日米共同軍事訓練反対と反帝闘争…国際女性デー【2017年3月、日本】

きのうは(も)うれしい一日だった。このブログに関連したこと、自分の身の回りのことを記録しておきます。

まず、昨日、出会ったひと、こと。
久しぶりにここ日毎に敵と懶惰に戦うを見せていただいた。その方は以前私の「日記」のBマークにかいてくださった方。久しぶりに再会。私はこの方のブログに読者登録をしてあるのだが、この間暫く覗きに行っていなかった。

この方に強い印象を持っている理由、二つ。一つは私の《あの》メモ(酒井直樹「帝国的国民主義」/山田洋二・映画『家族』/南スーダン自衛隊派遣「駆け付け警護」 )に反応してくださったから。正直あの時、とても嬉しかった。そして今日その嬉しかった時の気持ちをおもいだした。もう一つはこの人がお書きになられているブログ自体。ご自身の身の回りの「事実」を1978・10・26からほぼ「日毎に」倦まずたゆまず書き続けている。最初フィクションかと思った。日々の記録だった。書くこと=生きること、の私は見習うべきもの。


偶々ある方のブログを眺めていた。自衛隊関係(内部の自殺者関連)の記事があった。FBの転載で拡散希望ということだった。ふ^~ん。この案件については、事案は知っているし私も気の毒だと思っていたが。私があれ、と思ったのはそのブログの人、う^~ん、でも「解放出版社」、「大月」(株式会社 大月書店)からけっこう沢山、本出してる、久しぶりに新規の読者登録しとくか…。まあ、ちょっとうれしかった。あの自衛隊関連記事転載拡散希望と云っていたし。

まあこの方とは直接関係ないが、ただ「殺し殺される関係」に立たない、立たせないという言い方は気に入らないけど(ふふ)。


この間私はちょっと跳ね上がって「日米共同訓練と反帝闘争」日米共同訓練と反帝闘争【2017年3月・日本】(メモ) -というメモなんぞ書いている。そのメモ日記の中には日本共産党三菱電機伊丹委員会や革マル系のリンクを張っておいたんだが( ´艸`)。「正気の人は誰も来ないよね、まともな人は、ね」と(僻んで)いたら意外と見に来てくれる人がいたのでウレシカッタ、というかワロウタ。

 f:id:pikoameds:20170309080631j:image

それから昨日のこの方がたにも感謝。事実を摘示してくれている。まとめてしまうのも失礼だがスキッチの提示で勘弁してください。詳しくは昨日の私のブクマの箇所を参照して下さい。( 北朝鮮の論理と日本の論理【2017年3月、日本】) なお、かめさん2017.3.6 kame710のブログコメありがとうございます。(pekori)

f:id:pikoameds:20170309080740j:image

 f:id:pikoameds:20170309080650j:image

----☆----☆----☆

こういう意見があります。

双方で相手が危険と言い合って軍備拡大をしている
もしかしたら、権力中枢同士で密約が交わされ、片方は政権の安定に、片方では軍需産業への支出増大に利用しているのではという、疑いすら抱きます。
そしてそれは、世界一の軍需産業国家への疑惑とつながります。

----☆----☆----

全く同感です。私も同じような疑念を感じてしまいます。ご迷惑を掛けないように一部内容を修正しました。

----☆----☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

昨日は出かけたついでに、t駅・y本屋に立ち寄った。JSミルの自由論と資本論に学ぶを注文。筑摩書房 資本論に学ぶ / 宇野 弘蔵 著。どっちもムカシ読んだが、いま、手元にないしミルの自由論は新訳で読みたいと思った。それに、y書店なら、500円引きの割引券があるのだ、嗤。(ミルの自由論は多様性と画一性 - サラダ坊主日記に触発された。)

 

それにしても
《国家と一体化する心性》、《国家と一体化したい(したがる)心性》、《国家と共に(供に)にいきるこころ》、《国家にこころを絡めととられたがるこころ》、
私には分からん。否【これらを拒否したくない心性】が私は嫌いだ。

 

昨日は国際女性デー(国際婦人デー)だった。国際民婦連と共に祝う。

写真はすべて【 WIDF - FDIM - FDIF Women's International Democratic Federation】から。