日豪軍事協力の現状 。日本自衛隊とオーストラリア軍・米海軍との関係(12月1日読売新聞より)。

「日豪軍事同盟」に関する、今日の読売新聞の記事を貼っておきます。
タイトル: 「潜水艦開発計画 豪に提出」
(私のコメントは、11月24日の記事を参照してください。)

(以下引用)
防衛省は、30日オーストラリア海軍 が採用する次期潜水艦について、海上自衛隊の最新鋭潜水 「そうりゅう型」を ベースに共同開発するとしたプランをオーストラリア政府に提出した。 
オーストラリア政府は、来年中に日本、フランス、ドイツの3か国の中から潜水艦の共同開発国を選定する予定だ。 
そうりゅう型は、原子力を使わない通常動力型では 世界最大級 〈基準排水約3000トン)。 
航続距離の長さなどで世界トップの技術水準。 
計画書では、 潜水艦の武器システムは米国製を採用する案となっており、受注に成功すれば、「曰・米・豪の共同開発」 が実現する。
(以上、読売新聞12月1日)

「そうりゅう型潜水艦」(海上自衛隊)
f:id:pikoameds:20151201141131j:image


参考: 防衛省発表文書
f:id:pikoameds:20151201150824p:image
f:id:pikoameds:20151201150833p:image
f:id:pikoameds:20151201150853p:image

読売新聞=防衛省発表文書の短縮版。
読売新聞記者は、仕事してるの?
コピペが仕事ですか?