日本海上自衛隊に対する海上警備行動発令はやめろ!。この命令は戦争行為だ‼️(毎日新聞1月13日)

尖閣に海自派遣も 中国に伝達

 
毎日新聞2016年1月13日 東京朝刊
毎日新聞2016年1月12日 21時20分(最終更新 1月13日 10時32分)
 
 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、沖縄県尖閣諸島周辺の領海に中国軍艦が侵入した場合、海上警備行動を発令して自衛隊の艦船を派遣する可能性があるとの認識を示した。そのうえで、政府が既にこうした方針を中国側に伝達したことを示唆した。
 
 
 政府は、平時に外国軍艦が領海に侵入するようなグレーゾーン事態への対応を強化してきた。昨年5月には、外国軍艦が安全を害しない限り他国の領海を通過できると定めた国際法上の「無害通航」に該当しない場合、海上警備行動を発令して海自を派遣し、退去要求する方針を閣議決定した。
 
 菅氏は会見で「昨年11月に中国海軍の情報収集艦が尖閣諸島周辺を反復航行した際には、外交ルートを通じて関心を表明している」と指摘。中国公船の領海侵入が後を絶たない現状が海上警備行動の発令対象になり得ることを明確に示し、中国側をけん制した。
 
 政府は「尖閣諸島に関する日本の領有権を認めることにつながるため」(防衛省幹部)、中国が無害通航を主張することはないとみて、中国軍艦が尖閣の領海に入った時点で海上警備行動を発令する構えだ。
 
 昨年11月の情報収集艦のケース以外にも、同12月下旬に領海侵入した中国海警局の公船に関しては、防衛省が「機関砲を装備しており、中国海軍のフリゲート艦を改造している」と分析し、警戒を強めている。【村尾哲】
 
【コメント】
この問題については、昨日も、読売新聞を使って発言しました。
全ての政党、平和を望む人たち、さらに財界にも、この緊急性を訴えたい。
経済的にも、大変な事態になる。
 
この海上警備行動発令前に、中国、日本で尖閣問題の仕切りなおし、棚上げを。その上で、懸案解決を。
海上警備行動は、実際は、軍事衝突だ。
 
恫喝と恐怖の闘い、抑止力の恐怖はやめてください。
 
 
細かい検討は、できるだけ早くします。
(2016・1・14  AM5:30)