読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〈防衛大学校〉任官拒否47名の中の卒業式


f:id:pikoameds:20160328014420j:image
防衛大学校の卒業式が行われた。
今年は47名が自衛隊員(幹部要員)にならなかった。
そこで今回は「防大」について取り上げる。明日以降も、防衛大学の卒業式に来賓として祝辞を述べた清家篤慶応大学塾頭、自衛隊最高指揮官安倍晋三氏の発言を取り上げる。
その前に防衛大学校について確認事項として防衛大学校の位置付け、入校者の意識などについて述べておきたい。

⭐️⭐️⭐️1
まず、一般に新聞などの表記では「防大」「防衛大」と書かれる。しかし正確には〈防衛大学校〉だ。
なぜならこの〈学校〉は学校教育法にいう「大学」ではなく、〈大学校〉だからだ。防衛省設置法に基づいて設置されている軍事専門の〈大学校〉だ。軍事指揮官養成という特殊な職業訓練所だ。普通の「教育」そしてこれは昔の陸軍士官学校海軍兵学校の流れをくむものだ。この点、毎日新聞でさえ「防衛大」という曖昧な書き方をして読者に誤解を与えるおそれがあるので初めに注意を喚起しておきたい。繰り返すが、防大は大学ではない。〈軍学校〉、つまり軍事指揮官養成所である。(注1)
⭐️⭐️⭐️2
では、この「学校」に入校する人は、どういう意識を持っているのか?〈軍学校〉という意識で 入校するのか?
私の周りに何人か防衛大学校出身の人がいた。その中に任官したが途中で、陸自の3尉の階級で辞めた人とも知り合いになった。「国防」意識が強かったのか今となると不明だ。家庭の事情で自衛隊をやめて司法試験を受けていたり警備員をしたりしていた。ただ戦争は嫌がっていた。だから、一般的にどのような意識でいるのか私には、なんとも言えない。
f:id:pikoameds:20160328014651j:image
⭐️
そこでこの点について書いている方の話を聞いてみよう。
(以下引用 「防衛大の任官辞退者償還金制度について(後)」(防衛大学校卒業生で任官後、自衛隊幹部学校、日本政策研究センター研究員 濱口 和久氏の論稿より。因みにこの方は「チャンネル桜」に関与)

「防衛大に入校してくる学生の中で、最初から幹部自衛官を目指したり、防衛大を第1希望で入校してくる学生は1割程度しかいない。
 自衛隊の出先機関である全国の自衛隊地方協力本部(旧・自衛隊地方連絡部)の担当者も、防衛大合格者に対して、「防衛大に入校しても自衛官に任官しない道もあります」などと言って、防衛大入校を進める場合がある。担当者にしてみれば、自分の勤務実績として入校者を増やしたいという思いがあるのだろう。
 実際、私の防衛大の同期生の多くは、入校前に出身地の自衛隊地方協力本部の担当者から「防衛大に入校しても自衛官に任官しない道もあります」という話を聞かされて入校している。
 そのため入校後、防衛大の生活に馴染めず、1年生の途中で中退したり、夏休みが終わり、新学期が始まる9月に学校に戻ってこない1年生もいる。

最近では脱柵(学校からいなくなる)や、ノイローゼになり自殺する学生が後を絶たない。今年もこの2月に1年生が1人自殺している。
脱柵や自殺の一番の原因は、所属する学生隊の指導教官が、自衛隊地方協力本部の担当者同様、自分の勤務成績を悪くしたくないために、中退したいという学生を辞めさせないことが挙げられる。(学生の親が中退に反対するケースもあるが)。

参考までに、ここ数年の任官辞退者の数は、平成23年3月(卒業生397人中12人が辞退)、平成22年3月(卒業生364人中17人が辞退)、平成21年3月(卒業生431人中35人が辞退)、平成20年3月(415人中26人が辞退)、平成19年3月(421人中10人が辞退)している。過去には100人近い学生が任官辞退した年もあった。」(引用終わり)
f:id:pikoameds:20160328013218j:image
⭐️⭐️⭐️3
この時点では、安保法は問題にされていなかった。しかし途中、遁走したり自殺した話が書いてある。表向きの綺麗ごとではすまない「国防の実態」が明らかにされている。本人の意思希望と全く違う実情、また官僚主義的に数合わせなど軍隊の意味をなさない実態が浮かんでくる。しかもこのような中で育てられてきた幹部自衛隊員が指揮官としてどこまで「使い物」になるか、極めて不明だ。自民党軍産複合体による〈妄想の軍隊教育〉であろう。
また、前に触れたが、陸上自衛隊高等工科学校はより明確な軍事指揮官養成(下士官教育)をしている。
これに対して防衛大学校は曖昧で何をしたいのか不明なところがある。
⭐️⭐️⭐️4
(注1)〈学校教育法
十三条  大学は、学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させることを目的とする。
2  大学は、その目的を実現するための教育研究を行い、その成果を広く社会に提供することにより、社会の発展に寄与するものとする。

👉 3/22 私の記事 防大卒業生、任官拒否
👉 私の記事 自衛隊募集苦戦
👉 防衛省のHP 防衛大学校のパンフ
👉 写真は防衛省HPより
👉 (引用部分)
「防衛大の任官辞退者償還金制度について(後)」(日本政策研究センター研究員 濱口 和久)
👉 参考までに