非核3原則と核拡散防止条約と稲田朋美発言

《非核3原則と核拡散防止条約稲田朋美発言に関するメモ》
稲田朋美氏は過去に核保有を「国家戦略として検討するべきだ」と述べていた。3日の防衛相就任会見で見解を問われ、「将来的にどういった状況になるかということもあろうかと思うが、現時点で核保有を検討すべきではない」と述べ、将来の核保有を否定しない発言をしていた。

これに関して、首相の安倍は8月6日、広島で修正を図る趣旨の発言をしている。

稲田の発言は核拡散防止条約違反を煽るものだ。

核兵器の不拡散に関する条約(NPT)(日本語) - 核物質管理科学技術推進部

核兵器不拡散条約(NPT)の概要 | 外務省

今井高吉(科学評論家)『核拡散防止の問題点.』(ジュリスト1975・2・1)

稲田朋美はこの程度の文献さえ稲田は読んでいないのだろうか?

稲田朋美の卒業した早稲田大学法学部には水島朝穂教授という軍事・憲法に関する専門家もいるのに「核兵器・拡散防止条約」くらい、勉強してないのか。尤も大学は勉強する所でない。司法試験も記憶と答練で訓練すればいい。司法試験受験生時代、朋美は夫の弁護士・稲田龍二と暗い顔して何時も帰って行ったもんなぁ。仕方ないか。

水島朝穂 | 平和憲法のメッセージ

 (参考)

部分的核実験禁止条約(PTBT) (13-04-01-12) - ATOMICA -

 

pikoameds.hatenablog.com

広告を非表示にする