読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランプ米国大統領の米議会演説

    トランプ米国大統領の議会演説がありました。(日本時間3/1昼)
    私は少しブログをお休みしようと思っていたのですが、トランプの米国議会演説関連して、最低限以下のことだけは、どうしても云っておくべきだと考えましたので記録しておきます。(「とりあえずのメモ」ですから意味の取りにくい点はご容赦を。)

  1)  私がいつも読ませていただき考えさせられている方のブログが幾つかあります。その一つが爽風上々さんのブログです。 まず、そのブログのご紹介から。

  2) 確かに、そもそも《アメリカ》《米国》とは何か、《米国》とは「誰か」、《アメリカ》は「誰が」支配しているのか、をもう一度考えてみる必要があります。

  3)  そしていまの《アメリカ》をどう見るか。

    私の理解では、「米国」支配層の中の特定の勢力=国内重視派、(例えば巨大不動産業など)がカネで選挙に勝っただけでしょう。Googleマイクロソフトなど世界展開する資本はこれに反対している。要するに支配層の内分岐と調整。そして不満だらけの労働者階級を巻き込んでいるだけのことでしょう。

    4) 日本支配層の多くは米国支配層の一部に期待しているのです。帝国主義の連環の中で、対米従属しつつ、自立化を目指す路線でしょう。

    こういう認識からすれば、私の立場は、現自民党政権・財界の見解とは真っ向から対立します。

    当然、所謂TPP、対中国や北朝鮮その他東アジアでの対外・軍事・治安政策、ひいては日本の立ち位置の転換、「東シナ海を平和の海へ」構想、東シナ海を『非軍事=平和の海』に~尖閣「問題」の本質は国境画定問題、軍事問題ではない。 - かえる日記、さらに国内の政策転換要求などに拡がっていきます。

 🌃  🌃           🌃

追記1)
   《アメリカ》を見つめるあなたのお帰りを待ちます。
追記2)
    今日昼間、寝る前にNHKBSでトランプの議会演説を眺めていました。(眠くてしょうがなかったのですが)。
    その番組でトランプ演説終了直後、藤原帰一東京大学教授が出演され、第一声、いい演説だったとトランプを褒めていました。眠かったのもありましたが時間の無駄なので、藤原帰一教授の一声でTVを消して寝ました。(3/01/1200過ぎころ)。
追記3
    藤原帰一教授は最近売り出し中の三浦某先生(女性)の師匠です。
    わたしは結構前から、三浦さんの本「政軍関係」に関する本も読みPDF化して所持していますが、まずは『総力戦』の熟読・理解をお勧めします。とりあえず訳者・解説者のブログを参照されたい。(この方は私の文脈でこの本の紹介をされることは本意でないかもしれないが。)


追記4)
    この方も、こういう形で取り上げられるのは不本意かもしれませんが、このブログも見てください。

追記 オマケ

共謀罪に関する議論は、ズット続いていたはずだよ…‼️

pikoameds.hatenablog.com

 

🌃       🌃        🌃

今夜は雨が降ってきました。

春の雨。

そう呑気なことも言ってられない。ビキニ環礁に降ったモノもある。埃っぽい日ですね。3/1/2359