〈安倍政権・政権運営〉消費税増税をめぐって米国のノーベル賞学者を呼んだ

f:id:pikoameds:20160318133630j:image

f:id:pikoameds:20160318133644j:image

『国際金融経済分析会合』

3/18明け方3時のNHK.BSニュースを見ていたら「著名な」米国のノーベル賞受賞経済学者2人が安倍官邸に呼ばれて、日本の消費税に関し意見を述べたという。世界経済の情勢、日本の消費税増税の可否について「講義」を受けたそうだ。
安倍政権、財界、財務省の間で暗闘が繰り広げられてる。
安倍政権にとっては(もちろん米国支配層にとっても)今年のサミット、その後の参議院選挙、憲法改正の日程と関連して、消費税増税先延ばしは大事な条件なのだろう。
f:id:pikoameds:20160318133652j:image
(以上NHKの上記サイトから)

日本における当面の三つの道と安倍政権
このことについては再三再四書いていますが、安倍政権の道は、以下の第1と第2の道の合作です。
一つ目の道は、「靖國神社大好き、アジアはゲス」路線
                             国内的国外的に抑圧・強国路線。
二つ目の道は、  大儲け大好き作戦
                           一部では(大部分?)米国「支配層」くっつき回し大好き路線
三つ目の道は、 平和・平和共存、自主・自立。
                           大企業は儲かんないけど、国民全体の幸福

戦後〈日本〉の置かれた状況は、米国という資本主義大国とその仲間たちが輪っかを作っている輪っかの内側にあった。(今も。)。中心は当然、ニューヨークとワシントン。そこを中心に世界を見る見方。その外延は、東は東南アジアベトナム東シナ海、韓国(朝鮮半島南部)、ウラジオストク樺太、アラスカを結んだなだらかな曲線に及ぶ。
日本列島はそのニューヨーク・ワシントンを中心として見た内側。東のはじっこ。Far east。
そうするとその外側(ソ連、中国、北朝鮮)は、「蝦夷」(えみし)=敵。だから軍隊・抑止力なる観念によって「防衛」部隊を作って「守る」…。

さて、今回の憲法改正の道はすじみちがつくのか。改憲の道はつけさせない。(3/1713:40記)

???
なお、〈Ainu Policy Watch Institute Director: T. T. (Ph. D.)〉さんが、
f:id:pikoameds:20160318145738j:image
というブログで「日米豪軍事演習」についてお書きになっておられます。私が畏敬してやまない方です。

???
?最近も日米豪空軍合同軍事行動が行われていますが、この記事は、また、書きます。(3/18  13:40)
?防衛省防衛研究所の研究員が中国の軍事研究を公表しています。日本語、英語、中国語で公開しています。非常に重要です。個人の資格で書いていますが、政策形成にとって重要です。要注意です。(15:00追記)