読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世代または世代論(続き)+追記

    「世代または世代論」について、まだ考え続けている。(世代または世代論〜⑴ )


    そもそも世代「論」に意味があるのか。意味があるとしても、その主張に有効性はあるのか?
    世代に関して、一杯飲み屋の議論から離れて、この議「論」を、理論=実践のために、どのように有用・有効にするのか。

    いわゆる「集団自衛権容認閣議決定」および「安保法制」の政治的議論の中で、世にも稀なる《大衆運動・市民運動なるもの》が世間をにぎわせた。この賛否両サイドの《運動》。「安保法制=戦争法」反対派には、SEALSの若い人たちもいた。しかしロートルしか「立ち上がら」なかった。運動の中心は「60歳代後半から70歳代」。日本共産党の新聞「赤旗」の読者も相当高齢化し、読者数の減少は著しいように見受けられる。他の旧「左翼」系も勢力減少は著しい。「社会党」なんていう政党、どこかにあったな。「社会主義協会」も。新左翼諸党派・グループも同様だ。「市民運動」と云われているグループも退潮している。アナーキスト系もそうだろう。この状態は最近始まったことではない。ダイタイ「左翼」って死語?( ´艸`)。

 

    このような減退傾向の中で、「運動」なるものの幕間に、自分を含めた「年寄り」どもの、自分語り(笑)、嘆き(笑)、諦め(笑)が聞こえた。集会の後に「総括」とやらで年寄りどもが「若い人たち…」云々と云うのは嫌というほど聞いた。聞き飽きた。あんたらのノスタルジーとやらは。前は…。やれ方針が。ぁぁ、飽き飽きした。60年安保、70年安保、大学闘争。そりゃ、いつのことだい。三里塚・芝山闘争。狭山差別裁判闘争。……さすがに60年安保を持ち出すおじいちゃんは足腰が立たずにデモに行けないか。デモは大変だ。身体を張ることになる。下手をすりゃ~、機動隊とやりあう(やっつけられる)ことになる。公妨(公務執行妨害)ですぐとっつかまる。

 

    まあ、つまらん嫌味を云っていてもはじまらん。生産性がないからやめよう。これぞ当に「飲み屋談義」だから。

    さて気を取り直してまじめに考えてみよう。「世代論」は理論=実践に有効か?

 

 f:id:pikoameds:20170219143314j:image

    世代または世代『論』(以下「世代論」と略する)を「云う側」の意識・意図・論理と「云われる側」の受け止めさせられ方とその論理〜受けとめ側

 

1,「云う側」の論理
「自己の世代、端的に言えば自分に従え」、という論理
❶自分の方が年上なんだから、エライ。故に自分に従え、自分を尊重せよという要求・欲求。承認欲求。この欲求を他者に無理やり承認させるための云いがかり。
❷自分の思っていることが通らないことに対するイラダチ・焦りの表明。
「今どきの若いものは…」とか世代論でイラダチを表明している。これは、意図的な場合もあろうが、無意識のうちに述べているに過ぎない。
❸教育・啓発の名のもとでの支配。
特に新聞社(讀賣新聞朝日新聞産経新聞)などのマスコミ、テレビ(NHK)などの上から目線での啓蒙主義。特に「若い世代」に対して「社会の価値観」を教えてやるというもの。
❹企業の「教育」。
オンザジョブトレーニング、飲み会をはじめ「当該企業ないし企業社会の文化」の伝承・教育。その中で「今の若い人たち」に対する「教育・指導」がなされる。
文科省イデオロギー政策。学習指導要領、道徳・生活指導などを通じての啓発。自己を育てるという名目で、一見個人主義的な立場をとりながら、所謂新自由主義的押しつけ、資本の自由・大きいもの支配しているものが勝ちという考え方(イデオロギー)の押しつけ。(例えば、乙武某氏が道徳教育の授業に取り入れられ、あちこちの小中高校での授業研究のたいしょうになっていた。自己を解放するという名で。これぞ、まえの世代の押し付けの一種では?)
❻「左翼」「右翼」、特定主張をもっている大衆・セミ指導者ぶっている連中の「昔は良かった」式の発言。この人たちはなまじ自己が指導者と思いこんでいるから始末が悪い。いまの環境、日本(世界)資本主義の展開、現代資本主義に進展を理解しようとするが、ぬめぬめしたイデオロギー攻勢の現状に適切に対応できていない。(自分こそ要注意。)(つづく、多分)

 

(追記1、2/20)

    「世代論」についてはあきたので(苦笑、アキっぽい)、一旦これでおしまい。また、今度機会があれば考えようっと。まあ、自分勝手に書いてる処だから、誰も困らない。

    お付き合いいただいた皆さん、ありがとうございました。特によんばばさん世代間の違いの個人的考察 - よんばば つれづれ、爽風上々さん「”世代”の正体 なぜ日本人は世代論が好きなのか」長山靖生著 - 爽風上々のブログ、とうふさんとうふのホルモン、hmさん、ありがとうございました。お邪魔しました。

    この問題を考える過程において、Amazonで「世代」または「世代論」で本を検索すると、「世代」「世代論」に関する本がたくさん出てきて、驚きました。そしてそれらの本の特徴は、マーケティングに関するものが多いという印象です。まあ、特に消費行動・消費者意識に関する「研究」は重要だからでしょう。

    マーケティング論にからめとられず、有意義性ある議論はどこにあるのか、という疑問があります。

(追記2)

    私自身が関心を持っていた(過去形ですが)分野では、裁判官の意識形成、判例の形成の連続性と断絶性、「上部構造」に属する制度・司法官僚(≒裁判官)の意識・行動と世代論に関心がありました。

    故・長谷川正安教授の憲法判例研究第5回 裁判官のイデオロギー――長谷川正安『憲法判例の研究』 - 忘れられた名著たち―戦後憲法学・再読はもとより、重要な研究があり、1970年代後半から関心を持っておりました。

(追記3。02/20/1600)

    さらに、2015年5月3日に出版された『日本国憲法の継承を発展』(全国憲法研究会【編】・三省堂創立50周年記念論文集 | 全国憲法研究会は、90歳代の憲法研究者から40歳代の憲法研究者まで「回顧」談も含め、書かれており興味が惹かれます。昨年暇を見つけては読んでいましたが、私自身にとっては、特に自分より上の世代の研究者の苦闘、特に戦争と平和の課題について取り組み、人権を希求してきた人たちの意思に再度感銘を受けました。

    同時に「若い」《世代》N氏の議論に関心しましたが、失望させられることも多くありました。鬼籍に入られた先輩、研究者の奮闘を感じながら。また長谷川正安氏や渡辺洋三氏の後継に当たる方をあまりお見受けしないのはどういうことなのか、ここでもマルクス主義の立場からの研究が緩くなっていることを感じざるを得ません。仕方がないこととは云え、残念です。

 

〈憲法学者列伝〉鈴木安蔵先生⑴ - かえる日記

〈憲法学者列伝〉鈴木安蔵先生 ⑵ - かえる日記