〈北朝鮮ミサイル問題〉防衛大臣臨時会見…概要 (2/7(日)(12:41~13:07))

自衛隊はPac3使わず」。
イヤ、使えず、使わずに済んで一番ホッとしたのは、自衛隊の統幕ではないでしょうか?

✴️✴️           ✴️✴️              ✴️✴️
以下、防衛大臣臨時会見概要
発表事項
 北朝鮮から発射された「人工衛星」と称するミサイルにつき、現時点において判明していることを発表。
⑴9時31分頃、北朝鮮から南の方向に「人工衛星」と称するミサイルが発射されました。

⑵ 9時39分及び9時41分頃、沖縄県先島諸島の上空を太平洋に向けて通過したものであると推定。

⑶飛翔体は5つに分離。
1つが約500㎞飛翔し、9時37分頃、朝鮮半島の西約150㎞の黄海に落下したものと推定。
2つ目、3つ目が800㎞飛翔しまして、9時39分頃、朝鮮半島南西約250㎞の東シナ海に落下したものと推定。
4つ目が2,500㎞飛翔致しまして、9時45分頃、本邦の南約2,000㎞の太平洋に落下したものと推定。
そして残余の物体が、飛翔を継続した模様。

これらの情報は現時点のもので、確認を致しておりますが、今後、修正の可能性もあります。
✴️
防衛省においては、
①発射直後に情報把握等のために関係幹部会議を開催。
②私(防衛大臣)から3点指示。
❶被害の有無の確認。
❷そして米国等との緊密な情報収集・集約・分析に全力を挙げる。
❸不測の事態の発生に備えまして、引き続き、警戒監視に万全の態勢を期する。

現在までのところ、自衛隊は、自衛隊法第82条の3の3に基づく弾道ミサイル等の破壊措置は実施しておりませんが、引き続き、艦艇及び航空機による警戒監視活動を実施中でございます。

⑹今回の北朝鮮による発射におきましては、わが国を含む地域及び国際社会の平和と安全を損なう、安全保障上、極めて重大な挑発行為でありまして、国連安保理決議にも違反。
わが国は、北朝鮮に対して厳重に抗議し、強く非難をする。
✴️
今後、防衛省自衛隊は、
❶米国等と緊密に連携を致しまして、引き続き、必要な情報の収集・分析に努める
❷警戒監視を実施するなど、国民の安全及び安心に資するために、万全を期す。

✴️
以上、まず軍事当局者の公式の話。
続けて、記者との一問一答を掲載します。

✴️✴️
なお、ぼくの立場を述べると、日本支配層の行動、現在の自衛隊のあり方に反対、憲法9条「改正」反対、戦後憲法体制の強化維持。

いまもおそらく、自衛隊のヘリが飛んでいます。