読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〈オスプレイ〉なぜ熊本地震救援に派遣されたか?誰が依頼したのか?

上記の疑問にこう答える(推定)。5/16 14:30時点。

地震発生時、物資搬送用の陸上自衛隊のヘリはサミット向けて点検していた。使用不能。だから、オスプレイを米軍に依頼するしかなかった。 

 f:id:pikoameds:20160516141859j:image

まず、陸上ヘリ《CH47》。本来ならこれで物資搬送予定。


地震発生時、陸上自衛隊ヘリ《CH47》は、伊勢志摩サミット用に点検中。  

但し、自衛隊サイドは陸上自衛隊ヘリは「異常発見・点検中で」使用不能と主張。《以下の讀賣新聞より》)

地震発生。 救援用《CH47》ヘリがない。

日本政府は、米軍(アメリカ合衆国政府)に救援依頼。オスプレイ発進計画。

⑶ 米軍は、わざわざフィリピンにいたオスプレイを飛来させ、援助活動。

伊勢志摩サミット向けの特別部隊編成発表。輸送用ヘリ《CH47》の部隊編成❗️【5/14】


【根拠資料】………………………………………………………………🌟🌟

headlines.yahoo.co.jp


🌟🌟http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160514-00000701-fnn-pol

 自衛隊、各国首脳ら要人を安全に移送するためのヘリ部隊編成
フジテレビ系(FNN) 5月14日(土)21時26分配信
5月末のG7(主要7カ国)伊勢志摩サミットに参加する外国首脳ら要人の輸送任務にあたるため、自衛隊は14日、国賓等空輸隊を編成した。
千葉県の木更津駐屯地など、各地から中部国際空港に到着する自衛隊のヘリコプター。
国賓等空輸隊は、CH-47輸送ヘリコプター数十機などで編成される。
空輸隊は、中部国際空港とサミット会場の三重・賢島(かしこじま)の間を往復するなど、各国首脳ら要人を安全に移送するのが任務。
国賓等空輸隊指揮官第1ヘリコプター団長の田尻佑介陸将補は「この国家的行事は、日本国のみならず、世界が注目しており、全隊員がこの重要な任務に就くことを誇りとし、日本国自衛隊の代表であるとの自覚と、高い規律心をもって行動してもらいたい」と話した。
空輸隊は今後、要人を運ぶ訓練を念入りに行い、26日からのサミット本番に備える。

 ………………………………………………………………………………………………

🌟🌟 「讀賣新聞」2016年5月16日

地震時、自衛隊大型ヘリ緊急点検…8割飛べず

熊本地震の発生時、自衛隊の大型輸送ヘリコプター「CH47」全約70機の約8割が、緊急点検などのために飛行できなかったことが、関係者への取材でわかった。

防衛省は、被災地への物資輸送が滞ると判断、米軍の支援を受けてオスプレイが投入されたという。

同省関係者によると、熊本地震発生の約1週間前、CH47の点検で翼を回転させる部分近くに異常が見つかり、飛行を続けると事故が起こる恐れのあることが判明。自衛隊は全機の運用を中止して一斉点検を実施した。熊本地震後、自衛隊はCH47の出動を決めたが、多くが点検中で、被災地での救助・救援活動には、10機程度しか稼働できなかったという。

中型ヘリも出動したが、被災地では多くの物資や車両も輸送できる大型ヘリの不足が続いた。このため、政府は米側の支援申し出を受け、米軍普天間飛行場沖縄県)所属でヘリのように垂直離着陸できる輸送機「MV22オスプレイ」4機の派遣を受け入れた。

被災地では道路が寸断されて孤立した地域が多く、オスプレイは、被害が大きかった熊本県南阿蘇村に飲料水や食料を輸送するなど貢献した。

自衛隊のヘリは、維持整備の予算が不足し、稼働率が低下傾向にある。同省関係者は、「今後も災害発生時に同じ事態を招く恐れがあり、整備態勢の拡充など対策を考える必要がある」としている。

……………………………………………………………………………………………………

 

🌟🌟「讀賣新聞」中部版 2016年05月16日

スペイン村にヘリポート 訓練が本格化

伊勢志摩サミットで各国首脳らが使用するヘリポート。後方は、賢島がある英虞湾(15日、三重県志摩市で、本社ヘリから)=小林武仁撮影

三重県志摩市で26、27日に開催される主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で各国首脳らが使用するヘリポートは、サミット会場の賢島かしこじまから約6キロ離れた同市のテーマパーク「志摩スペイン村」の駐車場に設置される。ヘリコプターが飛行できない悪天候でなければ、首脳らは中部国際空港(愛知県常滑市)から空路でヘリポートまで移動する。▲周辺では警備態勢が強化され、スペイン村から賢島までの道路は周囲の木を伐採。自衛隊は有事に備えてヘリの離着陸訓練を実施し、三重県警などは要人の送迎と警護を想定した「車列訓練」を繰り返し行っている。▲主会場の志摩観光ホテルから半径約46キロは25~28日、飛行制限区域となり、民間機などの飛行は原則禁止される。スペイン村は21~28日、臨時休園する。

👉http://www.yomiuri.co.jp/chubu/news/20160516-OYTNT50000.html?from=ycont_top_txt