浩宮が「天皇」になるのは違憲だ。

  浩宮が「天皇」 になるのは日本国憲法第1条に違反するから、 この国家行為は違憲であると解する。

  さらに浩宮天皇になって天皇としての様々な「行為」( 国家行為)をしているのは違憲であると解する。

  日本国憲法第1条は「天皇の地位」についての規定である。

  同条は「天皇は、 日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、 主権の存する日本国民の総意に基づく。」と規定している。

  後段に着目してほしい。天皇「の地位は、 主権の存する日本国民の総意」 に基づいて決定されるべきだと規定している。

  では「国民の総意」はどのように表明されるのか。 この憲法が制定された当時は前の憲法の「改正手続き」 に従っていたから裕仁(ひろひと) が天皇であることが日本国民により表明されたということもできよう。しかし昭仁、浩宮については今まで一切「国民の総意」 と云える手続きが踏まれていない。 勿論その異論を考慮して今回天皇になった浩宮には「お言葉」で「 皇室典範特例法」に基づいて自分は「天皇の地位」 についたと表明させている。だが「国民の総意」 というべき投票その他の国民の意思確認はなされていない。 未だかつて一度もされていない。 またこのような規定も作られていない。

  残念だが諸党派の検討も不十分だろう。例えば日本共産党が現行憲法の「天皇の地位」 を承認するのであればこの程度の立法を用意するのが当然だと私は思うのだが、私の勉強不足の所為か聞いたことがない。 また他の諸党派についてはもっと怠慢だ。

  天皇の地位を確認する国民投票をやってから初めて浩宮は「 天皇」の「地位」 につけるというのが憲法第1条の規定するところだ。 それなのにそのような手続きは踏まれていない。だから違憲だ。

 

  (本来この議論をするには第1条の沿革・性質、 また国民主権との関係について考える必要がある。 しかしこれらについてはコンメンタールや芦部教授などの教科書を見てもらうこととして、 ブログに書けるのはこの程度だ。)

 

  さらにこの話は人権論とも関連がある。 人権論についても人権の内実が重要である。 投票は有権者団を構成する国民の基本的権利だからだ。

  例えば芦部や佐藤幸二の教科書などにはその内実が重要であること が述べられている。 だが国際的基準あるいは今日の諸階層諸民族の要求にふさわしい内 容になっていない。 これらを充実させ検討してから改憲の議論をしたらよい。 先日いわゆる「アイヌ新法」 が維新を除くすべての党派の賛成で成立した。 この問題はアイヌ民族だけでなく日本国民にとって主権人権につい て考えを深めるのにいい機会だったのだが、 それさえもできていない状況にあるので困難だろう。

  以上要するに❶浩宮天皇になることは憲法第1条に違反し違憲だ、❷主権論の関連で人権論の内実を問え、ということを書いた。

(1197文字)。2019/0505/0543。