〈日本国憲法改正を推進する稲田朋美・自民党政調会長〉感動するもの


かなり言葉の勇ましい方です(^。^)。

ご主人稲田龍示弁護士が(右翼の)「民族派」のであるというのですから、「ポツダム体制打破」とかを唱えるのでしょうね〜 ~_~;。

そのような方たちのキャッチフレーズは、『自主憲法制定』です。

ただ中身があるとはとても思えませんが。~_~;

f:id:pikoameds:20151115043755j:image  f:id:pikoameds:20151115043826j:image

こんな稲田ともみさんが感動するもの。

稲田朋美さんは自分を「福井のおっかさんだ」と言っています。

そのおっかさんが感動しているのは何か?

「誰一人だらしない髪型、茶髪、妙に短いスカートはいている子がいない」そういう福井。

そういったものを日本全体に広げたい。


「福井のおっかさん達はは夫婦別姓を望んでいない。夫婦別姓運動は正しく一部の革新的左翼運動、秩序破壊運動に利用されています。」


「あなたが外国で生まれたとしてもしその国が日本と戦争することになったらあなたはどちらの国に忠誠を誓うのか。」
「国の統治行為に参画する資格の有無はその国の運命を共にする覚悟あるものがその経営に参加できる。」

結局、稲田朋美さんは、多様性、自発性、自由と言う価値観が大嫌い~_~;。

僕も戦前のことは知りません、

同じく戦前のことを知らない稲田朋美さんは、幸せとか、幸福とか、嫌いみたいですね〜(*^^*)

f:id:pikoameds:20151115044306j:image
小林よしのり希望の国  日本』より。(稲田朋美さんの写真引用)