北川景子とDAIGOと (+川柳一句)

北川景子とDAIGOと三菱重工と軍事予算と軍産複合体(軍産学芸能複合体)と」
というのが本日の正式なタイトル。

f:id:pikoameds:20180904212408j:image

写真:『デイリー新潮』より
この前、北川景子さんがDAIGOさんと結婚(入籍)するというニュースを見たとき、北川景子はDAIGO(役者ミュージシャン)と結婚するのか‥と思いました。
DAIGOは元首相の竹下登の孫。このことはよく知られています。でもなぜ?ちょっとどういう繋がり?違和感ありだな


今日ネットのニュース(デイリー新潮)を見ていたら北川景子の父親について書いた記事がありました。
北川景子の父親は三菱重工業の軍事部門のトップ2、だと云うことです。

✳️以下『デイリー新潮』(「北川景子が一度も語らない「父の職業」 あの大企業の幹部だった」)

北川景子が一度も語らない「父の職業」 あの大企業の幹部だった(デイリー新潮) -

父親は「現在、三菱重工の防衛・宇宙セグメントのナンバー2。戦闘機や戦車を開発・製造し、自衛隊に納める、いわば日本の防衛産業のトップシークレットを握る立場にある」。「いずれは、同部門のトップになると見られています」。こうした父親の仕事柄もあって、北川さんはお父さんについて喋りたがらない。

 「北川にとって父親の職業は「機密」に値するということのようだ。しかし無論、我が国の防衛産業の中枢を担うことは決して恥ずべきことではなく、むしろ誇らしいことではないか。そこで、大阪府で暮らす北川の祖母に尋ねると、

「息子(北川の父親)はもともと口数が少なくて、景子のことも全然話してくれないんですが、部署が変わるたびに名刺はくれます。2年前の景子の結婚式の時にも名刺を渡されて、そこには確かに(三菱重工の)『防衛』と、あと『宇宙』って言葉もありました。それまでは神戸造船所の配属で、ずっと潜水艦を作る仕事をしていたんですよ」

 こう語った上で、

「景子の結婚式に出られて本当に嬉しかった。白無垢もドレスも綺麗でね。今、私は体が悪くて、ひとりで遠出はとてもできないから、もう曾孫ができても会いには行けないでしょう。でも、景子とDAIGOさんが曾孫を連れて会いにきてくれるようなことがあれば夢のようですね」

 と、期待に胸を膨らませるのだった。

 なお北川は現在、三菱重工グループ空調機のCMに出演している。これぞ究極の「親孝行」であろう。父親は防衛産業のエリート街道を歩み、娘も公私ともに順調。」

あーん、脳天気な書きっぷりですがね。

✳️
DAIGOは竹下の孫。竹下登については今日のところは書きませんが、自民党田中派の中核にあって自民党国対委員長、幹事長を何回も務め、裏工作(根回し政治)の中枢。消費税増税に暗躍し大蔵省(財務省)と「太いパイプ」がありました。
戦後政治の中で池田・吉田路線そして田中角栄GDP拡大「狂乱物価」「インフレ」路線とその後始末を担ってきた一人が竹下登


さて三菱といえば関連して三菱電機などがありますが、私が思い浮かべるのが軍事産業の中心、三菱重工業。軍艦・戦闘機など朝飯前。宇宙産業にも前から手を出しています。「日本国」と繋がり巨額の利益を出しているし、政商・岩崎弥太郎の「血」を脈々と受け継いでいます。


そういえば防衛予算の概要が公表されています。

防衛省、防衛予算pdf

NHK のニュース解説では「イージス艦に莫大なカネをかけている、トランプ政権に要求を飲まされているのではないか、その必要性があるのか」と野党は指摘している、という議論の立て方をしています。
考えてみればイージス艦の購入は昨日今日決まったわけではありません。長い間日米安保条約という軍事同盟のなかで決められたことです。その日米軍事同盟を廃棄したらどうでしょうか。そういう問題提起は日本共産党くらいしかありません。多分本当は日米安保条約廃棄っていう政治課題は重要で、政治構造の根本的変更になるものですから、日米安保破棄は簡単にできないでしょう。この課題を選挙の中で主張するのも大変。

日本のマスコミ・芸能界がどのような人脈で作られているかを見ただけでも、困難な道でしょう。しかし「明治維新」からたった150年しか経っていないのです。人類の歴史という観点からみればごく僅か。まあ、日米安保終わらせっか。
今日のメシ代、コンビニのまずいメシ。最近はコンビニ飯を食わないことにしているのですが、コンビニメシを食ったら前よりまずかった。こりゃ人類性とか言ってもわれらプロレタリアートにゃ、大変だ。まあそれでも……、

ということで今日はお仕舞い。

 

……………

三菱重工|事業による価値創造 - セグメント別事業概況:航空・防衛・宇宙ドメイン

【強み】

防衛:統合防衛システム提案力。SM-3ミサイル日米共同開発で培った国際共同事業のノウハウとチャ   ネル
宇宙:ロケットならびにロケットエンジン開発力。 世界最高水準の信頼性。

 

【機会】(事業拡大利益増大の意味(注) )

防衛: 防衛装備移転三原則の閣議決定
「中期防衛力整備計画」策定により新たな装備品の開発と調達が加速
宇宙: 新興国の衛星打上げニーズ増加
「宇宙基本計画」により国内市場は今後10年間で5兆円規模に拡大の見通し
衛星利用ニーズの拡大に伴う打上げ市場の拡大

 

防衛・宇宙事業は、海外展開、デュアルユース(民需事業)の展開、既存分野の拡大の3つの成長戦略を推し進めます。

海外展開では、ステルス戦闘機F-35や米国と共同開発中のSM-3 BlockⅡA(弾道ミサイル防衛用能力向上型迎撃ミサイル)等で培った国際共同事業のノウハウとチャネルおよび防衛・宇宙事業で培ったキー技術を活用し、国と連携して国際共同開発事業を推進すると同時に、キーコンポーネントの海外装備品適用に向けた企業間協議を実施しています。なお、今後F-35は国内生産初号機の納入を完了させ、その実績を蓄積するとともにMRO&U(注)の拠点立ち上げ準備を進める方針です。SM-3は政府方針に沿って日米共同での生産体制構築に着手し、両国配備弾向けに構成品を生産・輸出していきます。

 

*……………

読者から面白い川柳を頂きました。9/5/0130

トランプの「宇宙防衛」に利を見た三菱重工かな

返句

重工に未だ生きる政商魂 字余り