米韓軍事演習中止と朝鮮半島の非核化 【米朝首脳会談と共同声明】+追記

米・北朝鮮の首脳会談と記者会見をアべマTV(AbemaTV)でナマ視聴した。

僕のコメント。

東アジアは相対的に安定する。但し資本主義的に。

だが困ってる奴らがいる。軍産複合体だ。米CNNは必死で安定は困ると言っている。米韓軍事演習中止は良くないと言っている。

日本のAbemaTVに出ている元駐韓国大使と朝日新聞元経済部長も軍産複合体と同意見だ。曰く非核化は不十分、信じられない、云々。いずれも「日本社会」を代表する意見か。外務省と大資本メディアの意見。

なお、中国は資本主義社会として覇権をゆっくり拡大するだろう。

(但し共産主義社会主義とは縁もゆかりもない社会として)

全一的資本主義の拡大。世界資本主義の再編成。

 

宜しければ右肩のカテゴリーを見られたい。僕の立場はそこから分かる。まあ誰も興味無かろうがね。

6/12/19:25

 

 ……………………………………………………

米韓軍事演習凍結に驚き=戦力削減への伏線か―防衛省
6/12(火) 22:29配信 時事通信

 米朝首脳会談後の記者会見でトランプ大統領が12日、米韓合同軍事演習を凍結すると発言したことは、防衛省自衛隊にとっても予想外で、波紋を広げた。

 制服組からは「合同演習は対北朝鮮への圧力だけでなく、部隊の能力を維持する上で不可欠。正直驚いた」との声が聞かれた。

 ある自衛官は「有事に即応するには韓国軍との訓練が欠かせないはずだ。北朝鮮が非核化に向けて何ら行動していない段階で、合同演習を当面中止して大丈夫なのか」と話した。

 トランプ大統領は実施しない理由に経費節減を挙げた。また、在韓米軍撤収にも言及しており、防衛省幹部は「将来の在韓米軍削減への道筋を付けるのではないか」と指摘。その上で「在韓米軍の動向や体制は北東アジアの安全保障や日本の防衛力整備に大きな影響を与える。トランプ大統領の発言を精査する必要がある」と話した。 


…………………………以下6/13/1644追加

 ロイター記事
 
 小野寺五典防衛相は13日、トランプ米大統領米朝首脳会談後に米韓合同軍事演習中止の意向を示したことについて「米韓演習や在韓米軍は東アジアの安全保障に重要な役割を持っている」。

…………………………

僕のコメ 

→防衛相の論評は米韓軍事演習を中止するな、って言うこと。

→下の方のコメント欄見られたし。昨日深夜段階で統幕レベル?か、この点、既に言ってる。

(なお上にも転記しました。6/14/1511)

……………

(ロイター記事)

小野寺は「 2023年度の導入を目指す地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備の着実な推進も強調した。」

………………………………………

言わんこっちゃ無い(笑)

反軍事反帝勢力はココをつけよ。云えよ❗️

以下は別の方のところへの書き込みです。

f:id:pikoameds:20180613171514j:image

………………………………………

以下、6/14/0200追加

米韓演習「中止の意向」、韓国に事前連絡なし 米朝会談
6/13(水) 21:42配信


 北朝鮮朝鮮中央通信は13日、トランプ米大統領が12日の米朝首脳会談金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に、米朝間で非核化に向けた交渉が続いている間は米韓合同軍事演習の中止に「理解を示した」と伝えた。非核化の確証が得られないなか、米政府のこれまでの方針を転換して正恩氏の要求に応じた。8月の米韓合同演習が中止になる可能性もあるが、東アジアの安全保障にかかわる問題だけに日本でも波紋が広がっている。

 同通信によれば、正恩氏が12日の首脳会談で「相手を敵視する軍事行動の中止」を提起。これを受け、トランプ氏が「(北朝鮮と)対話が行われる間、米韓合同軍事演習を中止し、北朝鮮に対する安全保障を提供する」との意向を示したという

 トランプ氏は13日朝に帰国。会談では非核化の具体的な道筋はつけられなかったが、「大統領に就任して以来、誰もが今まで以上に安全を感じている。北朝鮮の核の脅威はもはやなくなった」とツイートした。

 トランプ氏は首脳会談後に行った12日の記者会見で、米韓軍事演習を「挑発的」と表現し、北朝鮮と交渉をしている間は、軍事演習を中止する意向を示唆した。韓国の軍事関係筋によれば、韓国政府は米韓演習中止の意向を事前に知らされていなかったという。韓国国防省は13日、「トランプ氏の発言の正確な意味と意図の把握が必要だ」とのコメントを出した。(太字かえる)