憲法13条はなぜわかりにくいのか。

1、日本国憲法第13条の規定はとても分かりにくい(と私は考えている)。

2、憲法は、国家行為(立法・行政・司法行為)を規制し個人社会集団の人権権利を保障するものだ。
憲法は(国家権力からの)自由・民主・生存・自律を確保するための規範であり、また人民(国民)個人が国家に対して一定の行為を要求する根拠となる規範だ。その名宛人は国家そのものや為政者である。
尤も憲法の下位規範である法律などの法令によらなければ憲法の内容が一義的に「分かる」とは言えない。また時代状況、支配・被支配に対する考え方、諸勢力の力関係などにより法内容が異なってくるし憲法の解釈自体も変わらざるを得ない。だから憲法の規定の内容(解釈)は一義的に「決まる」訳でなく、一般的に言って理解が難しいと云える。

ただ憲法13条の規定が分かりにくいと云うのは上記のような憲法規定の一般的な理解困難さからくるわけではない。

3、憲法13条の文の意味は一応「分かる」と云えばわかる。常識的には「理解」できる。

この憲法13条の規定は「個人の尊厳(尊重)」を規定していると言われる。国家権力や「社会的権力」は個人を尊重しその自由など侵害してはならない、立法、行政、司法の権能行使に際して個人の尊厳を維持発展させる責務(厳密に「義務」と言えるか争いがある)を負う。さらに国家だけでなく、今日では大企業や企業者、政党、労働組合などの社会的権力と呼ばれるものも個人の尊厳の維持責務(義務)があると考えられている。

しかし実は私にはこの文言の意味が、どうしたものか腑に落ちない。なぜか腹に収まらない。心に響かない。わが身に落ちない。なぜか。

ところがごく最近不図したことからこの条文の意味がスッと理解できるようになった。

4、まず以下の文言を読んで頂きたい。

第三章 人民ノ権利及義務
第十二条 日本国ノ封建制度ハ終止スヘシ一切ノ日本人ハ其ノ人類タルコトニ依リ個人トシテ尊敬セラルヘシ一般ノ福祉ノ限度内ニ於テ生命、自由及幸福探求ニ対スル其ノ権利ハ一切ノ法律及一切ノ政治的行為ノ至上考慮タルヘシ
CHAPTER Ⅲ. Rights and Duties of the People
Article Ⅻ.
The feudal system of Japan shall cease. All Japanese by virtue of their humanity shall be respected as individuals. Their right to life, liberty and the pursuit of happiness within the limits of the general welfare shall be the supreme consideration of all law and of all governmental action.

 

  ここに書かれていることを、私が適切だと思う現代文(現在文)に直すとこうなる。即ち、

第三章 人民の権利と義務
第12条
日本の封建的システム(制度)は廃棄する(止める)。
すべての日本人は、人類性という観点に基づき(個性ある)個人として敬意を払われる。
生命、自由と幸福を追求する(に向けられた)権利は一般的(公共の)福祉の範囲内において、すべての法(立法)とすべての政府の活動の中にあって最重要のものとして保障されるべきである。

 

これに引き換え現行日本国憲法第13条はこう規定している。

第三章 国民の権利及び義務
十三条 
すべて国民は、個人として尊重される。
生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

 

 現行憲法の、この条文からは憲法が何を基準に何を守ろうとしているのか読みとれない。抽象的観念的に一人ひとりは大事です、と云っているに過ぎない。ただの徳目だ。
為政者に対する徳目、支配する側に対する徳目と読むならならまだいい、ましだ。
始末が悪いのが、人権は大事だから「みんなで」守ってというのだ。これでは最早国家権力(為政者、官僚)を名宛人としているわけではない。
  例えば、「部落差別は人権侵害」と大きな看板をたてているがそのお題目が何の役に立つのか。みんなに見えるようにすることで規範意識を高める啓発(啓蒙)(!)しようとしているのだろう。因みにある公設の物産センターでは暴力団は追放しようというデカデカとした看板と対にして出されている。
憲法学会でも、現に旧通説の宮沢俊義、清宮四郎、伊藤正己などは憲法13条の規範性を否定していた。始末悪いのは宮沢ときたら三菱樹脂訴訟で会社側の意見書を書き最高裁に提出するという愚劣なことをしていることを忘れるべきでない。人権感覚がおかしいのだ。彼らこそ封建制度の維持の権化だった。


  しかしこのように読めてしまう現行日本国憲法13条を規範(国家権力、為政者への義務づけ規範)として意味ある様に捉える試みは例えば幸福追求権の主張や芦部信喜佐藤幸治高橋和之ら所謂通説サイドでもなされており一定の成果を上げ裁判所でもその主張が採り入れられるようになっている。さらに個人主義の徹底という観点からの憲法理解の再構成を試みた樋口陽一らの主張もあるし大きな成果が戦後憲法研究・憲法闘争にあったと思われる。
  だが上記の人たち(通説)の文献を読んでも(何処かにはあるかもしれないが)、私が確認した限りでは、GHQ草案第12条の存在には一言も触れていない。「護憲」に気が向くあまりこの元の条文がGHQにより提示されたことを「隠す」為に触れないのか、と穿ってしまう。


  これに対してGHQ草案からは、個人の尊重の基準、内容は明確だ。つまり個人の尊重というのは封建制度(また天皇中心主義)、戦前の日本軍国主義の行為を一切排除するという趣旨に理解できる。例えば私が直近で気にしている重要な問題の一つであるアイヌ民族に対する「人骨問題」もこの13条の射程である。そして13条は絶対的であると言えるならえ、憲法14条論に持ち込まれ判断基準が相対化されるのが防げるだろう。

 

🌠 一応のおわりに

  ⑴ 前フリ(問題関心)ばかり長くなって身がないのは相変わらずで筆者の特徴か。能力の問題だから已なし。

  要するに、GHQ草案は凄いぞ、ということだ。
  そして
①そもそも日本国憲法第13条はどういう意味があるのか、
②歴史的、政治的意味
③法的(法学的)意味
④なぜこのことを誰も(特に憲法研究者)が語ってこなかったのか。
という検討が必要だと考えている。

⑸さらに日本社会の【同調圧力】、みんな一緒、みんなと一緒圧力から解放される鍵が憲法13条論特にGHQ草案から読み取れるし、再度・再々度これを発展させることが(憲法研究憲法理論闘争では)急務だと考える。更に社会的にも有意義だと考える。

 

憲法通説を構成すると言われている芦部信喜の教科書には一行だけアイヌ民族の「差別」問題が指摘されている。指摘されていないよりはマシだろうが、法的に弱いこと限りなしだ。

以下重要なので参照されたい。多くの教訓が学べる。また同ブログの検索欄に「憲法」という文言を入れ検索すると非常に多くの学ぶことがある。

先住民族の法的地位を国際司法裁判所に問うための試み - AINU POLICY WATCH

⑶部落差別の問題でも他の所謂「差別」問題でも憲法14条のフェイズで捉えられがちだが、これらは日本国憲法13条論に移すといいかもしれない。なぜなら絶対性を主張できる可能性がある。これに対して14条論で政府などの議論に乗ると「逆差別」論で議論が混乱させらるし相対化させられるからだ。(なおつぎを参考にされたいバラク オバマ大統領は、なぜ「黒人」なのか?(P.S. 8つ) -)

なお運動体が13条論に持ち込むのに好意的でなかったこともあるかもしれない。

⑷ 「個人の尊重」憲法13条前段と関連して「強制された共生」という問題がある。強制された共生という名の「矯正」が深く広く進行している。現代資本主義社会の根本的問題であり、特に日本社会の同調圧力の問題だと思う。これは以前から「融和主義」として考えられている。

⑸ 参考  

〈憲法13条〉自民党改憲草案と現行憲法==== 一字違いは大違い - かえる日記