「田母神俊雄元空幕長に冷たい産経新聞、なぜ⁉️」〜右派の方の疑問にお答えします。

田母神俊雄氏があたかも有罪であるかのような書きっぷりをしているのが、産経新聞です。このことについて、はてなブログの中である方(右派)が疑問を投げかけておられましたので、私なりにお答えします。私から見たら、理由は、簡単です。
産経新聞は、推定無罪の原則をいつも無視しているからです。近代の刑訴法・日本国憲法の原理原則を無視します。そして産経新聞は権力の情報の垂れ流しですから、〈有罪〉に自信があるからです。

そもそも田母神俊雄氏の業務上横領事件ないし公選法違反事件は日本支配層の内部の路線闘争の中で内紛が刑事事件にされたもので、右翼の産経新聞は別の右翼に肩入れしているからでしょう。産経新聞の属するグループから見れば、田母神俊雄氏はもはや、用済みです。これからの政治日程は(日本支配層からみて)、伊勢志摩サミット、参議院議員選挙憲法「改正」です。特に、政界再編(維新・民主などを完全に体制内部に取り込み、労働界も「憲法改正」勢力にすることです。)。田母神俊雄氏に対する捜査は、そのスケジュールの一環です。ペラペラ日本支配層の本音を喋る田母神俊雄氏は支配層から用済みです。「口の軽い軍人」と評価されたのです。安保法制を作り憲法「改正」に向け焚付けるだけ焚きつけた以上、もはや、不要。だから支配層の中から排除しようとしたのです。
ただそれだけのことです。私は既に書いておりますので、関心がおありでしたら、お読みくだされば幸いです。

?私の記事 「日本における三つの道」ご覧ください。
田母神氏は日本の三つの道の中の最右翼の一つを代表する方です。

さてさて、明日(3/9)の朝の「虎ノ門8時入り」に田母神俊雄氏はご出演予定ですが、どうされるのでしょうか?以下の田母神俊雄氏の予定表にあります。

??私の田母神俊雄氏関連の記事