2015-11-17から1日間の記事一覧

徴兵制と稲田朋美自民党政調会長

女性自身(11月3日号より)昭和51、52年の頃、日本学生同盟という右翼民族派の学生の団体があるのを知りました。その人達は、ヤルタ・ポツダム体制打破を唱えていました。つまり第ニ次大戦後の仕組みの打倒を目指していました。日本国憲法「改正」を主張してい…

網タイツとピンヒールと伊達メガネで日本国憲法改正へ〈稲田朋美自民党政調会長〉

自民党政調会長稲田朋美氏は、自民党の機関紙「自由民主」(2015年10月27日)で、今後の政策の柱を述べています。その中で、「終戦後のGHQによる占領政策で失われた日本らしさを取り戻すこと。教育基本法の改正、平和安全法制に続き、「憲法改正」も当然として…