2/12(金)株式市場 :円高進行中、今日も日経平均先物、下落か。

ダウ平均株価    前日比 ー255.48(ー1.61%)。 (一時、マイナス380ドル)
日経平均先物     おそらく始め値始は、15,500円近くか?
為替(ドル円)     111円台まで(‼️)  急伸‼︎。朝7時 112円台。

9時00分 始値     15400円位
9時30分の時点 15,000円割れ(追記)

直接の原因は、原油価格が下がっている➡️景気低迷➡️中東政府系ファンドのお金が抜ける。
黒田日銀の決定したマイナス金利導入が不安を呼んでいる。

この事態が、個別企業の業績に何を及ぼすか? 財政(消費税を含め)年金に対しては………?
結局、アベノミクス安倍政権 お支持基盤の財界の対応がどうなるか?
どういう要求を出してくるか?

いま、一定の分岐点でしょうから、よく上記の動きを見ていきたいです。
🌠    🌠
宮崎謙介衆議院議員(自民党)の「不倫」問題を週刊文春が取り上げ、変な盛り上がり方をしています。
多分、今日もその話題でテレビは持ちきりになるでしょう。

去年の暮れから約一ヶ月半の間に、韓国との従軍慰安婦問題での「合意」、甘利大臣辞任、さらにSMAPベッキー(つまり、「ライン」の問題)の話が、変に盛り上がりました。

これらは、東京五輪、消費税や通信料金が背景にあるのでしょう。

TPPの本質的危険、日本の軍事化(日米共同訓練、北朝鮮人工衛星)、日経平均先物が約4500円下落の 事実の意味が「消えて」います。

しかし、これらの本質を見ていく時です。

財界、政権の動きにつながり、一人ひとりの経済的・社会的生活に影響がおおきいと思います。

f:id:pikoameds:20160212083806j:image
読売新聞2/11  一面より


《参考》私の記事
北朝鮮ミサイル問題





広告を非表示にする