教科書問題/思想統制

教科書会社批判から教育委員会非難・解体に移った安倍政権・自民党(読売新聞3/6)

読売新聞は御用新聞、または、「官報」と呼ばれています。読売新聞を読めば、政府・自民党の主張したいこと、「政策」の方向性がわかります。なぜなら、読売は政権・自民党の主張、情報を中心に「記事」(商品)を作っているからです。私は安倍政権・自民党の…

〈新・教科書問題〉教科書謝礼問題は、ブーメランだった。

読売新聞や産経新聞は、「教科書謝礼問題」について、今年の正月から取り上げてきました。僕は、この「問題」は、教科書会社の営業活動を問題にしているように見えるが、思想統制の新形式、新バージョンと捉えるべきで、これに対して反撃を加えるべきだ、と…

もう一度、組み体操を取り上げます。

組み体操の危険性について、ぼくの乏しい経験も踏まえて、2月6日のぼくのブログでも、取り上げました。👉 ぼくの2/6の記事です。 http://pikoameds.hatenablog.com/entry/2016/02/06/133144今度は文部大臣、産経新聞が、「やんわり」反撃ですか。👉 産経ニュース…

「従軍慰安婦戦」(『正論』2016年3月号)

けさの新聞広告で《「慰安婦」戦 》という言葉を初めて知りました。こんな言葉があったのかと驚きました。もう一方で、やっぱりと思いました。 👇ここです‼️《「慰安婦」戦》‼️『正論』3月号の広告 (読売新聞2/1より)✳️ ✳️ ✳️彼らは戦争をしていたのです。彼ら…

《教科書謝礼問題》「脱ゆとり」教科書刷新時、営業過熱で謝礼集中 (2016年1月23日読売新聞)

読売新聞が、今日も、教科書謝礼問題について、一面トップで報じている。まず、この【問題】の読売新聞の「ネーミング自体」が微妙に変わってきていることに注目したい。まず、初めは【教科書謝礼問題】➡︎【教科書問題】➡︎【教科書会社の謝礼問題】。広げた…

《教科書謝礼問題》今度は三省堂がやり玉にあげられた‼️(1月21日(木)読売新聞)

読売新聞が、いわゆる教科書謝礼問題について取りあげている(1月21日一面)。今度はまた、三省堂が槍玉にあげられた。そして、前は、読売新聞の見出しは、「教科書謝礼問題」だったものが、「教科書問題」に格上げだ。✳️この問題は、何回も言うが、不公平な…

《教科書謝礼問題》新たな教科書採用過程への国家介入、児童生徒への思想統制

教科書謝礼問題について、東京書籍も謝礼を支払っていた、というニュースが出ている。https://ten.tokyo-shoseki.co.jp/text/shou/shakai/この〈教科書謝礼問題〉については、何回か、取り上げている。この問題の本質は、国家による教育統制の深化だと捉える…

《教科書謝礼問題》公平な営業活動の確保という名目で教科書選定に介入、思想統制

「教科書謝礼問題」が今朝の新聞で取り上げらていた。この問題は、一見すると教科書会社と一部の校長らと「癒着」の問題のように見える。「不公正」な取り扱い・営業活動が教科書採択現場でなされているかのような印象を受ける。したがって文部省によって「…

《教科書謝礼問題》子どもへの思想統制の強化がねらい(読売新聞2016・1・1一面トップ)

三省堂に引き続き、教研出版の教科書選定での謝礼「問題」が出ています。この問題を、読売新聞がこのタイミング出しています。国政選挙の選挙権、憲法改正投票権が18歳に引き下げられます。若い世代を「憲法改正賛成」に取り込み。教科書からいきますか。そ…