「ロシア・スパイ事件」:「泉・元東部方面総監=防衛省ぐるみでの情報収集失敗で詰め腹切らされた?【警察庁=警視庁公安部、外務省が安倍官邸を巻き込んで国際テロ情報ユニット設置の権力内部での主導権争いが決着したので、泉一成・元総監は起訴猶予で決まり】(12月18日付産経新聞)

「ロシアスパイ事件」で自衛隊法の守秘義務違反にとわれていた元陸上自衛隊東部方面総監の泉一成容疑者が起訴猶予処分になった。
公安の流した情報は、泉はロシア武官(大使館員)に知らないうちに協力者に仕立てあげられた、というもの。
しかし私の見立ては違う。

f:id:pikoameds:20151221115527j:image

陸自(自衛隊)=防衛省ぐるみの計画。=情報戦(インテリジェンス)。

②13年5月の実行行為。今さら、そんな古いことを持ち出し。

③秘匿性ない内部文書。

④これを言い出したのは、今年6月、安保法制の国会審議中。
共産党にいろんな情報が流れていくのを見て、「内局の一部官僚の仕業か」、と睨んだ別の公安グループ(官邸も了解)が、泉をスケープゴートにした。

⑤国際テロユニットの主導権争いで官邸を巻き込む。

⑥泉は気づかないうちに「やらされていた」そうです\(^o^)/笑
そんなバカが将官だと。
「知らないうちに協力者」というキャプションが産経新聞には、ついてます。
ホンマならアホ。
現職だと目立つし、懲戒処分で退職金全部失うもんね。
「宮永スパイ事件」の教訓は生きている‼️
立ち回り方が、うまくなったね〜(-_^)

産経新聞はこんなエラそうな写真を犯罪者のくせに載せてるぜぇ。
どう思う、ウヨクのブログ…………?


まだまだ、権力内部の暗闘は、あるでしょうが……………………………。
今後の展開は、お楽しみ。
相変わらず、自衛隊は「弱い」ね。
権力内部で、なめられてんよ〜(笑)。結局、……………………………。
《国民の自衛隊》になりなさい。


(産経新聞  2015.12.18 20:22)
『元陸将ら7人を起訴猶予 ロシア武官への情報漏洩事件』

 陸上自衛隊の東部方面総監などを歴任した泉一成・元陸将(64)がロシア大使館のセルゲイ・コワリョフ元駐在武官(50)=帰国=に陸自内部の冊子を渡したとされる事件で、東京地検は18日、守秘義務を定めた自衛隊法違反の教唆容疑などで書類送検された泉元陸将や元武官ら7人を、起訴猶予とした。

地検は秘密の漏洩(ろうえい)を認定した上で、「諸般の情状を考慮した」としている。

泉元陸将は平成25年5月、陸自の戦術や部隊運用などを記した冊子「教範」を、元武官に手渡したなどとして書類送検された。泉元陸将は、部下だった現役やOBの自衛官ら5人に依頼して教範を入手したとされ、警視庁公安部は5人も書類送検していた。

 防衛省陸上幕僚監部広報室は「陸上自衛隊としては速やかに調査を行い、あくまで同種事案の再発を防止すべく、適正に対処します」とした。(引用終わり)







参考:
(産経新聞12月4日)
「常套手段”で籠絡、気付かぬうち「協力者」に? 元最高幹部の漏洩容疑に衝撃」

宮永スパイ事件






広告を非表示にする