全保障理事会の他、米国や中国など関係国の緊密な協力が必要と指摘し「ドイツは軍事的でない解決策に積極的に関与する」と述べた。

 一方、ロシアのラブロフ外相も同日、「軍事紛争の危機が高まっている」と懸念を表明。ロイター通信によると「より強く、より賢い方が先に危機を回避するための一歩を踏み出すべきだ」と沈静化を促した。また、両国に対し、中国とロシアが模索する、北朝鮮がミサイル発射実験を凍結して米韓が大規模な軍事演習を一時停止するという案に賛同するよう求めた。【武内彩】

広告を非表示にする

米国防長官マティスの発言が強硬になっている!【本日第3弾】

マティスは「狂犬」と云われていたが、国防長官に就任後暫く冷静な判断、反応を示していた。

しかし、米国防長官マティスは、北朝鮮問題で急激に強硬になってきていると思われる。

警戒せよ。ただ抑止力論から、三味線とも言えるか?

こればかりは分からない。しかし【抑圧】の継続であることは間違いない。

BBCニュースから】

www.bbc.com

 f:id:pikoameds:20170812011408j:image

以下はガーディアン紙より

f:id:pikoameds:20170811213913j:image

【ニューズウイーク記事】

www.newsweekjapan.jp

米国のマティス国防長官は9日、北朝鮮は「体制の終焉」につながるいかなる行動も中止し、核兵器の追求を放棄する必要があるとの考えを示した。

トランプ米大統領は前日、北朝鮮が米国をこれ以上脅かせば「世界がこれまで目にしたことのないような炎と怒りに直面することになる」と同国をけん制しており、マティス長官の発言はこれに続く警告となる。

トランプ大統領の発言を受け、北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)はこの日、同国が中長距離弾道ミサイル「火星12」を米領グアム周辺に向けて発射する作戦を「慎重に検討」していると伝えている。

マティス長官は声明で「北朝鮮は孤立をやめ、核兵器の追求を放棄することを選ぶ必要がある」とし、「北朝鮮は体制の終焉、および自国民の破滅につながるようないかなる行動の検討もやめる必要がある」とした。

そのうえで、米国は北朝鮮が示す行動と同様の行動をとるとし、北朝鮮は自国が仕掛けた軍拡競争や紛争で敗北を喫することになると警告。米国務省は外交努力を進めているとしながらも、米国、およびその同盟国は「世界で最も正確で堅固な防衛・攻撃能力を有している」とした。

マティス長官はこれまで、米国は北朝鮮に対応できるがいかなる軍事的な解決法も想像を絶する悲劇につながると発言。今回示した見解は同長官がこれまで北朝鮮に対して示した見解と比べて強硬なものとなる。

トランプ大統領はこの日、前日の「炎と怒り」発言に補足する格好で、「私が米大統領として一番に下した命令は、米国の核兵器備蓄の刷新および近代化だった。(米国の核能力は)かつてないほどに増強された」とツイッターに投稿。「この威力を使う必要がないことを願うが、米国が世界最強の国でなくなる時は決して来ない!」と強調した。

トランプ大統領がツイッターでつぶやく前、ティラーソン米国務長官は、大統領の前日のレトリックによる影響の軽減に努めた。

ティラーソン長官はグアム入りを前に記者団に対し、「大統領は金正恩キム・ジョンウン)委員長が理解する言葉で強いメッセージを送ろうとしている。彼は外交的な言語を理解するようには見えないからだ」と語った。

 

 

 

広告を非表示にする

おまえらが勝手に戦争を起こして、人類を絶滅させるな❗️朝鮮半島の危機を煽るな!【第2弾】

おまえらが勝手に戦争を起こして、人類を絶滅させるな‼︎

朝鮮半島の危機を高めるな、利用するな❗️

f:id:pikoameds:20170811133435j:image

Trump says 'fire and fury' warning 'not tough enough' - BBC News

今日の第1弾はこちら⬇︎です。


 

 

 

 

 

 

 

youtu.be

 

 

youtu.be

youtu.be

広告を非表示にする

北朝鮮も大概にしろ。だがそれ以上に米帝は核戦争を煽るな‼︎ 日本政府は戦争阻止政策を採れ!【第1弾】

P・J・ クローリー元米国務次官補の発言記事。

 PJ Crowley is a former US Assistant Secretary of State and author of Red Line: America Foreign Policy in a Time of Fractured Politics and Failing States.

英国のBBCの記事の紹介です。有用ですので、お読み下さい。

www.bbc.com

はこちら⬇︎です。

寄稿】北朝鮮危機  「炎と激怒」の後はどこへ行くのか
8/10(木) 15:18配信 BBC News


 f:id:pikoameds:20170811101252j:image

(BBCの記事から)

 

当ブログは暫く(無期)休止する予定でしたが、北朝鮮米帝の核戦争恫喝のため、検索から流入が一定ありますし、北朝鮮米帝の戦争状態を放置できないので、自分なりにこの事態に対して「発言」します。

日本政府は危機を煽るな。

日米安保条約の双務化反対!

米帝の危機煽り作戦反対!

北朝鮮の民衆を擁護する。

北朝鮮独裁体制は民族民衆の手で新体制に作り直される。

 

グアムには米軍基地が存在し、そこから中国、北朝鮮ソ連(ロシア)をにらみ、横田基地那覇・沖縄の基地はその一環で存在している。

私はその現状を維持放置できない!

嫌だ。止めろ支配抑圧の継続は!

やめさせよう。彼らの支配を! 

以上8月9日の所感です。

では、また。みなさんお元気で。

(ご迷惑になるといけないので、みなさんの処にスターマークはつけませんが、悪しからず。) 8月11日朝、記。

《おまけ》オモシロイなー、このタイミングで読者登録を消してくる。僕も時々やるから、イイけどね♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

(*☻-☻*)。じゃ、またね〜笑(╹◡╹)笑…ばい。

 

 

 

pikoameds.hatenablog.com

【おまけ2】

f:id:pikoameds:20170811121536j:image

 

広告を非表示にする