三浦瑠麗が「安全保障と防衛力に関する懇談会」のメンバーになった

「安全保障と防衛力に関する懇談会の開催について」という資料を官邸が出している(8/29)。

それによれば

三浦瑠麗は「有識者」として日本の軍事戦略を検討する会議のメンバーになった。

f:id:pikoameds:20180903050833p:image

写真はLITERA/リテラから。

この懇談会には財界人三村明夫新日鉄住金名誉会長(座長)や東大教授やら、北岡伸一(讀賣新聞が大好き、座長代理)などが参加。

安倍=軍産学複合体の諮問会議だ。

安倍晋三自民党総裁選挙で圧勝しそうだという状況を背景に「安保/防衛」という名の軍事力増強計画を更に進行させようとしている。

ただ同時にこの懇談会を作ったのは【自衛隊の危機】でもあることに注意されたい→別稿で書く)

この懇談会は「関係行政機関」(hp参照)の傀儡だ。

とりあえず第一報をお知らせする。

資料だけでも確認して頂きたい。

構成員と開催要項が総理官邸HP にある。

……………………………………………………

安全保障と防衛力に関する懇談会 議事次第

最重要ポイント(筆者まとめ)…出典は上記の議事録p2「議事要旨」

❶「防衛大綱」を見直す必要あり

❷サイバー空間や宇宙空間など、新たな領域で優位 性を持つことが、我が国の防衛に死活的に重要

❸陸・海・空という、従来からの区分にとらわれた発想では、あらゆる脅 威からこの国を守り抜くことはできない

…………………………………………………………………

❸については、 既に陸自などの関係者の間で議論させている→.現在の陸上自衛隊の構成について(http://pikoameds.hatenablog.com/entry/2018/08/18/092559拙稿参照されたい)

 【参考】

 

pikoameds.hatenablog.com