「軍の能力向上支援で合意 日本とインドネシア、初2+2」(12月18日朝日新聞)

今度はインドネシア外相、「防衛」大臣の2プラス2協議。
先日のインドとの間の核不拡散条約の破壊に続き、侵略的、覇権主義的傾向が拡大する日本政府。
(なお核不拡散条約破壊は、米国政府に追随)

f:id:pikoameds:20151218103437j:image

f:id:pikoameds:20151218103454j:image

日本外務省発表  外相会談
f:id:pikoameds:20151218094808j:image




f:id:pikoameds:20151218103550j:image


f:id:pikoameds:20151218103534j:image

2015年12月17日、中谷防衛大臣は、日インドネシア外務・防衛閣僚会合への出席のために来日中のリャミザルド国防大臣との間で防衛相会談を行い、引き続いて昼食会を主催したところ、概要以下のとおり。

1.会談冒頭
中谷防衛大臣から、ASEAN諸国との間で初となる外務・防衛閣僚会合をインドネシアと開催することは、インドネシアが我が国にとって重要な戦略的パートナーであるのみならず、両国間の安全保障・防衛協力が発展の一途をたどっている証左である旨発言。また、共に四方を海に囲まれた海洋国家である日本とインドネシアが特に海洋安全保障の分野において協力を強化することは、地域の平和と安定にとっても重要である旨指摘した。

 これに対し、リャミザルド国防大臣から、中谷防衛大臣の発言に賛同しつつ、共通の課題についての意見交換を定期的に行い、両国の防衛協力・交流を更に緊密に進めていきたい旨述べた。

2.地域情勢
中谷防衛大臣から、南シナ海をめぐる問題はシーレーンの確保という戦略的利益にかかわる問題であるのみならず、「法の支配」や「紛争の平和的解決」という普遍的な原則に関わる問題である旨述べた。両大臣は、南シナ海をめぐる問題は地域の平和と安定に直結しているとの認識を共有するとともに、同問題を対話に基づき解決することの重要性について一致した。また、両大臣は、テロ行為を阻止していくためには、国境をまたいだ協力が不可欠との点で一致した。

3.インドネシア防衛協力・交流
中谷防衛大臣から、ASEANの大国であるインドネシアとの防衛協力の重要性を強調しつつ、来年のインドネシア主催多国間共同訓練「コモド」への参加、海洋安全保障のための能力構築支援や防衛装備・技術協力といった、実質的な協力を進めていきたい旨述べた。両大臣は、具体的な防衛協力・交流を通じて更なる関係強化を図っていくことで一致した。

 また、中谷防衛大臣から、ASEANとの関係強化も重視しているとして、2016年に第2回となる日・ASEAN防衛担当大臣会合を開催したい旨述べたのに対し、リャミザルド国防大臣から、日本の提案を歓迎し、支持する旨述べた。
(以上)