日記 6/19(加筆)

こんにちは。

数日前、山頭火の句、二句、贈って下さった方がいらっしゃいました。

ありがとうございます。気がついていたのですが、返歌差し上げようと思っているうちに日が経ち削除されていましたね。マアいいやと思っていたのですが、一言だけ、申しあげておくと拝読致しました。ありがとう。ただ僕はそんなに気負って独自路線行ってるわけやないんよね~(笑)。ま、面倒だから日記を書くのも、人と口きくのも。そんだけ。ではでは。お元気でお過ごし下さい。うーむ、今日は湿気っぽいね。かえるは、湿気っぽいのは苦手。でも外は静か。

そう言えばあまり出かけないので、バッテリーが上がっちゃって、困った。隣のウチの車🚗借りてバッテリーを入れたよ。ウチは車無いとコンビニにも行けないんだ。マア、行く気になりゃ、歩って30~40分かけりゃいけるけど(片道)。チョイとかなわんな。

前グルホ運営者の頃、おばあちゃんたちが車なしで、貫前への初詣の⛩話、よくしてたけどね。

それから、ついで。アホなオンナ、三浦だけどサぁ。14歳の頃の強姦被害者が自己責任論者として再生正当化するに至る物語を書いたらしい。バカ相手に突っ込み入れる時間ないけどね。先週ヤフーの本紹介のインタビューが載っていた。その記事の下のコメント欄に色々みんなが書いてあった。コイツを気にしてる人結構多いんだね。ま、奴とヤツラの思うツボかな(笑)。それにバカの思想形成について言ってもシャ−ない(笑)。  

ただね、犯罪被害者、従軍慰安婦たちや、日本のパンパンの《自発的》売春婦の物語に対して自己責任論者はどう対応するのかしらん?自己責任、自己決定という現代帝国の下での個人主義イデオロギーの亜流のお方は何を想うぞ。そのインタビューでは「社会化する」のは適切でない旨の趣旨の発言をしていた。それと夫の「責任と因果性は別だ」という趣旨の言葉に興味をひかれた。これぞ東大法学の論理=官僚法学の論理やねん!これを東大話法と言う。そう言えば、司法試験制度改正がされた。官僚システムが東大の文一の凋落や官僚の人手資質不足で焦ってる。東大法学部(文一)の入試「序列」も今年あたりから「文二」に負けてるし。この点(東大入試状況等)と今の支配勢力の官僚養成システムと合わせて誰か書いた方がいいかも。ま、俺の仕事じゃないからいいか。オレ言っても影響力ないし。仕方ないね。苦笑して自分のことをしながら観ている。じゃあね、また。今日はざっとこれでお終い。(1250)。(684文字)一部加筆しました。(896字) 6/20 1040。そう、3句。あとあのアドレス、お知らせはスクショで撮ってあります。最初のお知らせ(Hさんのお知らせを含んだヤツも)。次のも。ただご迷惑をおかけするとマズイので申し込みを躊躇しております。以前ブログでご紹介が書かれていたので一度コンタクトを取ったことがありましたが考えた挙句そのままになっております。

では(^^)/1035字。とりあえずさいなら(笑)。〈有難し〉ありがとう。1208文字。