「ロシアスパイ事件」: 「ロシアスパイ事件」に「関与」したとされる渡部博幸・富士学校長(陸将)の経歴について。

(引用:以下、富士学校HP )
第41代富士学校長経歴
氏 名 (年令)
渡部 博幸 〈わたべ ひろゆき) (5 7歳)
出身地
学歴等
國學院大學 (法学部)
陸上自衛隊生徒 19期
主要補職等
昭和48年  3月 陸上自衛隊入隊 (生徒19期生)
                       卒業後陸曹と して部隊勤務
       59年  9月 第1混成群                                                【那   覇】
       62年  7 月 第 1混成団                                              【那   覇】
 平成 1年  8月 第3 3普通科連隊                                      【久   居】
         3年  3月 幹部候補生学校区隊長                             【前川原】
         4年  8月 幹部学校付                                               【市ケ谷
         6年  8月 東北方面総監部防衛部訓練課訓練幹部    【仙   台】
         9年  3月 第 3 2普通科連隊中隊長                           【市ケ谷
       10年  6月 米陸軍指揮幕僚大学指揮幕僚課程
       11年  8月 陸上幕僚監部防衛部防衛課防衛班           【市ケ谷
       15年  3月 第8普通科連隊長兼ねて米子駐屯地司令  【米 子】
       16年  8月 陸上幕僚監部防衛部情報通信・研究課研究班長
                                                                                        【市ヶ谷】
       18年  8月 陸上幕僚監部防衛部防衛課防衛調整官    【市ヶ谷】
       20年 3月 研究本部主任研究開発官                          【朝 霞】
       20年 8月 東部方面総監部防衛部長                          【朝 霞】
       22年 3月 北部方面総監部幕僚副長                          【札 幌】
       24年 3月 富士学校普通科部長                                 【富 士】
       26年 8月 第11旅団長                                                【真駒内
       27年 8月 富士学校長                                                【富 士】
(引用終わり)

f:id:pikoameds:20151205152736j:image

ここで、書きたいこと。
 1 . 結局トカゲの尻尾切り。何らかの意図。
 2. 15歳で自衛隊に。自衛隊の中のエリート。「意識高い系」。でも、チョットオタク。
⒊泉東部方面総監との接点。
⒋泉元総監の個人的資質に矮小化が始まった。
    産経新聞
    読売新聞
     朝日新聞
     週刊朝日


渡部陸将の経歴を見るととても面白いことがわかります。

まずなんと言っても、少年工科学校から最終的に陸将(将官)になっていること、です。
この方は、生徒19期生で陸上自衛隊に入隊しています。
つまり防衛大学校防大)を出ていないのです。しかし、 幹部養成コースに入り(平成4年8月幹部学校付き)、普通科連隊中隊長を経ています。こういうルートで幹部になってきた。

現在57歳ということですから、おそらく昭和33年( 1958年)生まれ。
昭和48年3月陸上自衛隊生徒 19期で陸上自衛隊入隊。つまり中学校卒業後 15歳で自衛隊に入っているいます。
陸上自衛隊生徒になり、つまり自衛隊員になり、その後、國學院大学法学部卒。

陸上自衛隊生徒に対しては防大に行かせるルートもありますが、将来の自衛隊(軍)の幹部として、一般社会の常識を備えさせるという趣旨から、一般大学に進学させることが勧められているようです。
陸上自衛隊生徒」とは、俗にいわゆる「少年自衛官」です。将来、3尉以上の幹部になり、中には、1佐以上の高級幹部になる者もいる。渡部陸将はその中の1人です。


陸上自衛隊少年工科学校

今は、陸上自衛隊少年工科学校はありません。
ここになってます。陸上自衛隊高等工科学校です。HPは以下。

この陸上自衛隊生徒になる人は、父親が旧軍関係者、自衛隊関係者、周りに自衛隊関係者がいる人、あるいは昔のように……。この方の年齢からすると、父親が旧軍、陸軍士官学校出身とか、いろいろ考えられそうです。しかしこの点の取材をしていませんので、詳細は分かりません。

その後、沖縄・那覇や東北方面・仙台などの勤務。
それから、「バク」と呼ばれる、陸幕・市ヶ谷の勤務を経て、平成4年8月「幹部学校付き」になっています。多分この2年間、CGSに行っているのか?
裏付けを確認してませんが情報として書いておきます。

陸上自衛隊幹部学校と言う制度があります。昔の陸軍大学(陸大)。
この中に「指揮幕僚過程」というのが、あります。
CGS(シー・ジー・エス)。
上級指揮官・幕僚に求められる戦略的戦術的知識及び技能、求められる戦略的・戦術的知識及び技能と師団規模の部隊運用に必要な統率力・判断力の獲得を目的としている。教育教育機関は90週(約2年)。陸上自衛隊幹部自衛官教育過程の中で最も長期に及ぶ。


その後、「10年 6月 米陸軍指揮幕僚大学指揮幕僚課程」。

陸自の中では、エリートです。
そして、米軍と共同訓練の指揮官、などをしていたはずです。(ウラはとってません。悪しからず)。

(一度ここで切ります。)