〈日本のスパイ組織〉公安調査庁⑵採用編

公安調査庁のサイトを見ていたら、おもしろいものがありました。小ネタですが、紹介します。
1,職員採用について、です。
f:id:pikoameds:20151223035518p:image
公安調査庁のパンフレット
http://www.moj.go.jp/psia/kouan_book.html

お仕事は、今でも共産党の監視調査(潜入も)が中心でしょう。「反資本主義」「反天皇制」を主張する団体、ヒト。中国ももちろん対象です。
こんなことを調べるのがお仕事。

2,「勤務時間は1週間当たり38時間45分(週休2日制),休暇は年20日の年次休暇,夏季・結婚などの特別休暇があります。」
3,採用条件
⑴中国語、⑵ロシア語、⑶アラビア語のいずれかができ、各地域の情勢に詳しい人。
(4)次のア及びイの両方又はいずれかの経験を持つ者(これらの経験は通算して5年以上希望
ア 民間企業(民間の研究所や大学などを含む)や国際機関などにおける正規職員としての職務経験があること
イ 海外ボランティアや海外留学などの多様な活動経験があること
(5)大学を卒業。採用予定時期は平成26年10月1日でした。

🌟🌟🌟
公安調査庁の情報収集,分析業務にあなたの民間企業での経験等を活用してみませんか!

              民間企業の経験者等のための中途採用試験の実施について
                ~平成26年度経験者採用試験(係長級(事務))~
・受験資格
    大卒
・採用予定ポスト
  係長級(事務)
・採用予定数
  若干名
・試験種目
  基礎能力試験、経験論文試験、政策課題討議試験、人物試験
・採用時期は基本的に平成27年4月以降

4 研修
当庁は,語学学校等に職員を派遣し業務に必要な能力の開発に努めている。
公安調査庁で、初任者研修、 調査官研修、 中堅調査官研修、 係長級研修、課長補佐級研修、課長級研修。外国語研修(英語をはじめ数か国語)  
各種専門研修(調査業務・分析業務・管理業務)
委託語学学校等   英語を含む業務に関係ある外国語  
5 ポスト
公安調査官
主任調査官
上席調査官
統括調査官
首席調査官