読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国海軍の情報収集艦船、海自・米海軍・インド海軍合同演習中の海域に接近〜そのプロセスで日本国領海に入る。

中国海軍情報収集艦船が、沖縄・石垣島沖で行われている日本海自、米国海軍、インド海軍の合同演習中の海域に接近し、その後、インド海軍艦船を追跡中に日本領海に入った件について。

 

《 コメント》

❶ 各国の軍艦には一般の船舶と同じように沿岸国の安全を害さなければ領海を通過できる「無害通航権」が国際法で認められている。

❷ 現在、日本海自、米国海軍、インド海軍艦船が石垣島沖で中国を睨んで、軍事演習中。

 海自HPより

http://www.mod.go.jp/msdf/formal/info/news/201606/20160607-01.pdf

 f:id:pikoameds:20160615204007j:image

海自Facebookより

❸ (ここからは、推論) ⑴ 中国海軍艦船は当然に(軍事的には)、監視活動を行う。このことは、日本海自、米国海軍、インド海軍…当然、防衛省、日本政府全体が承知している。

⑵ マスコミ(サンケイ新聞)はこの点、承知している。(記事から)

韓国海軍、中国海軍艦船を拿捕。

 ❺

pikoameds.hatenablog.com

以下NHKニュース

www3.nhk.or.jp

5日未明、中国海軍の情報収集艦1隻が鹿児島県口永良部島の沖合で日本の領海に侵入し、およそ1時間半にわたって航行したあと領海を出ました。中国海軍の艦艇が領海に入ったのが確認されたのは、平成16年以来2回目で、防衛省は警戒を続けるとともに、航行の目的を分析しています。
防衛省によりますと、15日午前3時半ごろ、中国海軍の情報収集艦1隻が鹿児島県口永良部島の西で日本の領海に侵入したのを、海上自衛隊のP3C哨戒機が上空から確認しました。情報収集艦はその後、南東に向かい、およそ1時間半にわたって領海内を航行したあと、午前5時ごろ、屋久島の南の沖合で領海を出たということです。
中国海軍の艦艇が領海に入ったのが確認されたのは、平成16年に原子力潜水艦沖縄県石垣島沖で領海侵犯して以来で2回目となります。
沖縄の東の太平洋では、現在、海上自衛隊とアメリカ海軍、それにインド海軍による共同訓練が行われていて、防衛省によりますと、中国海軍の情報収集艦は、インド海軍の艦艇2隻の後方を航行し領海に入ったということです。
各国の軍艦には一般の船舶と同じように沿岸国の安全を害さなければ領海を通過できる「無害通航権」が国際法で認められていて、防衛省は、警戒と監視を続けるとともに情報収集艦の航行の目的を分析しています。

 

島の住民「本当に怖い」
口永良部島に住む屋久島町役場出張所の職員、川東久志さん(56)は「前代未聞の出来事で驚いています。このような島に中国海軍の船が近づくなんて本当に怖いです」と話していました。
また、付近の海で漁を行い、口永良部島の消防分団長を務める山口正行さん(47)は「漁に出る人は本当に気がかりだと思う。国や県は島の住民の生命や財産をしっかり守ってもらいたい」と話していました。

 

 官房副長官「中国側に懸念申し入れた」
世耕官房副長官は、午前の記者会見で「中国艦艇がどういう目的で航行したかについては現時点では確たることを申し上げるのは控えたい。政府としては引き続き、わが国周辺海空域における警戒監視活動等に万全を期していく」と述べました。
そのうえで「外務省アジア大洋州局長から在京中国大使館次席に対して、先般の中国海軍艦艇による尖閣諸島接続水域への入域に続いて今回、中国海軍の情報収集艦がわが国領海に侵入したこと等に鑑みて、中国軍の活動全般に対する懸念を申し入れた」と述べました。
また、記者団が、先に中国海軍の艦艇が尖閣諸島周辺の接続水域に入った際には外務省の斎木事務次官程永華駐日大使に抗議したことを踏まえ、政府の対応の違いについて質問したのに対し「尖閣について中国は自分の領土という独自の主張をしており、当然、対応に差があってしかるべきだ」と述べました。


防衛相「意図を分析中 警戒に万全期す」
中谷防衛大臣防衛省で記者団に対し、「中国海軍の艦艇の航行は、日米印の演習に参加し、わが国の領海内を航行していたインド海軍の艦艇に引き続いて行われたものだ。海上警備行動は発令しておらず、先方の意図や目的は分析中だ」と述べました。
そのうえで中谷大臣は「中国海軍の艦艇が領海内を通過したのは2度目で非常に例が少ない。今後も中国艦艇の動きに十分注目して、警戒監視に万全を期したい」と述べました。
このあと、中谷大臣は再び記者団に対し、「中国は近隣国であり、こういった活動については丁寧に接してくるべきだ。戦後2回目のわが国領域内の航行であり、非常に懸念がある」と述べました。
外相「最近の中国軍の動きを懸念」
岸田外務大臣は外務省で記者団に対し、「中国海軍の艦艇が先日の尖閣諸島の接続水域に続いて今回、日本の領海に入域したが、状況をエスカレートさせている最近の中国軍の動きを懸念している。政府としては、中国側にこうした懸念をしっかり伝えるとともに、警戒監視に万全を期していきたい」と述べました。


情報収集艦の動き
防衛省によりますと、現在、沖縄の東方の太平洋では海上自衛隊とアメリカ海軍、それにインド海軍が共同訓練を行っていて、中国海軍の情報収集艦は、この訓練に参加しているインド海軍の艦艇2隻の後方を航行していたということです。インド海軍の艦艇が東シナ海から太平洋に向かって航行し、口永良部島の西で日本の領海に入ると、それに続くように午前3時半ごろ領海に侵入したということです。
これを受けて、警戒監視に当たっていた海上自衛隊のP3C哨戒機は情報収集艦に対し、無線で「日本の領海を航行している」と伝えるとともに動向を監視していました。
情報収集艦は、領海内で停泊するなどの特異な行動は確認されなかったということで、その後もインド海軍の艦艇の後方を南東に直進し、およそ1時間半後の午前5時ごろ、鹿児島県屋久島の南で領海から出たということです。


防衛省 活動の目的など分析進める
国連海洋法条約では、軍艦を含むすべての国の船舶について、沿岸国の秩序や安全を害さなければ領海を通過できる「無害通航権」を認めています。
去年9月、中国海軍の艦艇がアメリカ・アラスカ州アリューシャン列島の沖合で、アメリカの領海内を航行したことが明らかになった際には、アメリカ国防総省は無害通航に当たるとして国際法上は問題ないという見解を示しました。
一方、国連海洋法条約は、無害通航が認められない例として、武力による威嚇や武器を使った訓練、沿岸国の安全を害する情報収集などを挙げています。平成16年に、中国海軍の原子力潜水艦石垣島の沖合で日本の領海内を航行した際は、海中に潜没したまま航行し浮上して国旗を掲げなかったため、秩序と安全を害さない意思を明確に示さなかったとして、防衛省は「無害通航」ではなく「領海侵犯」にあたると判断しています。
防衛省は今回の情報収集艦の活動の目的などについて分析を進めることにしています。