『専守防衛』というのは「人民」が支配層に押し付けたモノデス!そこんとこ、お忘れなく!

参議院議員小西洋之さんが、「国民の敵」と統合幕僚勤務の3佐に突然言われたという問題について調べていたら、面白い記事が出てきた。

朝ナマで田原総一朗小西洋之さんが、「専守防衛って誰が言い出したか知ってる?」って、突然振られて、小西さんが即答出来なかったというネタを、ネトウヨの諸君が嬉しそうに、あちこちで書き散らかしてる。

田原総一朗曰く、答えは中曽根康弘だ、というんだ。

 

バカコケ(笑)。軍拡中曽根は、憲法9条を踏みにじり続けた奴だ。反ソ攻撃の名手だ。国鉄解体、国労分裂の親方さ。(ちなみにその中曽根はこの前、100歳を迎えたそうだ。)

 

まず『専守防衛』の言い出しっぺは中曽根じゃあないよ。日本支配層が昭和30年頃から、専守防衛って言いださざるを得なかったのは違憲自衛隊を強引に正当化しようしたからだし、そもそも人民の力が強く反帝反米、日帝支配層に対する反発が大きかったからさ。そしてその後中曽根もそれに押されたからサ。一応『歯止め』みたいなこと、言ってみた。と言うより、人民に言わされたんだ‼️。已む無く言わされた。

それに専守防衛って言った方が対米従属の官僚どもが米国を説得するのに便利だったからだよ。つまり、カネかからずに、軍事力で「西側同盟」に加わるって寸法さ。すんません、国民が五月蝿いんで、そんとこよろしく……………っていう訳じゃないですか。

 

防衛省のhpも見てみよう⁉️

http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/seisaku/kihon02.html

田原さん、ネトウヨの諸君、面白くしてくれてあんがと。

 

それと公道上をこんな連中が行進してるぜ。専守防衛サ笑笑。PKOから帰還した陸自:青森。

f:id:pikoameds:20180603124430j:image

出展  https://mainichi.jp/articles/20170420/k00/00m/040/148000c