円高が進行しています。(黒田日銀総裁の進めたマイナス金利+原油安)

シドニーシンガポール、ロンドンの市場で円高が進行中です。

 
大企業は為替予約などの制度を使ってすでに対応済みでしょうから、直近はなんともないでしょう。
 
しかし、中小企業はこの大変動で大きな損失、あるいは、2月12日以降の経済活動に直接影響があるかもしれません。
 
また、中期的には、大企業でも影響が出るでしょう。
 
安倍政権のスポンサーである財界も見守るだけでなく対応せざるを得ない状況が出てくるかもしれません。
 
直接の原因は、国債の買い入れがもはやできなくなっているのに、黒田日銀総裁らの判断決定でマイナス金利導入と言う点にある、ようです。
 
黒田日銀総裁が支えてきた政策が破綻すると世界市場は見ている。
 
今晩のニューヨークの為替・株式市場はどうなるか?
 
明日の東京市場では日経平均先物は15,000円の前半まで下がるのか?
🌠
昨年、安倍首相は安保法成立後、外国訪問でつないできました。
昨年末から、韓国との従軍慰安婦問題の「合意」、SMAPベッキー、甘利大臣辞任、北朝鮮「ミサイル」問題さらに、宮崎謙介衆議院議員(自民党)で、つないできた状況です。
 
しかし、黒田日銀総裁の率いる日銀の判断決定で、アベノミクスはいつ瓦解してもおかしくない事態に見舞われるでしょう。
🌠
中国経済の成長鈍化、崩壊という言い訳は、もはや通用しない事態になりつつあると思います。
(2/11建国記念の日の夜、22:30……メモとして)