こころのかたち【断片】


こころにかたちがあるのかしら。
こころに匂いはあるのかしら。

 

こころは形に現れると云うの、
でもほんとうにこころは形に現れるのかしら。


こころは形にしないといけないものなのかしら。

かたちにしないとつたわらないわね。


はげしい言葉、はげしい雨だけでは、伝わらないの。

明るい季節も必要だわ。

その匂い、こころも伝えたいわ。

どうしたらいいのかしら。

こころにかたちはあるのかしら。 

🌃🌃          🌠
《こころと形》。
こころの表れが形、とする考えは普通にあります。
日本の伝統芸能と云われるものは、《心をかたちにしたもの》、と云われます。   
心「と」形と表されます。

そうかしら。

f:id:pikoameds:20170303052107j:image

こころと形 - 岩波書店

 

🌃             🌃               🌌     

もともと河原乞食、貧民、のこころを形にしたもの、

それが出雲阿国(いずものおくに)。
大衆のにおい、こころ、なみだ、かなしみ、収穫のよろこび、くるしみ…


それを唄ったもの、それが歌舞伎。

歌舞伎はそういうひとのこころをかたちにしたもの、のはず。
それをにほんのこころと云われるのは、聞苦しいですが。

 

 f:id:pikoameds:20170303052253j:image

展覧会概要/第20回 民族のこころと形 - 宮内庁

2017/03/03/05:30

 

 

広告を非表示にする