カエル日記・2016/10/14〜『戦争』と『法』、南スーダン自衛隊派遣。。とうふ。松下竜一。

    「宣戦布告しなければ、戦争ではない。」と誰が決めたのか。 と、このブログで書いた(10/12)。コレは『南スーダン自衛隊派遣(第10次隊・第11次隊)「駆け付け警護」「宿営地警護」』問題に関連して、メモとして書いたもの。相変わらず中途半端もイイとこの主観的メモ。でも/そしたら、友だちが二つのwebのアドレスを送ってくれた。とても嬉しかった。ありがとう。

    その内の一つは国際赤十字の『国際人道法』(IHL=International Humanitarian Law)に関するもの。もう一つは『戦争の性格』と云うタイトルのもの、13ページ位のもの。
どっちもそれ自体、重要。更に『戦争』『軍事行動』『(軍事)衝突』『紛争』とは何か、「法的」に再検討すべしという、個人的にも非常に大切な切っ掛けになる。友だちに再度、感謝。

国際赤十字〜国際人道法/opinion-paper-armed-conflict.

www.raf.mod.uk/『戦争の性格』pdf


    『戦争』の定義・意味についてはたくさんの観点から考えられる。(ホント多すぎて整理がつかないくらい)。ただ、いまとりあえず以下の二つの観点が重要。❶事実上のもの(人民・市民的・為政者的、政治的経済的社会的イデオロギー的)❷法的な定義・意味。そして上のオレの記事日記は❷法的な定義意味に関連する。

 

    そもそも『戦争』を「法的」観点から考えることに意味があるのか。『戦争』というのは「本質的には政治の延長線上にあり、その手段だ」(クラウゼヴィッツ)ということからすると、コレを『法的に』考えることに意味はない、とも言える。しかし戦争というものが、『国家権力の発動としてなされる』もので、〈紛争解決の手段・方法〉、〈武力で〉〈解決するモノ〉とすると、『法的に』検討する意味がある。すなわち、一方で戦争行為は国家権力の発動であり、戦争行為(国家権力発動)の正当性を根拠付けるためには『法』の根拠づけが必要になる(戦争根拠法)。他方で国家権力による戦争≒軍事行動規制の観点から人民(被支配国民)が支配層の手足をどう縛るかという観点だ。戦争規制法的側面。(なお、支配層=戦争儲けや支配大好き財界の一部などなどの諸君。拙稿・戦争挑発者は誰か。退役軍人( 空将)は戦争仕掛け人か? 7/16 )


    こういう観点からPKO法の五原則を始め日本国憲法第9条13条前文の意味、制定過程も含め考えるべし。http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/sinkyuu-heiwaanzenhouseiseibihou.pdf

 

    南スーダン自衛隊派遣駆け付け警護の任務付与困難か?日刊ゲンダイの記事10/12面白い。安保法制制定後、上手くいかんぜよ。自衛隊の現場が一番嫌がってるだろう。大体俺に言わせりゃ陸上自衛隊南スーダンに橋や道路作ったりする「土方」に行ってるのだ❣️高い日当も払っている。だったらそれに《新任務》鉄砲で戦車でぶっ放す準備して行け。『防衛』という名のアフリカへの新・新植民地主義に基づく『開拓』。『祖国』防衛戦争の拡大。


 

     防衛省軍事当局の論理は……。ニコちゃんマーク。

 例えば、平成21年7月1日、2日に防衛研究所赤十字国際委員会と共に「ICRC国際平和協力セミナー」を開催、セミナーでは「国際人道法」(戦争をするときや戦争時のルール)や軍隊と民間団体との協力体制のあり方、最近注目されている民間軍事企業との戦時国際法との関わりなどが話し合われたという。

   最近の「研究」…自衛隊防衛省軍事当局のやってるコト。

『人権擁護の為の戦争』〜ボスニア戦争などで云われた。……

『人権の為のテロ抑止戦争』。開拓の為の準備協力。満州国と同じ。


    とうふ、とうふの角で頭を打って死んでしまえ。

大分の豆腐屋。
松下竜一『ルイズ 父に貰いし名は』 (講談社文芸文庫) 文庫– 2011/9
もとは1982年出版の筈だ。オレが二十何歳の頃。昔二十代の殆どを共にして別に「お嫁に行った」君。キミ三里塚の援農に行ってたよな、笑。そしてこの本を教えてくれた。

ルイズ-父に貰いし名は-講談社文芸文庫-松下-竜一/  Amazondp

とても良い本だ。大好きなモノの一つだった。 ありがとう、君。

 f:id:pikoameds:20161014120017j:image
熊に注意して下さいという町からのメールがきている。サルも出る。笑。

この前は、スズメ蜂だった。

片や東京・代官山は…………

サンドイッチ店トムズ全面喫煙可、東京・代官山、サンドイッチ1人三千円だそうな。ウインナー、生ハム、唐揚げ、タマゴ焼き、が入っている。…… ベッタとしたもの。代官山のヤツらが気取って食ってる。癌にもなるか?。歌舞伎役者の鯛蔵(仮名)が家族と一緒に昨日行ったんだと。笑。ヒガミかね。笑。ははは。

『田舎のネズミと都会のネズミ』を思い出す。

f:id:pikoameds:20161014120030j:image
IR国際観光産業振興議連 公明党の難関と小池百合子都知事の誕生で。細田博之会長(自民、元幹事長)。今朝の東スポ配信。こりゃ大事だよね。戦争大好き人間とかぶってるんだ。2020・TOKYO五輪に向けてやってる。必読でしょう❗️❗️

「カジノ解禁」ようやく前進 公明党軟化、小池都知事誕生が追い風

 《参考》

「軍隊による自国民保護活動と国際法」publication防衛省研究所紀要  2002

f:id:pikoameds:20161014122441j:image

防衛省統幕国際平和協力センター.研究員の論集

 

日記(10/14朝)12℃、曇り空。本日の日の出5:51/日の入り17:09。