読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〈軍事予算・5兆円越え〉暴露され慌てる、自民党政調会長・稲田朋美氏 公明党政調会長・石田祝稔氏

     日本共産党政策委員長・藤野保史氏は、26日出演したNHKの政治討論番組で、防衛費が初めて5兆円を超えた平成28年度予算を念頭に「人を殺すための予算でなく、人を支えて育てる予算を優先させていくべきだ」と述べた。

   的確な発言だ。支持する。撤回するな❗️

   軍事費止めろ。貧困、教育補助をしろ。

 

f:id:pikoameds:20160628093455j:image 

 「軍事予算が増加している」という日本共産党の藤野保史政策委員長の発言に自民党公明党の議員が怯えている。

   自民党稲田朋美氏、公明党石田祝稔氏は本当のことをバラされて怒りまくり、サンケイ新聞、Yahooニュースなどを通して必死の反撃を試みている。

   民進党枝野幸男前原誠司らが動揺している。
   しかし、人民は諸君には騙されない。諸君の軍国主義ゴッコのお遊びに付き合っている暇はない。恫喝にも屈しない。
   今回の参議院選挙では、日本共産党山本太郎の生活、新社会党を中心とした《憲法改悪策動反対》を主張する党派・グループに対する支持が増えている。

   枝野幸男氏は自衛隊さまを敬う発言をしている。枝野幸男氏は、官房長官時代、原発メルトダウンにもかかわらず「直ちに健康に危険はない」という「名」言を発しているではないか。

 民進党前原誠司元外相は以下の様に述べている。
❶「自衛隊専守防衛を行うために極めて重要な役割を果たしている。極めて悪質でひどい発言だ」❷「災害時における自衛隊の献身的な役割を述べ」「身を賭してやってくれている隊員に対して極めて失礼で無礼だ」

   そもそも、❶自衛隊の軍事行動(演習も含め)、支配層を守る手段に過ぎない。国民の生活を直接守る手段ではない。地震の際の救助も、直接国民の生活を守る目的ではない。国内治安維持だ。国民の生活を守る専守防衛どころじゃない。米国の補完勢力として外国に抑止力名目で米国中心勢力の意思を押しつけようとしているだけだ。❷自衛隊さまに何でびくびく、お礼を言うのだ。そんなに、公務員はそんな偉いのか。彼らはお金をもらって働いているだけだ。公務災害になれば、補償、国賠訴訟で金銭請求するだけだ。

  彼らは、日本共産党幹部の真実をついた言葉に怯えている。

 

pikoameds.hatenablog.com

 

f:id:pikoameds:20160628055506j:image 

http://www.mod.go.jp/j/yosan/2016/yosan.pdf

是非、このpdfを見てください。「防衛」予算が分かります❗️